こんにちは 一度悩みを投稿した者です。 最近些細な事でイ,,,

yumeさん
回答数
6
yume
さん

こんにちは
一度悩みを投稿した者です。
最近些細な事でイライラしたり、憂鬱な気分になったり、音楽を聴くのが好きだったのに聴けなくなったり、食欲が無くなったりしていました。4月に心療内科を受診しようと思いましたが、予約がなかなか取れず、取れたと思ったら仕事が入ってしまい、結局行けずじまいでした。
そんな状況の中、この間職場で上司にものすごく切れてしまいました。大した内容ではないので普通に伝えて直して貰えばいいものの、必要以上に激昂してしまいました。
この方とはとても仲良くさせてもらっているので、付き合ってはいませんが、休みの日でもよく一緒に過ごしていました。
怒ってしまった日も、夜に会いに来てくれましたが、立場が違うのにあんなふうな態度を取るのは甘えだ、なめるな、などと言われ、とても悲しくなりました。
私はその時自分のしたことや言ったことを後悔していましたし、今まで他人に優しく出来ていたはずなのに、なんでこんなにも攻撃的になってしまったんだろうと、優しくなりたいと、思って会社から帰ってきて3時間以上ひたすら泣いていました。これじゃダメだと思い、泣き止むためにも腕を切ってストレスを軽減させました。(余りにもストレスが溜まると切りたくないけど他に手段が無いので切ってしまいます。)
そんな時に、甘えるななど言われてしまってまた怒って泣いて、勢いで窓から飛び降りようともしてしまいました。これも馬鹿なことをしたと後悔しています。
前からその人には腕切らないでと言われていましたが、また切ってしまった腕の傷を見られ、ほんと無理、それがストレス発散って、そんな狭い世界で生きてるの?と言われてしまいました。
誰のせいでこうなってると思ってるんだ、と言いそうになりましたが、そもそも私が怒ったのが悪かったのだと思い、言い止まりました。
嫌われたと思います。嫌われたくは無かったですが、自分から嫌われるよう仕向けてしまいました。悲しいです。
それから一日中ベッドから起き上がれずにいます。会社に行ける気がしません。
こんな怒りっぽくなかったのに私はどうしてしまったのか分かりません。私じゃ無いみたいです。私は誰になってしまったんでしょう。

悩み相談というより、ただ話を聞いて欲しいだけの人になってしまいました。乱文大変失礼致しました。

人間関係 アームカット

回答一覧

羊男
羊男
さん
羊男
羊男さん

・突然気分が極端に落ち込む
・感情のコントロールができず激昂してしまう
・自傷行為
・ベッドから起き上がれず通勤など社会活動に支障がでている

ということと読みました。
まず断っておきますが私は精神科医など専門家ではありません。その点をご承知の上で以下をお読みください。

私は双極性障害(躁鬱病)と診断を受け現在服薬治療を受けていますが、同じようなことがあります。
これは脳内のバランスが崩れ気分の波が極端に出る疾病とされていますが、鬱の波と躁の波が同時に出る混合状態という時期があります。
その時期は非常に怒りっぽく、かつ激しく憂鬱な状態になり、対人関係や学業、仕事などに支障が出ていました。
投稿文を拝読して、もしかしたらそれに似ているのかもと思いました。
現在は気分の波を整える薬を服薬し安定していますが、波が激しくなると欠勤してしまうこともあります。

医療機関を受診されるなら感情のコントロールができなくなるという点を医師にお伝えください。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。
双極性障害とは簡単に言うと躁状態と鬱状態が交互に来るものだと思っていました。同時に来る事もあるのですね。
先にいただいた回答にてこの状態にだいぶ理由を見つけられた気がしましたが、プラス障害も乗っかっていたらと思うと、極力早く医療機関に受診しようと思いました。
お時間とって頂きありがとうございました。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

私がそうでしたが。
自己肯定感が低く、自他の境界線が曖昧だと、ある一定の年齢(思春期以降くらいから)になると、身内やごく親しい人に『逆ギレ』しやすくなる人が出てくるらしいです。
マンガだと田房永子さんの『キレる私をやめたい』シリーズなんかが、自己のなかで何が起きてるか分かりやすかったです。
相談者さんみたいに、何かやらかしちゃった、めっちゃ凹む、パニックになる、どうしようもないその葛藤が爆発する、、、みたいなことをいろんな角度や方法で捉えたり悩んだりして、原因を考えて、自分を変えていってます。

私は、ネットで、アダルトチルドレンや肯定感や自他の境界線、なんかについて調べて、さらには心療内科にも通って薬でアップダウンの振幅を抑えつつ、そういう部分の思考の間違った型を修正してきました。

