2つ質問があります。 自己紹介としましては、僕は6年前に新,,,

miyashitaさん
回答数
1
miyashita
さん

2つ質問があります。
自己紹介としましては、僕は6年前に新卒時のパワハラで体を壊し(うつ病との診断は出ていません)
事あるごとに頭が重くなったり呼吸困難になったりの不定愁訴があります。
最近は希死念慮が強くなり、近いうちに死ぬのかもな等と考えています。
ただ、友人と話すときは話しすぎるくらい話し、帰ってほしくないと思うくらいです。

1. 心療内科に行くべきでしょうか?
お金があまり無く、家族は向精神薬については反対派です。
(家族は、僕が希死念慮を抱いていることを知りません)
通常時なにもないときがマイナスなので、これをプラマイゼロかプラスに近づけたいので、
薬をもらうためにも心療内科に行きたいと考えています。
家族の意に反して(隠すつもりですが)薬に頼るべきでしょうか?


2. 躁転できる(市販)薬はありますか?
上の代替案とも言えますが、躁転できるサプリや市販薬はありますでしょうか?
本や漫画、ドラマなどを観たいのですが、かなり頑張らないと集中が続かないのです。
おそらく元々は楽しめていたと思いますが、もしかしたら単に怠けているだけなのかもしれないと思い、
その検証のために何か薬を摂りたいと思っています。
自己紹介で書いた通り、友人と会うときは悩みなど出てこないので(代わりに誰かの悪口を言ってしまったり・・・)
躁転も何も、自分は正常なのではないかと思いますが、もしそうでないなら、
病前のもともとの自分の感覚や、ほかの人たちの感覚(人生観や感受性)を体感したいと思ったのです。

もし何かよい薬があるなら、もしくは何かご意見がありましたら書き込んでいただければと思います。

相談 うつ病

回答一覧

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

社会に出てきてくださった若者に、酷いことをする大人が多くて申し訳なく思います。

ところで、向精神薬にアレルギーな方が、いまだ多いことを残念に思っています。
この手のお薬の基本的効能は、薬で病気を強制的に治すのではなく、精神を休めてその隙に自己回復力を働きやすくするものです。
そして、よく聞く強い副作用のものって、それなりに重い症状の疾病に用いるものが殆どなんですけれどもね。

お聞き及ぶ症状だけでしたら、まだストレスの範疇ではないかなぁと思います。
それだったら軽い安定剤をひと月ふた月といった月単位で飲むくらいで済むと思いますよ。私やかぞくの経験上。

ただ、ストレスといっても、ストレスは万病の元ですから、あんまり凝り固まってしまわないうちに解消してしまった方がいいと思います。
お役にたてれば幸いです。

質問者のコメント

ありがとうございます。

そうですね。小さなストレスが積もり積もって今の状態になっていると思います。
毎日楽しくなくて、希死念慮があるものの、友人と会うと空元気というか元気にはなるので起き上がれないなどの重篤な状態ではありません。
そうなる前に医者にかかって、少しずつそういった思考や精神状態を取り除きたいと思います。