こんにちは、初めての方は初めまして。前回の相談を読んで頂,,,

景子さん
回答数
1
景子
さん

こんにちは、初めての方は初めまして。前回の相談を読んで頂いた方はお久しぶりです。
大学を中退し実家の寺を継ぐことになり今は来年の学校に通うまで実家で家事手伝いをしている者です。
とにかくここに書き込むのも長い間が空きましたので今日まであった出来事をゆっくりお話させてください。
まず9月に実家の祖母が亡くなりました。私はそのとき自動車学校に通うため、田舎の実家ではなく市内にある母親とその再婚相手の男性が住む家に居候していました。そんななか父から施設で祖母が亡くなった、と連絡が来ました。
私は自他ともに認めるおばあちゃん子でした。幼い頃から近所に同年代の子供がいなかった私にとっては祖母が唯一の遊び相手であり、情緒不安定だった母親の代わりにご飯を作ってくれたりお菓子をくれたり本当の母親より母親のような人でした。私が高校を中退してフラフラしていたときも「お願いだから高校だけは卒業して」と私に通信制高校へ行く決心をさせてくれたのも祖母でした。けれどここ数年祖母が施設で暮らすようになってから私は祖母と疎遠になっていました。祖母が亡くなる1ヶ月前、コロナの影響で面会が謝絶されているなか、特別に玄関越しに見た車椅子に座り焦点の合わない目をした祖母が最期に見た姿でした。
祖母の通夜・葬式が終わり、一週間も経てばあれだけ悲しんでいた親族もいつも通りの生活に戻っていきました。問題は私で、うまく表現できないのですが自分のなかで「このままではいけない。祖母に恥じない自分にならなければいけない」この考えが常に脳内を支配するようになりました。それから以前とは見違えるくらい何事にも精力的になりました。身の回りの整理整頓、自動車学校の勉強、読書、とにかく何もしていない時間が嫌でがむしゃらに毎日を過ごしました。ここあたりで記憶がぷっつり途切れています。気づいたら私は心療内科で「双極性躁うつ病」と診断されていました。
しかし病名がついたからと言って特段日常に変化はありませんでした。変わったといえば、大学時代のサークル友達から「最近の景子ちゃんは本当に怖い。正直距離を置いている」と言われたこと、実家に連絡をせずに帰宅したら父親の寝室で父親と同級生の女性が同衾していたこと、母親の再婚相手が私の態度が目に余るとキレて部屋で暴言を吐き暴れたこと。これくらいでしょうか。それと上記で診断された病名とは別に、バセドウ病の父親からの遺伝で循環器内科で「甲状腺機能低下症」と診断されました。
読みにくい文章で申し訳ありません。しっちゃかめっちゃかですね。このような状態で今の私を簡潔に説明すると、父親の不倫の発覚・母親の再婚相手との不和・亡くなった祖母への未練。この三つが混ざり合い誰にも手を伸ばすことができない状態です。ひとりぼっちです。私が勝手にひとりぼっちになったのかもしれませんが。助けて、と言える相手も言う資格もありません。今はただ、自動車学校で本免を取り一刻も早く母親と再婚相手の家から出ていくことだけが私にできる唯一の親孝行です。父親も母親も自分の生活があります。もう成人をとうの昔に過ぎた私がいつまでも「父親」と「母親」という枷で二人を縛っているせいで私達は綺麗な家族でいることができません。
父親は同級生の女性のことを庇いました。「あの人がいなかったら父さんはとっくの昔に死んでいる」「収入のない月は本当に食べさせてもらっているのだからお前も邪険にしてはいけない」。こんな事を言われました。
母親は「あなたの態度は家族には通じても再婚相手さんにはキツイ言い回しにしか聞こえない」「お母さんはあなたと再婚相手さんのことは別にして考えている」そんな事を言われました。
私はどうしたらいいのでしょうか。心を殺して毎日を過ごすことはできます。正直かなり無理をしていますがやってできないことはないのです。ただ、無性に寂しくて泣きたくなるのです。何が悲しいのか自分でも分かりません。ただただ涙が溢れて止まらなくなるときがあるのです。これも病気のせいなのでしょうか。いえ、家族のせいにも病気のせいにもしたくありません。すべては私の人間として未熟で至らないところが原因なのです。自分の汚い部分からいつまでも逃げてはいられません。そうしないと私はいつまでたっても祖母の墓前で手を合わす資格がない人間のままだからです。
長文散文失礼致しました。
約半年の間に起こったことを羅列したため非常に読みにくい文章になってしまったことをお詫びさせてください。
そして、ここまで根気強く読んでくださった方、ありがとうございました。
何かご質問などありましたらお気軽にコメントを頂ければ幸いです。

躁うつ病 アダルトチルドレン 家族との死別

回答一覧

羊男
羊男
さん
羊男
羊男さん

非常に大変なことが立て続けに起こってしまいましたね。
ご心労とお察しします。
なにも具体的なアドバイスはできませんが、本を紹介させてください。
ロバート・B・パーカーの『初秋』という小説です。
親や周りの大人のエゴに振り回されている少年がなんとか成長していく話です。
なかなか本を読む気にもなれないかもしれませんが、なにかの慰めてになれば幸いです。