なんとか時間を取り分けて、病院にも行けるといいですね。

質問者のコメント

返信いただきありがとうございます。
アダルトチルドレンや自他境界線については知ってはいたものの、自分が当てはまるとは考えてもみなかったです。
田房永子さんの漫画も読んでみようと思います。
色々な情報を教えて頂き、ありがとうございました。
自分についてもっと考えてみます。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

お返事ありがとうございます。

『アダルトチルドレンや自他境界線については知ってはいたものの、自分が当てはまるとは考えてもみなかったです。』
自己肯定感が低い人の中には、アダルトチルドレンの条件や、自己肯定感の低い場合の条件を見ても、『自分とは違う』『自分の家族は違う』って思う人が、一定数いるようです。
明らかに、他人から見て、それおかしいよ!って思うような状況でも、その事実を受け入れ難い様子を何度か見てきました。

自己肯定感が低かったり、他者との境界が曖昧だと、【相手の非】を見つけにくいんですよね。【自分の非】は電光石火の速さでみつけられる、というより、あらゆる負の事象の原因は【自分の非】にあると思ちゃうから、【相手の非】が隠れて見えなくなるんですよね。
ソレの何が問題かというと。
【相手の非】のために辛い状況に巻き込まれているのに【自分の非】のせいだとおもうので自責するけど、心の奥底では「なんかおかしい?」って理不尽を感じてるから、不満が心の底に溜まるんですよ。

で。
その、親しくされてる方。
ちょっと、ツッコミ方が「よくない」ですね。相手を否定しすぎに見えます。
いくら理解できないからって、いきなり理由も聞かずに否定するのは、大人の振る舞いじゃあないですから。
だから、余計に、心の底に不満を貯めさせられるように見えました。
「ハッキリものを言う」とカッコいいから憧れられますけれども。
何でもかんでもハッキリ言えばいいってもんじゃあないですからね。

…ずけずけ、失礼致しました。

質問者のコメント

返信ありがとうございます。
あんな文章でこんなにも分析していただけるとは思ってもみませんでした、とても感謝しています!
悩みに書いた相手の方は確かに私の事を理解してくれていないのかもしれないと思いました。まめさんがそう言ってくださってスッとしました。
相手の非を自分の非と置き換えるのは、客観的に見てもらわなければ気づけない部分でした。(下に続きます)

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

あ、話がそれてました。

【相手の非】が【自分の非】に置き換わって見えなくなる話をしたのは。

そういう【認知の歪み】があるから、アダルトチルドレンや自己肯定感に関する条件を自分に置いてみようとすると、ことごとく、意識が弾き飛ばしていくんです。
【自分自身の状況を正確に把握】できていなければ、どんな条件も法則も原理も、自分に当てはめて適用することは不可能なんですよね。
自分のスリーサイズを把握できてないのに、洋服を買おうとするようなモノなんです。

質問者のコメント

それだけでも自分への理解が少し及んだ気がします。
昔から冷静でおとなしい子だなんて言われてましたが、本当は冷静に自分の状況を見れてなかったんだと思います。
外には出さないように気を付けていますが、自己肯定感も本当はすごく低いと感じます。
その部分も含めて心の中の不満を解消していけたらと思います。色々ありがとうございました。
迷っていましたが、本当に相談して良かったです!

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

なぜ解るかって、、、若い時の私そっくりだからです。
しっかりしてるように振る舞えるので、自己肯定感が低いのも気付きにくかったし。
アダルトチルドレンは、火事場のバカ力が凄いから、強く見えるんですよ自分でも。
でもその強さは、自分を削って燃料にしてる強さなので、大人になるくらいに、燃料切れてくるんです。

羊男さんが、双極性障害のこと書いてますが。
あながち無関係じゃないです。
私がかかった病気は気分循環性障害(循環性気分障害という人もいます)、双極性障害の前段階のものです。
アダルトチルドレンがなりやすい病気のひとつです。なので、自己肯定感とか自他の境界線の訓練をしたので詳しいんです。
これはまだ治癒できます。
私は三年かかりましたが、早いと数ヵ月で治るそうです。
ただ、この病気は放置して拗らすと、双極性になります。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

あ。
双極性障害とか、一般に気分障害と言われるものは。
『障害』という単語がつきますが、いわゆる『発達障害』みたいな障害ではなく。
精神疾患、病気、です。

程度がある程度重いと認定されれば、障害者手帳を取得できたりはしますが、それは便宜上制度対象に含めて貰っているだけですので。

質問者のコメント

お返事ありがとうございます。
自分は強いと思って生きてきましたが、そろそろ燃料切れなんですね…。
気分循環性障害も初めて耳にしました。今までの感じと照らし合わせると当てはまる気がします。
病気について考えはするものの、周りの誰にも相談できなかったので、とても励みになりました。
詳しく教えていただき、ありがとうございます。病院も本当は行くのが怖いですが、頑張って行ってみます!