母「○○買っておいたよ」 私「いらないよ。自分のものは自分,,,

ダメじゃないさん
回答数
2
ダメじゃない
さん

母「○○買っておいたよ」
私「いらないよ。自分のものは自分で買ってるから大丈夫だよ」

最近、この会話が増えた気がする。
たぶん、世間的に物が品薄になってるせい。

このやり取りのあとは、母親が「じゃあ(母親の)友達にあげてもいい?」と言ったり、「折角買ったのに!!」と怒られたりすることもあるが、なんとか適当にやっている。

これは…これも、親に情報を与えてることになるんですかね。
でも、必要な情報だから大丈夫の範囲ですかね。

どちらにせよ、まだ調子のいい時しか穏やかに言えないけど(調子悪い時は煮え切らない返事をしたり、空返事をしたり、黙ってることが多い)、
「いらないよ」
は断りの言葉なので、親の好意を断れるようになってきたダメイはえらいと思う。
以前は、例えば食事を作られても疲れていて食べられなかった時に
「明日食べるよ」
「あとで食べるから」
と言って安心させておいて、忘れてしまってしばらく冷蔵庫に残ってることもあった。
もちろん、実際に食べることもあったけど…。

これも練習の積み重ねだと思うので、続けていったほうが良さそうかな。
他者からの好意を断るのと、自分から会話を終わらせるのは、苦手分野だなぁ…

AC 機能不全家族

回答一覧

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

今は。
カーテンを洗ったらしい母親が不安定なソファの上に立って、
「届かないから、あんたここ登って付けてよ〜!!」
と言っていた。
「父親に頼めば?」
と言ったら、父親は仕事らしい。

母親は決して身軽なほうではないし、運動神経もよくないほうなので正直危ないと思ったけど、そもそもカーテンを取り外せたなら自分で付けることもできるはず…。
「外す時はどうやったの」
と聞いたら、
「力任せ」
だそうで…(絶句)

でも、「こうしたらこうなる」って言うのは、大人も子供も経験しないと学ばないと思う。
例え怪我をすることになったとしても、痛い目を見ることになったとしても。

私は母親より小柄なので、
「私が登っても届かないと思うよ」
と言う返答をして放置していたら、母親が掛け声と共にどうにか縁に足をかけていた。
よくやった!!と心の中で思った。
そこから「ここから足を外したらもう登れないだろうから、そこの引き出しから金具取ってよ」「その金具手渡ししてよ」と言うのは手伝った。

・金具は最初に手の届くところに用意しておく。
・ソファーが危ないなら、代りになる椅子や踏み台を用意する。
もしくは、母や私より背の高い弟か父親がいる時に協力してもらう。
・必要なものを揃えて準備してからやる。

これらができるようになれば、満点だと思うんだけど…。
もともと自分で思いたって能動的に行動しにくいタイプの人なので、行動しただけでも加点はあると思う。
今夜の電話の話題は、この武勇伝なんだろうな。
私は出掛けるから関係ないけれども…。

質問者のコメント

ケチだとかわがままだとか、どんなに罵られようが(腹立つけど)、「母親は一人でもできるんですよ」と言う成功体験や力を身に付けてもらわないと、母親は私から離れることはできない。
母親は私を頼ることをやめることはできない。

親子逆転しているとは思う。

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

これは愚痴なんですけどね、今スッと出掛けてきました。
そうしたら、案の定烈火のごとく母親からLINEと通話がですね…。
今朝は食事中に「たまには近所の店に買い物にでも行ったら?」と言われてたので、完全に母親の「気持ち」ですね。
母親の中では、
・買うものもないのに買い物→OK
・気分転換やストレス発散のため三密を避けた外出→NG
みたいですね。

「私の怒りに何も気付いてないみたいだね。情け無いよ(原文ママ)」
ってセリフがナチュラルに出てくるの、やばくないですか?
私は相当いっちゃってるなーと思います。

反応するのはあれですが、不要不急について、ストレスの対応の仕方について、画像付きで論破しておきました…。


蛇足ですが、
「濃厚密着やめてよね」
と言われたので、
「濃厚密着って調べてもAVしか出てこないけど」
と言い返したのが気分よかったです。
あと洗顔料か何かのCMでも濃厚密着泡ありましたかね…

質問者のコメント

何妄想してんだ気持ち悪いBBAだなぐらい言いたいです。