私はこの春から専門学校に通うことになります。 せっかく地,,,

イツキさん
回答数
4
イツキ
さん

私はこの春から専門学校に通うことになります。
せっかく地元の自称進学校に苦労して入ったのに大学どころか短大にも行けない人間です。

今日、専門学校の体験授業があり家にいたくないので参加しましたが安定剤を飲まないと居られないほど不安になるような内容でした。

両親には何となく言いづらくて黙っていましたが態度で分かったようで、

『貴方は弟に比べたら恵まれてる環境にあるの。そうでしょう?』

と言われ、頭をなでられました。

それがとても辛かったです。、

弟は弱視と言って、生まれつき視力が悪く(母は一種の障害だと言っていますが)、大人になった時に運転免許が取れるかどうかギリギリ、それどころか耳もあまり良くなく、目は見えなくなってもおかしくないそうです。

私は塾にも通わせてもらって、ドラムも習わせてもらって、スイミングもテニスも陸上も…弟の何倍も恵まれた環境で育てて貰ってきました。弟のことは、両親はどこか諦めているようです。

そんな恵まれた環境で育てて貰ってきたのに何一つ結果を出せなかった自分が情けなくて馬鹿で、いっその事弟に殴って欲しいほどです。
私はなんてダメな人間なんだと思ってしまって辛いです。
弟に全力で謝りたくて仕方がありません。
こんなにダメなお姉ちゃんでごめんなさい

うつ病

回答一覧

ユーザー9873
ユーザー9873
さん
ユーザー9873
ユーザー9873さん

こんばんは。ツイッターでお悩みが流れてきて回答したくて会員登録までしてしまいました。私は専門学校の教員です。メンヘラでもありますが。
専門は基礎学力がない人はともかく、経済的な問題や精神的な問題から「仕方がなく」進学してくる人が多いところです。教員も大体見た感じでわかるので、ある意味安心できるところかもしれません。また、同じような境遇の人がいることもわかってくると思います。
専門学校は2年しかありませんが、本当に優秀な、この4月に運が悪かっただけの人は、2年後満足いく結果を残していきます。勉強する分野はなにかわかりませんが、いい会社に就職する人もいるし、行きたかった大学に3年次編入する人もいます。
確かに、今は不幸のどん底で、薬が必要かもしれませんが、連休明けになったとき、今年の夏、来年の今ごろ、専門学校の卒業の頃にはきっと違う景色が見えているはずです。
今回は結果は出ませんでしたが、いままで蓄えたストックと今から学ぶ知識や経験を使って、次のチャンスで成果を出してみてください。
おっさんメンヘラ教員からすると、未成年であること自体がチャンスだと思います。
専門学校でも、ものすごい学生とか教員がいたりするのもわすれないでね。そういう人についていってみてください。

質問者のコメント

回答して頂いて本当にありがとうございます。
頑張ってみます…!

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

『貴方は弟に比べたら恵まれてる環境にあるの。そうでしょう?』
『そんな恵まれた環境で育てて貰ってきたのに何一つ結果を出せなかった自分が情けなくて馬鹿で、いっその事弟に殴って欲しいほどです。
私はなんてダメな人間なんだと思ってしまって辛いです。』

…障害のある(弱視は立派な障害です)ご兄弟がおられたんですね。
しかも、境遇を「障害のある兄弟と比べられて恵まれている」と、常々言われて育てられたと。

「兄弟児」って言葉を聞いたことありますか?
これは「(障害のある子供の)兄弟児」の略ですが。
アルコール依存症の親や親の役割を十分こなせない親のいる家庭(機能不全家族)で育った子供がアダルトチルドレンになるように。
障害児の兄弟を持つ子供が、障害のある兄弟と比べられて恵まれてると言われたり、兄弟の分も頑張れと言われたり、障害児の兄弟の世話をさせられたりといった、なんらかの負担を強いられながら育つと、なんらかの生きにくさを抱えてしまうことがあり、そういう人のことを「兄弟児」と便宜上呼んでいます。
アダルトチルドレンと同じく、正式な病名ではありませんが。

「弟さんに障害があること」と「あなたが勉強ができないこと」には、“なんのかかわり合いもありません”。
弟は弟、あなたはあなたです。
弟が頑張って努力して弱視を克服したからといって(※弱視は克服できるものではありませんが例えば、です)、あなたの成績がよくなるわけではないのと同じで。
あなたが頑張って勉強ができるようになったからといって、弟の弱視がよくなったりするわけではないのです。

「兄弟児」について、ネットにもいろんな記事や体験談が流れています。
お気が向いたら、調べてみられるといいと思いました。
ご自分のことを代弁してくれていたり、参考になる対処法を紹介してくれていたり、すると思います。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

すみません。一発で的確な言葉を紡げなくてもどかしいのですが…

相談者さんが人生うまくいこうがうまくいかなかろうが、弟や親に対して、申し訳ないと思ったり、謝ったり、ましてや殴られる必要なんて、一切、ないんですよ。
弟には、親にも、関係のないことなんですよ。
あなたの人生なんです。
謝るとしたら。
その相手は自分だけ、です。

質問者のコメント

深いお言葉、本当にありがとうございます。
いつも読ませて頂いています。
気持ちが楽になりました。
私は他人の人生を生きようとしすぎていたのですね…

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

ちょっと、説明が弱かったので追加文を。

あなたが勉強を頑張ろうが頑張らなかろうが、弟の人生に何かを付け加えたり減らしたりすることは、あり得ません。
あなたの人生と、弟の人生は、別々のモノです。
「自分が頑張る」のは「「自分“だけ”のためにすることだ」」ということをご自分によくよく言い聞かせてください。

いろいろ知識を調べると感づかれることと思いますが、鬱病もそこからきている可能性があります。