人を信用したい、人に応えたいです。 中学時代にいじめられ,,,

900mlの瓶さん
回答数
2
900mlの瓶
さん

人を信用したい、人に応えたいです。
中学時代にいじめられた事を家族に言えず、その頃から家族にも本音を打ち明ける事が出来ませんでした。人に意見を言う事ができず、また分かってもらう事は出来ないと思い、成長する機会を逃し続け大人になってしまった気がしています。

ものづくり関係の仕事をしていた時、社長や業者の方から、あいつはよく頑張っていると言われていました。だけど実際は、人に意見するのが苦手で、怒られるのが怖くて、目の前の事を必死にやっていたにすぎません。
今はその仕事を辞め、派遣社員をしながら飲食店(未経験)をしようとお金を貯めています。以前から自分の開業を応援してくれた人がいたのですが、その人の性格が苦手でした。それでも応援してくれる事が嬉しく、その人と付き合っていたのですが、つい先日、耐えかねて絶縁する形でその人と疎遠になってしまいました。

勢いよく何かを言われると自分の事が分からなくなり、今は本当に飲食店をしたいのかも分からなくなっています。

死にたいとは思わないし、中学高校の時よりも今の方がずっと楽しいです。
それでも自分が意見を言えず黙る事で人を傷つけたり、職が安定しない事、ずっとこのままなのかと思うと、楽しさは吹き飛び苦しくて涙が出ます。

どうしたら普通に人と接せる事が出来ますか。みなさんはどうやって現実と折り合いをつけて生きていますか。

人間関係 生きづらい

回答一覧

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

他者に自分を分かって貰うには、先ずは自分自身が自分を把握していないと、そもそもその人はちゃんと自分を理解してくれているのかどうかも判別がつきません。
分かってるような口をきく人の勢いに任せて信用してしまって、振り回されてしまうだけになってしまいます。

飲食の自営をされたい、とのことですが、フリーランスというのは、兎にも角にも『自分が何をどうして行きたいのか』を自分自身で把握して模索して行く力がないと、進めようがないだけでなくて、よくない人につけ込まれてしまいます。
経済も関わることなので、騙されないためにも意志の力は重要です。

他者の勢いに呑まれてしまう、というのは、自他の境界線がはっきりできていないからかも知れません。
他の人の考えや感じていることばかりが、自分の中にどんどん入ってくる状態のままだと、自分の考えや感じていることを拾い上げてる場合じゃなくなってしまいます。
そういう状態では、自分を把握することができません。

まずは、自分が考え感じていることを拾い上げてじっくりと味わう習慣を身につけるようになさったらいいんじゃないかと思いました。
『自他の境界線』とかで検索かけるといろいろ方法が出てきます。
お気が向いたら調べてみてください。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。
自他の境界については初めて知りました。
境界を踏み込む事も踏み込まれる事も、心当たりがありすぎるので、ちゃんと調べてみようと思います。

飲食は昔からやりたいと思っていて、フリーランスの友人もいるため、その不安定さや危うさも存じているつもりです。

まずは落ち着くことを優先に、色々調べてみようと思います。

羊男
羊男
さん
羊男
羊男さん

ご苦労されているようですね。
ここだけは最低限譲れないという最終防衛線を明確に考えておくのはどうでしょう。
私の場合は自分の人格と家族のことについて理不尽な否定をされたら相手が誰であってもシャッターを降ろします。
これで過去に仕事をクビになったりしましたが、後悔はしていません。

主張したり、相手と戦ったりは難しいですが、相手との距離を設定ことは内心の自由です。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。
今回はその防衛線を超えられたため、絶縁に近い形になりました。
私も後悔はしていないのですが、やはりもやもやが残ってしまいます。。。
防衛線を超えられないように付き合う事が出来るのが理想ですが、中々難しいものですね。