長文です。植物恐怖症?のことで生活に支障をきたしてしまう,,,

dameman0さん
回答数
2
dameman0
さん

長文です。植物恐怖症?のことで生活に支障をきたしてしまうほど悩んでいます。昔からその辺に生えてる雑草とか花壇の花とかに苦手意識を持っていて、学校で生徒みんなで草刈りをする機会があったのですが、そのときも嫌悪感を感じつつもなんとか我慢していました。
プレゼントを買いにお花屋さんに連れていかれたときや、中学の部活で部員から花束をもらうときも、花や植物に対して若干嫌悪感を抱いていました。
しかしその嫌悪感が最近になって酷くなってきたようなのです。薔薇や桜、大きな葉っぱの観葉植物など、種類によっては綺麗だと感じることもあります。言葉では伝わりにくいかもしれませんが、花弁や葉っぱが大きくてシンプルな見た目をしている植物はまだ平気なようです。

私が嫌悪感を抱いているのは、小さくて細かい植物、特に小さいのが集合してるような種類のものです。例えばあじさいのような植物です。それと、地面に生えているちっちゃい雑草にもかなりの嫌悪感を抱いてい先日も偶然SNSでそういう種の花の画像を見てしまい、その花のフォルムが気持ち悪くて未だに頭にこびりついていて離れないのです。あと、実家の庭に咲いてる集合体の植物を直視してしまい、その花のフォルムもまた同様に頭にこびりついています。なにか気を紛らわそうとしてもその花のフォルムがちらついてちらついてどうしようもないです。あと、その気持ち悪いフォルムの植物を思い出してしまって身体がかゆくなってかきむしったりもしてしまいます。元から暗い性格ではありますが、元気な時も植物のせいで最悪な気分になってしまうようになりました。

世間は花は綺麗なものという固定観念を持っていますからこんなこと誰にも言えません。生活に支障をきたしてるレベルだと思うので病院でみてもらうべきなのでしょうが…。精神科も近くにないようなところで親に養ってもらってる引きこもり無職なので親にも言いづらいし精神科にも行きづらいです。あと、植物恐怖症の治療するには、だんだん慣れさせていくしかないみたいですがその治療をすることを考えるととても嫌です。どうしたらいいでしょうか…

回答一覧

羊男
羊男
さん
羊男
羊男さん

同じ形の集合体が苦手な人は一定数いますし、あじさいが苦手という人もこれまで何人か会ったことあります。
よほど他人への想像力に欠けた人でない限り、植物が苦手と言ったところで「ああ、そうなんだーへぇ」で終わると思います。
そこまで他人に興味のある人っていません。

また苦手というレベルではなく強迫的なレベルになってしまうと自力ではなかなか改善できないと思います。
可能な限り早いところ医者に相談してみることをおすすめします。

質問者のコメント

回答ありがとうございます
以前はただ苦手なだけだったのですが、最近は強迫観念に近いようなものを持っていると感じてます。面白い動画とか見て気を紛らわそうとしても、常にその気持ち悪いフォルムの植物の画像が頭に浮かび続けている感じで、心が休まりません
近いうちにどうにかして医療機関受診したいと思います

Rむぎむぎ
Rむぎむぎ
さん
Rむぎむぎ
Rむぎむぎさん

横文字だとボタノフォビアと言うんですね。
集合体恐怖症(トライポフォビア)もそうですが、こういうの調べようとすると恐い対象の写真が出て来たりするからイヤすぎますよね。

私は恐怖症の自覚はありませんが、そういったものはイヤなものほど記憶にこびりついて、忘れようとするほど意識してしまうのですよね……。
SNSだとモノによってはデータ容量の対策で自動で表示しない(ワンクッション要る)みたいな設定があったりもしますが、不便ですし万能じゃないですよね。(画質を落とす、とかの方がまだ現実的でしょうか)

必ずしもそういった治療法を(しかも、無理やり)やらされるという事は無いと思いますが、お医者さんもピンキリなので、必ずしも親身な対応をしてくれるか分からない、というのも心配ですね。(無下にされるとかです)

周囲に理解のある人が居てくれると配慮された生活が出来ると思いますが、「誰にも言えません」と仰っているので打ち明けられていないのですよね。
ご家族の関係性が良いか分からないので(逆に面白がられて虐められるとか)何とも言えませんが、ネット上の友達でも、もし親しくて信頼できる方が居たら、ボタノフォビアが解説されているページを紹介するなどしてから「私もこれなんだ」という風に打ち明けるのが良いかなと思います。

同じ症状の方と繋がれたら、共感できて話し合えてより良いと思うのですが、ネットの海で探すのは難しいですかね。
どうしてもマイノリティ(少数派)の方は孤独になのがちなので、独り言でも、非公開の場所でも良いので、自分の気持ちをちゃんと外に出す(書く、呟く)という事も大事かと思います。

依存症とかもそうですが、「恐怖症」という概念自体が軽く捉えられたり使われがちなので困りますね。伝える事が必要になった際は、横文字の方がインパクトがあって調べなくてはという気になるかもしれません。

スマホとかの画面だったら、明るさを低く利用する事で画像のインパクトが若干(もの凄くうっすら)減ったりしないですかね……。あまりいい案が浮かばず すみません。

少しでも生きやすい生活が送れると良いなと思います。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。

集合体恐怖症や高所恐怖症の方は結構いますが、植物恐怖症は圧倒的に少ないですし、私の場合怖いというより気持ち悪いって感じなので中々共感を得にくいのではないかと思っています。

友達いないので言うとしたらネットの人か親なんですが、親に言うと責められそうで怖いです。田舎で庭にも植物が結構あるので…。

酷くなるようであれば病院で診てもらうことも考えます。

HOTワード

現在ホットワードはありません