まとまりのない文章でごめんなさい。自分のことが大嫌いです,,,

ユーザー10052さん
回答数
2
ユーザー10052
さん

まとまりのない文章でごめんなさい。自分のことが大嫌いです。

でも、本当は自分のことが大好きなんだと思います。自分のことしか考えてないんだと思います。だから、自分がかわいそうなんです。私は私のために死んであげたいです。私が私から解放させてあげるために、自殺したいとずっと思っています。

他人とうまくやりとりができないです。物覚えも悪いです。外見も美しくありません。極端なネガティブ思考です。性格も悪いです。頭も悪いです。誰よりも自分自身が、自分のアンチです。いつも自分が自分に責められていてかわいそうです。

どう頑張っても自分が自分を認めてあげることができません。原因は育った環境とかにあるのかもしれないけど、いい歳していつまでも過去が過去がなどと言ってられません。考え方が他人に依存的だと言われて、自己否定が強すぎるから、外部から受け入れられることで成り立たせようとしていたのだと気づきました。

自分になんらかの名前が欲しくて、たくさん自傷行為をしました。リスカもレグカも過食も拒食もODも引きこもりもしました。でも、どれも中途半端で、上には上がいるし、下には下がいます。自分はどこにも属せないのです。名前は貰えないんです。中途半端な自分に、共感してあげられるのは自分しかいないんです。他人は自分じゃないんです。

病院に行っても医者から性格がひん曲がってると言われて終わりでした。名前をもらうために精神疾患に頼るのはおかしいと分かっています。それをアイデンティティにしようと思っている自分がおかしいのです。でも、名前がないと安心できません。自分は自分がかわいそうで、自分のアンチを止めるために、身体的にも精神的にも、四六時中、自分を傷つけています。

自分を救うのは自分しかいません。でも自分は自分を蹴落とそうとする強大なアンチなんです。他人は自分を救ってはくれません。そもそも、自分を含めて人間は自分を救ってくれません。信じられる人間はいないです。だからこそ、自分が、自分だけの良き理解者となるしか術がないのです。常に自分というアンチと戦っている自分は、本当にかわいそうです。

自殺未遂しても、死ねなかったら意味がない。なぜあの時死ねなかったんだとずっと後悔しています。自分は自分が本当に大好きなんだと思います。大好きな自分を大切にしたいからこそ、自分は自分で殺してあげないといけない。今すぐにでも死んであげたい。かわいそうで、大好きな自分のために。

自殺 死にたい

回答一覧

Rむぎむぎ
Rむぎむぎ
さん
Rむぎむぎ
Rむぎむぎさん

ねぎさんこんにちは、回答失礼します。
自責(自傷)のループから抜け出すために死にたい、という思考を抱えて生きるのはさぞかし辛いと思います。

私は、「死にたい」は「楽に生きたい」という事だと思っています。楽に生きたいと思った結果、どうするのが良いか分からなくて、「死」が浮かぶ事が「死にたい」だと思います。
目に見える自傷行為をしなくとも、そういったがんじがらめの思考に囚われている時点で、何らかの生きづらさを発症していると考える方が正常だと思います。

昔名前の無かったものに今沢山診断がつくように、今"名前がない何か"である可能性は十分にあります。そういった意味では名前に固執しない事は大事ですが、「とても辛くて理由を探している時、診断に頼るのは普通な事」であって、異常ではありません。誰だって理由の分からないものは怖くて辛いんです。だから、ねぎさんが「辛さから何かを求める事」は、何もおかしくないと思います。

恐らく、良くなかった病院のイメージを払拭するには、良くなかった対応を列挙して、他の人に「それは悪い医者だね!」と怒ってもらうのが早いと思います。
ねぎさんは、色々な思考の癖を分析したり気づいたりして、言語化もできるので、もっと良い環境が周りに合ったら、好転出来るのではないかと思います。(そして、今そういう環境がねぎさんにもたらされていない事が、かなしいです)

色々挙げられている、自分の良くない点と言うのは、「誰かにずっと言われ続けて来た事」だったりしないでしょうか?

「いい歳していつまでも過去が過去がなどと言ってられません」と仰っていますが、「過去を見なくてすむのは」「過去が清算出来た人だけ」です。清算出来ていない、ぐちゃぐちゃのままの辛い過去を見ないのは「臭い物に蓋をしているだけ」で、そのままでは全く前に進めません。
記憶から綺麗さっぱり消えて問題ないと思っていても、清算出来ていないものは知らず知らずの内に心に影を落としていきます。勿論それらの清算を今からやるのはとても苦しい事ですが、「向き合うのに年齢は関係ない」という事だけは伝えたいです。

心の傷は悲しい事に、時間では癒えてくれず、むしろ他者の言葉で塩を塗られどんどん悪化していくものです。ねぎさんは、そういった塩を沢山塗り込まれてしまって、今大変な事になっているのだと思います。

自分を救うのは、確かに自分しか居ないかもしれませんが、1人では「救うきっかけ」を見つける事はほぼ不可能だと思います。きっかけやヒントを貰って、頑張ったその先に、より良い道というのはあるのだと思います。

ねぎさんは、何かしようと思った時や、何かを求めた時に、「それを否定するような声」が頭の中に出て来たりするでしょうか?
そういう風に「自分を責める声」は、本当にねぎさんなのでしょうか。

私は、ねぎさんの事をあんまり知りません。知らないですが、こんなに苦しんで、救いを求めている人が、その姿が「本来のその人自身」だなんて、到底思えません。
ねぎさんは確かにねぎさんなのですが、「疲れてしまったねぎさん」であり、「自暴自棄になった、"ならざるをえなかった"ねぎさん」であって、本来のねぎさんでは無いのでは無いかと思います。

この世はとても苦しく理不尽なので、生きる事を無理強いはできませんが、それでもせめて、少しでも楽な気持ちになれる様に願います。
「本当は自分を嫌いになりたくないはずなのに自分が嫌い」なのは、「楽に生きたいのに死ぬ選択肢しか見えない」のは、苦しい事です。まずはその苦しさを、勝手ながら私は認めたいです。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

読んでてちょっと不思議に思ったことがあったので、書いてみますね。

自分のこと、大好き、大嫌い、ってありますけど。
自分のこと、好きか嫌いか、どっちかじゃあないと何か問題があるんでしょうか?
どっちでもなくても、いいんじゃないでしょうか?
好きでもなくても。
嫌いでなくても。
どっちでも、存在してる、ってだけじゃ、ダメなんでしょうか?
なんのジャッジ無しに。
単に存在してる。
ってだけじゃ、いけない、んでしょうか?

単に、風が気持ちいい、暑苦しい、頑張れてる、頑張れてない、うまくいってる、うまくいってない、楽しい、楽しくない、つらい、くるしい、、、、
そういう事象が自分の中に起こってるな…って感じてる自分『が存在している』って、だけでは足りないでしょうか?

HOTワード

現在ホットワードはありません