あまりわかってくれる人がいなさそうですが、一応相談してみ,,,

さん
回答数
3

さん

あまりわかってくれる人がいなさそうですが、一応相談してみます。

ネガティブなことを考えていると安心するんです。
普通はみんな早くこの苦しみから解放されたいとか、早く脱したいって思うはずなんですが、よっぽどじゃないとそう思えないんです。
このまま苦しくてうつ病とでも診断されたらいいな、なんて思ってしまったりします。うつ病で苦しんでる方もいらっしゃるのにほんとにごめんなさい。

なんでうつ病になりたいのか、考えてみても、周りにつらさをわかってもらいたいからとか、休みたいからとか、あまり本心ではないようなことしか出てきません。

この苦しみにラベルをつけてほしいのかもしれません。甘えじゃないよって、言って欲しいだけなのかもしれません。

話が脱線しましたが、質問は、これは自分がネガティブなタイプだからなのでしょうか?異常でしょうか?ということです。
批判されてもおかしくないですがご回答お願いします。

ネガティブ うつ状態 異常

回答一覧

イツキ
イツキ
さん
イツキ
イツキさん

初めまして。
私も空さんのご質問に共感する部分があります。

私も疲れた時、元気な人なら
『あー、疲れた!』
で済むところを
『私は本当にダメだ。何をしても失敗する親不孝者だ』
などと自分自身で追い詰め、泣き疲れて眠るまで自分を攻撃します。
疲れたという実感が欲しくてこうしているんだと自分でもよく分かっていないのですが推測しています。

何か、この感情に求めるものがあるのかもしれませんね…
回答になってなくてごめんなさい

質問者のコメント

返信ありがとうございます。

自分をとことん追い詰めるの、僕もやりがちです💦
責めてないと安心できないというか、楽になってていいのかって思ってしまいます。
この状態そのものも心の疲れから来ているのかもしれないですね。

羊男
羊男
さん
羊男
羊男さん

ストレスから逃れようとするのは人間(に限らず大体の生物)の摂理ですが、それがバグっている状態です。
つまり異常といえば異常です。
そしてそれを甘え、疾病、性格の偏りのどれとするかは解釈の違いに過ぎません。
例えるなら午前10時半の食事を遅めの朝食と呼ぶか、あるいは早めの昼食と呼ぶか、またはブランチと呼ぶかの違いのようなものです。

またあなた自身がそれを苦痛と感じているなら疾病なり性格の偏りとして専門家に相談するのが手っ取り早いと思います。
またもっと苦痛を味わいたいなら甘えと解釈すると苦痛も増えますが、まったくおすすめできません。

質問者のコメント

ご回答ありがとうございます。
なるほど、ストレスから逃れる機能がバグっているわけですね…腑に落ちました…。
もっと苦しめばいい、と思う時もあります。
本当に無理だと思ったら精神科の先生に相談してみようと思います。(カウンセラーさんにはびっくりされました、対応がわからなさそうです)
ありがとうございました。

羊男
羊男
さん
羊男
羊男さん

追記します。

人間は「自分が思うあるべき状態」が揺らぐとストレスを感じます。
例えばきれい好きな人にとって部屋が汚いのはきれいであるべ状態に反しているのでイライラしますね。

空さんはご自分は苦しんでいるべき存在と認識されているのだと思います。
楽になったり救われたり褒められたりするとその認識が揺らぐので拒否したくなるのかと。
そのような自己認識を自尊感情低過ぎといいます。

質問者のコメント

確かに、心の底では苦しんでるべきだ、と思ってた時期もありました。今も無意識のうちにそうなのかもしれないです。
自尊感情の低さが問題なのですね…。
自分を褒めるとか、自分の意見を大切にするなど、やったてきたつもりだったのですが…かりそめの自尊感情だったんでしょうか…😭
自尊感情を上げていけるように頑張ろうと思います。追記までしていただき、ありがとうございました。