昔の話。 中学生だった私は、夜眠るのが怖くて友達と家,,,

灰音さん
回答数
0
灰音
さん


昔の話。

中学生だった私は、夜眠るのが怖くて友達と家を抜け出してたんだな。
まぁ危ないからやっちゃダメなんだけどね?

それが何日か続いた頃、その子の親御さんに会うことがあった。
その人はしたり顔で言うんだな。
夜出歩ことの危険性やら真面目に生きることの尊さとか?
さらには人生の素晴らしさとか??

フッザケンナ。
って思いましたよね。

そんな事言われなくても分かってる。
誠実に生きることの尊さなんて、わざわざ説かれなくても分かってる。
ぶっちゃけ精神的にしんどい人が誰より分かってることだと思う。

どうも普通の人は
精神病=不真面目
みたいに思う風潮がある気がする。

馬鹿を仰るでないよ。
真面目だから病むんだよ。
誰より誠実であろうとするから自重で潰れちゃうんだよ。

病んでしまう人って、優しい人が多いんだよ。それを私はいい加減分かってるよ。

別に病むことが良いことなんて思ってないよ?でも病んでることを負い目にしなくていいはずなんだ。

独りぼっちでも、死にたくても、生きる意味を見出せなくても。

10年後の私は一応笑えてた。
今でも悩みは山ほどあるし、普通ではない自分は嫌いだけど。

それでもあの時終わらなかったから、今が確かに存在してる。
まぁそれなりに後悔ばかりの人生だし、生きていて良かったと胸を張れるかは微妙だけど。

良かったことをあえて上げるなら、普通の人からしたらなんてことない小さな幸せを、宝物みたいに抱きしめていられる。

そんなことって嗤う人がいるけど、そんなことも解らない人にならなくて良かったなって、それだけは思うんだな。


p.s
読んだ人を傷つけてしまったらごめんなさい。
どうか、少しでも安らぎの多い明日でありますように。

つぶやき 解離性障害 日常

回答一覧

回答がありません