自分が興味ない話を「聞いて聞いて!(そして、できれば「すご,,,

ダメじゃないさん
回答数
2
ダメじゃない
さん

自分が興味ない話を「聞いて聞いて!(そして、できれば「すごーい!」って肯定して!)」ってされるの、普通に苦痛だよなぁ…。
よほど暇な時ならまだいいんだけど、「ふーん」で塩対応だよな…。
その相手が自分の好きな友人とかならまた違うと思ったけど、そもそも友人と話す時は友人のために自分の時間を使いたい時だし、好きな相手に対しては興味もつので大体興味ある話だった。
体感、親が子の話に興味持つことは多いけど、逆パターンは少なくない…?

今日は帰宅してドア開けて速攻、父親がなんかエクレアを自慢してきたんですよ。
私は「へーよかったねー」ですぐドア閉めたのだけど、母親には、なんか「すごいいいにおい!かいでみて!!」とかまでやっていて。
母親も「ああそうだね」って合わせてて。
生クリーム系の甘いものに興味ない母親は、さぞかしストレスだったろうな…伴侶だから仕方ないんだろうけど。

我が親ながら、SNSか友人相手にやれ、と思ってしまった。
男性に多い「相手より優位に立ちたい」とか「称賛されたい」って心理が強いのは理解できるけど、どうしてこんな急に加速してしまったんだろう。


父親は、かれこれ40年近くは友人がいない。
幼少期も転勤族で、深い友人はいなかった。
酒も飲めないので飲み会にもたまにしか行かない、酒飲んで愚痴れない。
友人の作り方、打ち明け方がわからず、「家族がいればいいや」になってしまうそうだ。
他者への気配り、思いやりに欠けていたり、すぐヘソを曲げたり、子供のように色共感を求めてくるのは、この経験不足も原因じゃなかろうか…。

誰も注意してくれる人がいないんだろうな、と思う。
父親は孤独な人だ。

回答一覧

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

あ、「不機嫌になって面倒くさくなりがち」ってのは、たぶん父親も自他の境界線が引けてなかったり、引くのが下手くそな人ってことなのか…?
人と距離置き過ぎるのに慣れてしまい、適切な距離の詰め方や距離感がわからないんだと思う。
そう言えば、約10年前は男性の更年期だったのか繊細な時期で「硝子の50代」って影で呼んでたな…。


あと私、理由がなくとも人を嫌いになっていい。
いい人だろうが世話になってようが、どんな理由があっても相手を嫌いになっていいんだ。
それは私に与えられた自由なんだ。

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

て言うか実母健在なんだから、実母にやれよ…

HOTワード

現在ホットワードはありません