生きていたくないのです。 毎朝起床を強制され、やりたくも,,,

sikncelrznvtさん
回答数
7
sikncelrznvt
さん

生きていたくないのです。
毎朝起床を強制され、やりたくもないことを強制され、社会に適合するよう矯正される恐ろしさ、苦しさ、くだらなさ、それら堪え難きを堪え、得られる生活の安定にさほど興味は持てず、愚にもつかぬ頭で考えていることは、学校を辞め、人並みを諦め、しがらみから解放されたらどんなに気持ち良いだろうか、ということばかり。自分の幸福を考えるとするならば、学校には行かないべきで、ひいては働かないべきで、実をいうと死ぬべきなんです。

あはは、嘘です。学生ですら満足にこなせない社会性欠落自堕落人間の僕でも、これは幸福にも現実にも即してない、誤ったものの考え方だと知っています。どころか、正しくて賢い生き方というのを熟知しているくらいです。こんな毒にも薬にもならないWebページで嘘臭いコラムに自分を重ね合わせて薄っぺらい慰めに感動している愚かな皆様に、特別にその賢くて正しい生き方というのを伝授して差し上げますと、「説明つかない希死念慮に真摯に向き合うのを止め、生理的欲求を優先して生活を充実させる」これを実践するだけです。ネガティブな感情なんか旨い飯でも食えば収まる程度の大した感情じゃないんです。対症療法的に不安から目を逸らし続け、その時々で一喜一憂して時間をやり過ごす人生万歳。皆、そうやって苦しみを抱えながらも生き延びてきたのだよ。君の抱える、漠然とした不安?陰惨な過去?精神病質?全部くだらねえ。キチガイみたいに振る舞って同情を勝ち得ようとする魂胆の浅ましいこと浅ましいこと。はっきり言って、家族や周囲の人間は、君のこと陰では迷惑がってるよ。断言しちゃ不味いのかもしれんが、だって君、実際迷惑な人間じゃないか。それくらいの自覚はあってもおかしくないはずだが。迷惑をかけて、他人を悩ませて、それでも許してくれるだろうと、愛してくれるだろうと、本気でそう思えるのかい? そう思えるのなら、恥知らずで、救いようがなくて、幸せな人間だね。ここから先は読む必要がないと思うよ。

さて、哀れな肉塊と一部の酔狂な皆様、改めましてこんにちは。さらっと相談するはずがつい愚痴をこぼしてしまってすみません。それに文章の奔逸が激しくって序盤と終盤で語尾も違ってるくらいなんですが、これ掲載されるのかな? 社会不適格者の集会に文章表現が不適格だからという理由で突っぱねられたら、それはそれで面白いだろうけど。それとも内容がアウトかな? 運営理念に反するとかで拒否されたらどうしよう。こんなクソだる絡みみたいな文章には居場所なんてないのだろうか。ないんだろうね。という訳で今から死にます。まあそれは嘘で、本当は別の理由で死にます。死ぬしかないんです。さっきと言ってることが違う? 実を言うとあれも嘘なんだ。

ところで、死ぬ前にひとつ質問いいですか? ダメですか? いやいや、いつもなら無視してくださって構いやしませんが、もうすぐ僕は死んでしまうんですよ? ひとつくらい勘弁してくださいな。お願いしますから!
ではでは質問に移らせていただきます。
「死にたいくせにどうして生きてんの?」
いやー、皆様のコラムだとか相談を拝読していると、とても辛い境遇で悩んでいらっしゃる方が多くて多くて、なかには「生きてる意味なんかない!今すぐ死にたい!」と絶望の淵に立たされてる方とかもいらっしゃるんですが、じゃあなんで死なないんだと僕は思ってしまうわけなんですね。死にたいなら死ぬべきなのに「やっぱやーめた」と生きる道を選んでしまうのが僕にはよくわからない。結局ホラー映画を観るようなものであなたは絶望したフリをして精神を窮地に追いやって自分を傷つける遊びに興じているだけなのでしょう、と僕は思ってしまうね。それとも何か僕には到底及びもつかない真理を発見したから生きる道を選んだのかな。だとしたら死ぬ前に教えて欲しいです。死ぬしかないと思いつつも、一応自死を決定してしまった後悔とかもあるんですよ。だから僕より永く生きている人生の先輩に質問します。

存在の不安を欲求の充足や向精神薬で誤魔化し続けて何か解決しましたか?
確かめようがなくとも何かを無理矢理信じることであなたは救われましたか?
死にたいくせにどうして生きてるの?

どうか忌憚のないご意見を。

この投稿は問題のある内容を含んでいる可能性があります。表示しますか?

