ギャンブル依存症。自分と向き合いたくない。病院に2年通って,,,

まーくんさん
回答数
1
まーくん
さん

ギャンブル依存症。自分と向き合いたくない。病院に2年通って、半年やめれた。通い続けて、向き合い続ければきっと良くなると、理屈で分かってるのに。スロットもパチンコもほんとはやらなくてもいいの。でも僕の居場所は、どこにもない。お金があったら、かまってくれるのでしょ?友達も、別居の嫁も、同僚も。お金におわれる日々。この半年、手をつけちゃいけないお金までギャンブルにつぎ込んでしまってる。家賃が、携帯が、遅れては、払えない日々。車を譲ってもらっても、車検も、保険も払えない。
「頑張ってるよ、偉いね。」って褒めてくれるだけでいい。頭を撫でてくれるだけでいい。愛が欲しい。愛情が欲しい。それだけで、頑張れるから。頑張るから。スロット行かないから、ちゃんとこっちを見て。誰にいえばいいんよ。死にたくない。でも払えないの。明日も負けるんだ。負けるギャンブル何故行くの?家賃払えないから取り戻しに行くの。負けたらどうするの?負けた時のことは考えないの。でもいつも負けてるよね?たまに勝つ時あるもん。明日は勝つ日なんだもん。お金が無くなったら、死ねばいい。ゲームみたいに簡単にリセットできないんだよ?分かってる。分かってるの。
ああ、もうどうにもならないや。死ぬ勇気もない。ギャンブルはやめられない。病院には通わない。親には心配かけてばかり。なんでこんなにクズなの。生きてても、誰も気にとめないよ。今の自分にはなんの魅力もないんよ。病気だ、って公表しても、理解出来る人の方が少ないよ。そもそもこれは病気なの?ってこっちが思うくらい。自己責任でしょ?って。返す言葉もない。自制心がないからですよね。僕が弱いから。逃げてばかりいる弱い人間だから。

どうして、自分がしんどいのに、介護の仕事なんかしてるんだろ。
外では笑っていられる自分がよく分からない。
絶対自分が家族を養うなんて、無理。
借金精算したら、楽になるんかな。自己破産したのに、また借金してるし。
またギャンブルにつぎ込んでるし。そのお金と時間でどれだけたくさんのことができた?分かってるから誰から助けてよ。ご飯の相手でも、買い物の付き添いでもするから。胸がキューって締め付けられる。

1日、ゆっくりしたい。
コーヒーを飲んで、本を読んで、ゲームして、買い物行って、銭湯行って、なんでもいい。スロット以外で1日ゆっくり過ごしたい。お金のことを考えずに。
前向きになりたい自分。
それを邪魔する自分。
やっぱり一人じゃどうにもならんね。
ギャンブル依存症を病気と自覚できなくなってきてる。
俺は依存性じゃなくて、遊びで言ってるだけやし!みたいに。
1度やめれた期間があったからかな。
でも今も依存性なんやで。ずっと付き合わなあかん病気。
人事やと思ったらあかんよ。
俺が依存性なんやで。
今日はやめとこ、を続けなあかんのやで。
わかっちゃ入るけど、認めたくないやんな。
大丈夫やで。自分で自分認めよ。他人は助けてくれんから。認めてくれんから。
悩んでることさえ気づいてはくれへんのやで。でもそれでええやん。また、自分のやりたいことだけやろや。大丈夫や。俺には俺がおるから。なんとかなるって。
明日は仕事行って、明後日夜勤前に勝負や。
勝てるから大丈夫や。
負けたら、もう、今度こそ終わりやな。

つぶやき ギャンブル依存症 自殺願望

回答一覧

ウルスラグナ
ウルスラグナ
さん
ウルスラグナ
ウルスラグナさん

つぶやきお読みしました
明日勝負するお金があるなら医者に行った方が有意義なお金の使い方だと思います。釈迦に説法ですがスロットの勝てる確率は10〜40%と言われています。40%なら勝てる!と思わないで半分以上の確率で負ける。と思って下さい。
依存症は恐ろしい病気です。私はニコチン依存症です。3回治療を行い3回とも半年で挫折しました。吸わなければ依存症が治ると言うわけではなく依存症になったら一生その誘惑と戦い続けなくてはいけないのです。禁煙しているニコチン中毒患者と表現されるわけですね、元喫煙者は。私は意思が弱くあと1年経てば禁煙治療を受けられるのでそれまでは吸うと言う甘い認識から逃れられません。でも貴方も知っている様にじゃあ行かなきゃいいじゃん、吸わなきゃいいじゃん。とはいかないのが依存症なんですよね。たぶん知っていることばかり話しますがスロに限らずパチンコは音と演出でエンドルフィン(脳内麻薬)が出るように条件反射を植え付けられてしまいます。私がタバコを1日吸わないでニコチン依存症を我慢できない様に貴方もスロで出るエンドルフィンが不足していて足を運んでしまうのだと思います。
本題ですがある程度罪悪感とスロに期待感を持っている様に思えます。大勝負と言ってますが負けても人生は続きますし、勝ったらその体験が強烈に染み付いて「また勝てば良いや」という思考に取り憑かれてしまいます。
GAや医者を利用して依存症回復に向けて努力する方をお勧めいたします。