死にたいのはすでにわたしのアイデンティティのひとつになっ,,,

あやこさん
回答数
1
あやこ
さん

死にたいのはすでにわたしのアイデンティティのひとつになっている。死にたさがない、ただただ幸せなんて考えられない。でもそれでいいと思ってる。いつも心にちょっとの闇があることが、落ち着く。そういう生活が、落ち着く。

みんなみんなインスタに載せるようなキラキラした幸せばかりじゃなくて、影で苦しんだり泣いたりしてるとは一応分かってるけど、キラキラな幸せにはわたしは合わない。少し暗い方がむしろわたしらしい、気がしてる。最近。

死にたいと言うことで安心してる気もする。「今日もちゃんと死にたいし、生きるのめんどくさいぞ」と思うことでむしろ元気になれるような。自分がクソなメンヘラだったのでメンヘラは基本人に迷惑をかけると思ってるし、クソだと思ってるけど、あんまり心配かけたりしないなら、それでもいんじゃないかな。

でも闇に縛られて可能性を潰さないようには、がんばっていきたい。死にたくても何したっていいし、死にたくても幸せになっていいはずだ。幸せという言葉に違和感はあるけども。

超独り言

回答一覧

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

「自分のキャラを知る」って大事ですよね。
独り言に失礼しました…