買い物依存症と双極性障害について。 先月躁が酷く、ひと月,,,

りもさん
回答数
2
りも
さん

買い物依存症と双極性障害について。
先月躁が酷く、ひと月で200万使いました。毎月20万請求がきます。
底辺製造業の自分では到底払えません。身を切るような罪悪感に苛まれながら、親に相談すると援助してくれるとのことで安心しました。もう繰り返したくありません。
しかし、また躁の波が来そうです。先週は某通販サイトでツケ払いで2万のカバンを買ってしまいました。また躁の波が来そうだったらエビリファイを増やすから病院に来なさいと主治医に言われました。
薬以外で、どうやって自分を律すればいいのか、助言を求めます。

相談 双極性障害 買い物依存症

回答一覧

祭めぐる
祭めぐる
さん
祭めぐる
祭めぐるさん

双極性の買い物依存、しかも解離を起こして買ったことを忘れる悪癖持ちです。
りもさんほどではありませんが、約1年間、(生活費込みではありますが)毎月コンスタンスに25万のカード請求が来ていました。

私がカウンセラーに勧められてやったのは、まずカードの限度額を下げることです。
大抵10万まで下げられます。
私の場合ジムの会費がカードでしか払えないのでカード退会できませんが、特に事情が無いのならカードを解約して良いと思います。

あとは何かで見かけた情報なのですが、要は「役所に相談に行く」ということです。
その後何年かのローンなどが通らなくなるデメリットはありますが、ツケ払いや後払い、カードやローンなどの無茶な買い物に繋がりがちな支払い方法が全て使えなくなるそうです。
制度の名称は失念しました、すみません。
私もまだ悪癖が続くようならこの制度を適用しようと思っています。

お金はとても大事なものです、私も、恐らくはあなたも身に染みてわかってることと思います。
だからこそ使ってしまうのですよね。
追い詰めたくてたまらなくなる。
ただ、そこで追い詰められるのは自分だけではなく、ご家族などでもあることを考え、生活に必要のない買い物を断つことも必要だと思います。

今まで湯水のごとく使ってたお金が急に使えなくなるのはストレスフルだと思います。
事実ストレスフルでした。
ですが私も頑張ります、りもさんも頑張ってください。

質問者のコメント

祭めぐるさん、ご回答ありがとうございます。
カードは家賃の支払いで使用するので、まずは限度額をさげて、なるべく使わないようにしまっておくなどしようとおもいます。
役所でもそのようなことが可能なのですね、存じませんでした。調べてみます。

とても身に染みるお言葉、ありがとうございます。
これからは返済に集中し、買い物をしないことに慣れることに集中していきたいです。。がんばります。

もっち
もっち
さん
もっち
もっちさん

わたしも後先考えずポチッとしてはお金の算段にひーひー言っているので、お役に立てれば幸いです。

ついあのツケ払いのできるサイトを数時間見てなんとなく買って後悔してしまいます。
オフィシャルのオンラオンストアから購入するよう心がけています。
思いついたショップを手当たり次第見たとしても限界はありますし、せめてワードローブにないものを購入することは避けられます。
使用されているのがスマホであれば、通販サイトへのアクセスの制限も有効だと思います。

また、お金に見通しはつかないけど何か買わずにいられないとき、メルマガで届いたクーポンを使わないとと躍起になってポチッとしたくなる時には、「これを買わなかったら100%オフ!」と唱えると結構効きます。

また、ショッピングに出かけることをおすすめします。
出かけたら、洋服に限定せずメイクやスキンケア、香水、コーヒー豆や紅茶、文房具、下着など、いろんなものを手に取って吟味してください。
そして、気に入ったものを購入してください。
気に入ったものであれば、パン1つであっても、満足のいくショッピングになると思います。

わたしの場合、ネットではポチッとできるのに店舗では似合ってるか、サイズが合っているか、身の丈に合っているショップか、納得しないと買えないんです。
なので、欲しいものが見つからなくても、途中で疲れて帰りたくなることもよくあります。
疲れたらお茶するのも楽しいですよね!

この回答は自分にも重なります。
お金も大切ですし、買ったものも大切にしたいです。
無理しないで、でも無茶せず、お買い物を楽しみましょうね!

質問者のコメント

もっちさん、ご回答ありがとうございます。
100%オフ、いいですね、真似します!
なるべく買い物は禁止にしようと考えていましたが、実店舗のショッピングはあり、と考えると気が軽くなります…服以外の趣味が持てるのもいい気がしてきました。
だいぶ気が楽になりました。ありがとうございます。これからは、ストレスを溜めず適度な買い物を楽しむ癖をつけ、返済に勤められるよう、がんばります。