就労支援センターの利用について。 私は不定期で漫画の仕事,,,

雪村圭太さん
回答数
1
雪村圭太
さん

就労支援センターの利用について。
私は不定期で漫画の仕事をしているのですが、ほかにもバイトをしたほうが社会とのつながりが得られるのではないかと思ってバイトも検討し始めました。
しかしオープンでバイトするとなると就労移行支援施設で半年程度継続的に通った実績を求められることが多いと思います。
そこで利用しようと思ったのですが、その地域の保健センターで「絵の仕事をしているのなら就労移行は利用させられない」と言われました。収入が非課税世帯レベルで貯蓄もそこまであるわけではないのだと説明しても受け付けてもらえず…
就労支援の人は役所と根気強く交渉する姿勢でしたが、僕はもう正直疲れてしまったので、就労移行支援の利用をあきらめています。
正社員として働いていたのが1年に満たない、画業をやってるとはいえ職務経歴書の上では空白期間の、躁鬱とASDの28歳の男が、東京でできるバイトってあるものでしょうか…
そしてそもそも僕はバイトを今するべきなのでしょうか…(年金は一応出てるのですが)
ちょっとなにもわからなくなってきてしまいました。すみません、よろしくお願いいたします。

双極性障害 ASD 就労移行支援

回答一覧

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

地方都市住みですが20代なかばの娘がASDの手帳二級です。就労移行支援を利用検討中にコロナが起こり、コロナがおさまるまでは障害者がバイト(症状からフルタイムは無理そうなので)をみつけるのは難しいだろうから、所定の期間内で就労できずに2年間のサポート期間を無駄にするかもしれない、と判断して、障がい年金を貰いつつ、病院のASD者限定のデイケアで療法やワークに専念することにしています。

コロナ渦で健常者さんもゆとりがなくピリピリしてると思うので、親としても空気を読みにくい娘が、また二次障害の不安障害を拗らせない為にもしょうがない選択かなと受け止めてます。

あと、役所との交渉は、就労移行支援施設の人だけではおしが足りないなら、主治医の後押しも使えるかもしれませんね。
この制度の要は、施設と医師の連携ですので、一度主治医に相談してみてはどうでしょう?

質問者のコメント

ご返信を頂いていたのに、返事が遅れてしまいすみません。
あれこれと動き回った結果、漫画関係で在宅でできる仕事を、月4くらいで入れることができることになりました。

今後も経済状況等気の抜けないことは多いので、気を付けていきます。ありがとうございます。

HOTワード