初めて投稿させていただきます。 自傷の傷跡治療経験のある,,,

ぴーさん
回答数
1
ぴー
さん

初めて投稿させていただきます。
自傷の傷跡治療経験のある方がいれば、と思い投稿させていただきました。

わたしは中学生の頃に始まった自傷がずっと辞められず、3月に大学を卒業し春から看護師になりました。
ここ数ヶ月間は瀉血をしたり自傷をしたり、そういうことを辞めることが出来ています。
今現在看護師として働き始め、看護師の腕に傷があったりするのはどうなのだろうかと、とても強く感じ始めています。
腕は数年前から傷をつけていないのでもうケロイド状で、数本の傷が腕に残っている程度です。
わたしは今この数本の傷跡に苦しめられています。
もちろん同期の看護師も先輩の看護師も腕には傷はありません。看護師とは言っても全ての人がリストカットの跡に理解のある人とは限りませんし、ましてや患者さんに見られてしまえば「自分の体を傷つけるような人に看護されたくない」と思う人もいるだろう、と思っています。
わたしが自らの手で加えた傷なので、自業自得かもしれません。
傷跡の治療後こそ、自傷の再発のリスクが高いという話も聞いたことがあります。
それでも、腕だけは綺麗にして白衣を着ても、夏になっても、腕を気にせずに過ごしてみたいと思っています。

長くなってしまったのですが、
自傷の傷跡治療経験のある方や
同じように治療を考えている方から
話を聞いて治療に踏み切ってみたいと思っています。
(治療経験のある方はどのような治療を受けられたか教えていただきたいです)

相談 リストカット 傷跡治療 境界性人格障害

回答一覧

佐々木
佐々木
さん
佐々木
佐々木さん

こんにちは。
わたしは形成外科で傷痕の治療をしました。
バリカンのような器機で傷のある皮膚一帯を切り取り、植皮するといった治療をしました。
費用は12、3万円くらいでした。
治療から5年が経ちますが、もちろん綺麗サッパリ元通りとはいきません。
左腕の内側に長方形の治療痕があるという感じです。

高校生のバイトで稼いだ微々たるお金だったので、もっとお金をかけられれば綺麗に治ったのかもしれませんが、戒めと、あからさまなアムカ痕でなくなっただけ良しとしてます。

ちなみに、自傷の程度は軽くなったもののレグカとして残っています。
習慣までは中々治りません。ですが腕への再発はありませんね。

わたしも主様と同じく、この春から新人看護師をしています。
やはり治療痕のある左腕を気にしますが、個人的には傷痕の治療をしたことで前向きになれていますよ。
毎年夏には堂々と半袖を着れていますし、万一「腕どうしたの?」と聞かれても「火傷の痕が嫌で治した」と答えればその場はしのげます。

新生活で色々不安も多いと思いますが、お互い無理せず過ごして行きましょうね。
長文失礼致しました。