相談 希死念慮 自殺

回答一覧

MY
MY
さん
MY
MYさん

はちゃめちゃに死にたかったですが、向精神薬で誤魔化して生きてみたらある時突然自分に合った薬が見つかって、今は全然死にたくないし、生きててよかったーあの時死ななくて良かったーってすごく思ってます。
はちゃめちゃに死にたかった時の自分も、今は100%死にたくてもいつか生きたいと思う日が来るのではないか、そんな自分の可能性を潰してしまうのではないか、それだけを恐れていました。ビビりで良かったと思ってます。

ぺけ
ぺけ
さん
ぺけ
ぺけさん

私の場合は、意に反して死にたいという発作が突然襲ってきます。自分が自殺する映像が頭の中で繰り返し再現されます。なので、そのときは寝て忘れようとしても眠れませんし、起きて美味しいものを食べようとする余裕もありません。死にたくないので恐怖感でいっぱいになります。そのときは、死の恐怖感を上回る強烈な刺激(私の場合はアームカット。リスカは誤って死に至る可能性があるのでやりません)を与えて鎮める方法をとります。しかし、時々、あなたが仰るように「死んだほうが楽になるのでは」という誘惑のようなものに駆られるときもあります。もし、死の恐怖感よりも死の誘惑の方が上回った際には死んでいるのではないでしょうか。そしてそういうとき、人はこのような場に文字を打つ間も無く旅立つと思っています。
つまり、あなたが目にしているのは、ここに文章を書けるほど、精神的にもエネルギー的にも一定程度落ち着いているときの私です。書ける状態の私が、過去に死にたい発作に襲われたエピソードをコラムに書いたとして、それを読んだあなたが「じゃあどうして死ななかったんですか?」と質問されたとしても、既にそこには温度差があるわけです。文章とはそういうものです。死にたい気持ちについて、かなり挑戦的な質問をされていますが、この気持ちは意識して生み出されるものというより、体験として襲われる感覚に近いと思いますので、理屈で理解しようと思うと難しいのではないかと思います。あなたが本当に死にたい気持ちに襲われたときに、身をもって検証されてはいかがでしょうか。

ユーザー810
ユーザー810
さん
ユーザー810
ユーザー810さん

「死にたい」という人間的な欲求と「生きたい」という動物的な欲求が対立しているからだと思います。
この葛藤があるからこそ辛いのです。
死にたさだけならきっといっそ楽でしょうが、なかなかそうはなりません。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

同じく希死念慮のある息子が服薬治療し始めて言ってたことを書いてみます。
「悪夢はみなくなった訳ではないが数が減った。趣味のゲームもカラオケも全くしたくなくなっていたのが、楽しんでできるようになったのはよかった。どうせ、今は生きているのなら、他にも打ち込めるものを見つけてみたくなった。生きる意味はいまだに普通の人のようには見つけてないけど、哲学やってたから考え出すと究極のヤバイ方にいくから、とりあえず無理に探さないでおこうと思う。」
こんな感じのことを言ってました。

UM_7g
UM_7g
さん
UM_7g
UM_7gさん

あんた何言ってんの??

僕は死にたいですが、僕が死ぬと両親、親戚、兄弟、親友、ネトモまでも心にでかい釘を打つことになります。毎日アルバイト生活でなんの生産性も持っていない僕ですらこうです。多分あなたの方が周りの人間の心に釘を打つことになると思いますよ。そのくらい僕は生きてる価値ないです。自分のために生きるのが難しいなら他人のために生きてください。

僕のようにメンヘラ.jpでも他のサイトでもいいけど自死遺族の記事を読みまくってください。あなたはまだ自死の知識が足りません。もっと自死について調べてから出直してください。

そんな僕自死知識の豊富な僕からひとこと。

あんた何言ってんの??

質問者のコメント

ご意見ありがとうございます。他人のために生きる方法は存じているつもりです。しかしどうして自分に価値を認めず他人に価値を認められるのか、僕にはわかりません。自分と他人の違いってなんなのでしょうね。あなたは他人に価値があると思い込んであるいは「自分には価値がある」と語る他人に縋ることで自分の存在を認めているところがあると思います。それは一種の信仰ではないでしょうか。他人を信じて救われましたか?

まとんかれー
まとんかれー
さん
まとんかれー
まとんかれーさん

カフカのような文章ですね。

死にたいくせになぜ生きているか、答えさせてもらうなら、
私の場合、死にたいのは、一時の感情だからですね。
時間が経てば、死にたくなくなるということを学習した結果、最近は死にたくなっても死にません。

言葉が矛盾してるようにも聞こえますが笑

それと、お寿司大好きさんの死にたい人間的な欲と生きたい動物的な欲によって葛藤するというのは、なるほどと思いました。

miztuki
miztuki
さん
miztuki
miztukiさん

初めましてmiztukiと申します。私自身周囲の迷惑になっている人間の一人です。

死にたいですよ。毎日。

でも、1日が終わってしまうんですよ。気がついたら。私がいないと家庭が一切回りませんし。それだけです。
愚かだと思ったら笑って下さい。
だから私は死んでいないのだと思います。言い訳にしか聞こえないかもしれませんね。あと、心の何処かで思い残している事があるのかもしれません。

希死念慮があるから死を実行するかどうかはその人次第ではないでしょうか。

ちなみに私は向精神薬を気休めだとは思っていません。治したいから、少しでも元気になりたいから飲んでいます。