就活鬱ではなく、元々生き辛い人、また、メンタルを理由に留,,,

ちみきさん
回答数
2
ちみき
さん

就活鬱ではなく、元々生き辛い人、また、メンタルを理由に留年や休学をした人が新卒の就活をどのようにしていたかをお聞きしたいです。

元々メンタルがあまり良い方ではなく、一度目の就職活動が難航し、就職留年と休学を数年しました。
現在二回目の就職活動をしていますが社会情勢も相まって、うまく行っていません。
基本的に休学と留年の理由はオープンにしています(隠す理由が他にないので)
現在完治しており、通院もしていない、生活する上、体力的に問題はないとアピールをしていますが、なかなか難しいです。

また、休学してから2つの病院で現在まで通院や投薬はしていますが、具体的な病名がついておらず、強いて言うなら就活による不安障害程度なので、障害者手帳を取得するのも難しそうです。(おそらく主治医がいい顔をしません)

その程度で休学してしまった私が悪いのですが、現在見た目や体力でも現在全く問題はないのに空白期間のせいで訝しげな目な見られるのが辛いです。

また、ネットの海を見ても就活が辛ければ逃げたらいいなどのその場しのぎのアドバイス
起業、世界放浪、親の会社を手伝う、恋人に頼りながら非正規雇用など、元々お金のある方や家族、パートナーありきの全く参考にならないアドバイスばかり(酷い言い方ですがスミマセン)で
やはり精神疾患を持った人は自立や正社員雇用するのは難しいのかなと感じる日々です

乱文長文ではありましたが、よろしくお願いします。

就活 うつ病 不安障害

回答一覧

ユーザー1507
ユーザー1507
さん
ユーザー1507
ユーザー1507さん

こんにちは。今年春入社した者です。
めちゃくちゃ長文になりました。すみません。
就活はその後順調でしょうか。7月に入って内定を取り消された人の話も聞きましたし、今年度の就活は本当に大変だと思います。

わたしの状況を先にお伝えすると、
・大学院に入って就活時期に差し掛かった頃に、研究との重なり合いについて行けず不登校(もちろん就活もできない)
・その後新卒での就活を諦め学位だけは取ろうとはいつくばって大学へ行き、不登校を繰り返しながらなんとか卒業(この頃精神科へ通っていました)
・卒業後すぐ就活を始める気だったものの、気ばかり焦って何もせず時間が過ぎる
・結局秋口にやっと始めて、1月に内定をいただく

こんな感じでした。
わたしの場合は精神がおかしくなり始めたのは就活と研究が重なった時期でしたが、悪くなった本質が研究と自分の性格にあったので(実際就活を諦めてからもどんどん悪くなっていった)、就活鬱ではない、と思っています。病名はついていません。

いくつか転機がありましたが、結局わたしがやったことは「頼れる場所を見つけて、全部おまかせする」ということです。
卒業後3月は一つ下の世代の就活開始時期で、それに乗らなきゃ!と必死だったのですが全然乗れず、県のキャリアカウンセリングに伺いました。そこのカウンセラーさんに内定をもらう1月まで、自己分析から面接練習まで全部、面倒を見ていただきました。何もできてなくても絶対週一で通う!と決めていたので、ペースメーカーにもなりました。「ジョブカフェ」というやつです。多分お近くにもあると思います。

また、わたしはとにかく自分で会社を選べなかったので、エージェントサービスを利用しました。メンヘラは人間関係がすごく大事だと思うのですが、それって入るまで分からない。なので、選ぶ基準が持てなかったのです。大学院であったことや事情を全て話し、がつがつはたらなくていい会社、第二新卒でもとってくれる会社を探してもらうようにしました。またエージェントさんはある程度内部のことも知っていたりするので、人間関係が悪くないところも選んでもらいやすいです。

そんなこんなで、エージェントが持ってきてくれた会社の中で、キャリアカウンセラーさんと一緒にどこを受けるか決めて、書類、面接練習をして、受けに行く感じで進めました。

わたしの場合は親の協力がそれなりにあり、就活期間はバイトを週一でやるくらいのもので、自分で生活費を稼がなくて良かったので、ある程度余裕を持って進められたのだとは思います。ですが、上に挙げた2つのサービスはどちらもタダですし、機会があれば利用してみていただきたいです。

参考になればうれしいです。
どうか無理をなさらぬよう、身体と心を大事に、就活がうまくいくことを願っています。

ちみき
ちみき
さん
ちみき
ちみきさん

追記です
障害者就労支援施設には相談しましたが、もともと地元ではなく関東の雇用を志望しているので情報が入ってくるのが遅いこと、施設が家から遠く通うのが難しいことから利用は少し考えています

HOTワード