子供とは言えない年齢の私ですが、子供が親に求めるような「,,,

はわわさん
回答数
5
はわわ
さん

子供とは言えない年齢の私ですが、子供が親に求めるような「無償の愛」を他人に対して求め続けています。
「他人は心の底から私に関心を持ってくれるわけではなく、私がどんなことをしても(例えば犯罪など)離れていかないなんてことはない」という当たり前の現実に度々直面し、絶望して泣いてしまいます。
この満たされなさはどう解消したらいいんでしょうね。

つぶやき

回答一覧

しらたま。
しらたま。
さん
しらたま。
しらたま。さん

満たされないことを理解した上で、他人に何を提供し、何を返して貰えるかがポイントになるでしょうか。
私は解消自体ができないことがわかっているので、自分の中の子供の部分と一生付き合うつもりでいます。望んでも誰も救ってくれませんので。

アヤミ
アヤミ
さん
アヤミ
アヤミさん

まずは自分を愛しましょう。
自分を愛せるようになると自らの力で自己価値を見出せるようになるので、自己価値を他者に求めることがなくなり、他者に愛を乞わなくても満たされるようになると思います。

kemepico
kemepico
さん
kemepico
kemepicoさん

ありきたりですけど、自分が自分を愛していることに気づけばいいんです。
あなたはあなたに心の底から関心を持っているし、あなたがどんなことをしてもあなたから離れていかない。
自分に一番近い他人です。それを意識すると絶望感は薄れていきます。

あなたはあなた自身に関心を持たなくなることも、ネグレクトすることもできる。現に今あなたはあなた自身の愛に気づいていないですよね。

あと、孤独を感じたら他人の気持ちに自分から寄り添うと良いです。孤独って、自分は精神的に一人で誰からもわかってもらえない、通じ合えない、と思った時に深まりますよね。
でしたら自分から相手に共感してしまえばいいのです。逆説的ですが。

とうふ鍋
とうふ鍋
さん
とうふ鍋
とうふ鍋さん

愛されたい、大切にされたいという気持ちにとても身に覚えがあります。
私は二十歳くらいまで、愛情を0か100かと極端に考えてしまうことが多かったです。

メンタルケアの本を読む内に、自分をいたわってもいいのではと思えてきて、幼い頃からの自分の抑圧してきた感情を自覚していくことで段々落ち着いてきました。

後は友人や恋人など寄りどころとなる対象を出来るだけ分散して、一人に求めすぎずに色んな形の愛情をやりとりするイメージも意識するといいかもしれません。
やはりお互いにキャパシティがあります。ですが限界がある=愛していない訳ではないと思います。

自分の本音をまず、少しずつでも許してあげてください。
悲しみも怒りも、喜びと等しく大事な感情です。

noname
noname
さん
noname
nonameさん

難しいことですが、私は、子供が親に求めるような「無償の愛」を他人に対して求めてもいいと思っています。

 現状はストレートに自分で自分を愛することより難しいです。そもそもそういう人に出会える確率を上げても、絶対に会えるという保証はありません。そして、いろんなメディアで多くの方が指摘しているように、共依存されたり、全人的に依存をされることの危険性も知っています。
 ですが、どうしても他者から受け止められたい想いが無視できないならば、やはり無理して「自分で自分を…」とならずに、素直に他者に「あなたに親のように受け止めてほしい」「たとえ全部とはいかなくても、ちょっとずつでも親のように自分を受け止めてほしい」とお願いしてもいいと考えています(それが難しいんだよって話でもあるのですが?)。もちろん、昼も夜も電話をかけて拘束したり、出会って二言目に重いことを言うみたいのは避けますが、その中でも関係は作れると思います。
 私の場合ですが、そういう関係は、たくさん人と会ったり、あるいはカウンセラーを巡る中で見つけていきます。波長が合うときは合います。

 私の考えもいち意見にすぎません。人と会う中で、もしかしたら、本当にまるごと受け止められる人に会えるかもしれません。あるいはいつの間にか自分の中で地に足ついた核が出来上がっていたり、別の方法が見いだせるかもしれません。はわわさんに、無償の愛となる何かが築かれることを願います。