気分がすっかり沈んでしまったので、少しだけ吐き出させてく,,,

おすしさん
回答数
2
おすし
さん

気分がすっかり沈んでしまったので、少しだけ吐き出させてください、お目汚し失礼します。

どうしても他人と比べてしまう。無意味なことだとわかりつつも、金銭面など、どうしようもないことを、いつまでもいつまでも気にしては、絶望してしまう。気分が悪くなってしまう。見なくてもいいことを自ら見に行ってしまう。自分でも何がしたいのかわからない。そして気分が沈むと、近頃鬱が悪化して普段でさえ気力が湧かないのに、ますます無気力状態になり、親に心配させてしまう。ネットに消極的な書き込みをしてしまう。良くない。良くないということなんてわかってる、良くないことだと思い続けてる、でもとにかくしんどくて、やめられない。それ以外はひたすらに無気力。就活もできない。研究室は就活がひと段落つくまで行く必要はないものの、就活は先月から何一つ手付かずのまま。バイトも休みがちになっている。ではこの頃普段自分は何をしているのか。わからない。趣味にもほとんど手は付けられなくなっている。わからない。周りの友人が一生懸命就活をしながら遊んだり研究室に行って研究に励んでいるのに対し、わたしは何一つとしてやっていない。できていない。なんでだろう。わからない。医者にはとにかく今は薬を飲んで休むべきだと言われているが、薬を飲んでも、休んでも、すぐにこのような不安感に襲われ、泣いてしまう。辛い。しんどい。早く死んでしまいたい。でもできない。早くまた病院に行って、もっと強い薬を処方してもらいたい。でも、病院に行くときは、比較的気分が良い場合がほとんどで、いつも今のこのような辛い気持ちを伝え損ねる。自分は何がしたいのか。わからない。どうしようもなく出来損ないの人間であるようにしか思えない。気分の浮き沈みが激しいので、きっと数時間後にはまた少しマシな気分になれるのだろうが、とにかく今はつらい。ちゃんとした人になりたい。がんばるしかない。

つぶやき うつ病

回答一覧

ぶぶお
ぶぶお
さん
ぶぶお
ぶぶおさん

こんばんは。
状況は違いますが、私と状態が似ていて思わずコメントしたくなってしまいました。中身はありませんがお許しください。

私自身は就活はしていませんが、就活生の学年です。私はうつで大学を中退しましたが、いま就活を頑張っている大学の友人、専門卒ですでに就職している友人や、同い年や年下で充実した生活を送っている人と自分を比べては悲観と自責を繰り返してしまいます。いちいち彼らのSNSを見て自分との差にショックを受けたり、ネットでうつは甘えだという書き込みを見て沈んでいます。休養していること自体に罪悪感を感じますます布団から出られなくなり、親に体調悪いのかと心配かけてしまいます。早く自立したいしするべきなのに、不安や自己嫌悪、劣等感など考えがとまらず行動できない。友人に会った時には「元気そうだね」と言ってもらえたのにその言葉になぜか腹が立ってしまう。自分でも元気になりたいのか、なりたくないのか、よくわかりません。できることならこんな不安な気持ちを知らない人生を歩みたかったです。

自分のことばかり書いてしまいすみません。正直、おすしさんはそんな状態の中でもたくさんのタスクがあって、私とは比べ物にならないくらいの苦しさ、辛さを抱えておられるのだろうと思います。おすしさんがせめて趣味を楽しめるようになれれば、と願っております。私は「普段キラキラしてるあの人たちも、裏ではきっと自分と同じように生きづらさを感じているんだ」と思ってやり過ごしています。あとはやはりこういう場で思いをアウトプットするのが大事かなと思います。そうやって騙し騙しやっていくしかないのかなあと思う日々です(泣)

勝手ながら共感できて嬉しかったです。吐き出してくださってありがとうございました。どうかご自愛ください。

質問者のコメント

コメントありがとうございます。
こちらこそ、共感できる方がいらっしゃったことで、少々ホッとした気持ちになりました。
見苦しい愚痴吐きのような投稿に反応していただいただけでも十分励みになります。
「騙し騙しやるしかない」、そうですよね。なんでもいいからとにかく前に進まなくてはいけないと思います。
お互い無理せず、がんばりましょうね。

C
C
さん
C
Cさん

共感共感です。

がんばろう、と思っても一歩一歩さえ重たく感じ、到底前を行く人に追いつき、ましてや追い越すなんて果てしなく思えるんですよね。

そして、人と比べるのも自分の価値を推し量るのも、自分に価値がなければ自分の願望(=自己像や人間関係、信頼)を得られないという恐怖からなんでよね。

でも事実自分には実力も経験も乏しく、自信がなく、隅に逃げたまま動けないんですよね。

質問者のコメント

コメントありがとうございます。
本当に、仰る通りです。語彙の無い自分が上手く言い表せなかった心情を代弁してくださったかのような感じで、思わず唸ってしまいました。
共感してくださる方がいらっしゃって、とても嬉しく思います。
無理のない範囲でがんばろうと思います。ありがとうございました。