今年で大学一年生になる私は、幼い頃から、なんでも出来て他,,,

根元さん
回答数
2
根元
さん

今年で大学一年生になる私は、幼い頃から、なんでも出来て他人に優しく自分に厳しい、そんな完璧な自分になることを目指してきました。
しかし現実では他人の幸せを喜べず、誰かを褒めることもできません。自分が話題の中心でない時はすぐに心が辛くなって、だめだとわかっていても他人に(過剰なまでに)攻撃的になってしまいます。最近では、誰かを励ましたり支えたりすることさえ嫌になりました。そのくせ誰かの役に立って、誰かに感謝されたい気持ちで献身的なフリをしてしまうことがあり、自分でもなにをしているんだろうとさえ思います。
みじめなもので、今では憧れの自分に少しでも近づきたいからか、口を開けばすぐに自分を飾るような嘘をついてしまいます。
また、数年前から気持ちに大きな波ができるようになり、最近はいい気分の時と悪い気分の時の落差がいっそう激しくなってきたように思います。
それらを誤魔化すためになにか趣味を見つけて打ち込んだり、大学生という立場から勉学にはげもうとしたりしましたが、飽き性がたたって何もできません。

毎日虚栄にすがり、現実との落差に泣きそうになり、他人の幸せにつめをかじってはまた虚栄にすがる自分が、はっきりいって嫌いです。あまりの醜さに吐きそうなのにやめられないため、より自己嫌悪が深まっていくという悪循環に陥っています。
精神疾患でなく、単純に性格によるものかもしれませんが、どうすればいいかわからなくなってしまって困っています。

相談

回答一覧

ウルスラグナ
ウルスラグナ
さん
ウルスラグナ
ウルスラグナさん

相談お読みしました
医療従事者では無いので精神疾患であるかは回答いたしかねます。
ただ、1つ言えるのは「こいつには敵わない」とか言う存在が必要なのかかもしれません。大学に通っているそうですがそう言う人は大学の中に居ませんか?
自然と自分より劣っていると思っている人で周りを固めていませんか?例えば教授に話を吹っかけたら恐らくは今の貴方より遥かに超越した学問で圧倒されるでしょう。そう言う人達が貴方には必要なのかもしれません。
あと、偽善についてですが「しない善よりする偽善」と言う2chの名言があります。貴方が誰かに助けを求められた時にキチンと対応を取れているなら自然と考え方も変わってきます。自分を責めずに頼られた時はキチンと対応していけば心の重みは減っていくと思います。

さとうだいこん
さとうだいこん
さん
さとうだいこん
さとうだいこんさん

こんばんは。
大学一年生なんですね。
ご入学おめでとうございます。
ここまでずっとがんばってこられたのではないですか?
とても真面目な方だと感じました。ご自身を客観的に見る姿勢が伝わってきます。
たしかにご自身に厳しくしてらっしゃいますね。
ここは休息が必要なんだと思います。

さて、ちょっと不真面目な話をします。

ここから先に進みたかったら、ひとつ取り残したものを回収する必要があります。
それは思いっきり遊ぶこと。
幼い頃の根元さんを喜ばせてあげてください。

それから、学内に落ち着ける場所をみつけるといいと思います。
あと、おもしろそうな先生はいませんか?もしいたら、講義のここがわからなかったんですけど!と質問しにいってみて下さい。高校までの先生と違って、大学の先生はそれを喜んでくれます。

読んでくれてどうもありがとうございます。
少しでもお役に立てたらうれしいです。