奴はとても女癖の悪い男だった。私との約束なんて破るのが当,,,

さくらさん
回答数
2
さくら
さん

奴はとても女癖の悪い男だった。私との約束なんて破るのが当たり前で、ほかの女に比べたらひどい扱いを受けていたと思う。それでも好きで一緒にいたくて、結婚できることになったときは嬉しかった。
なのに、入籍の一か月前の早朝、警察が来て奴は逮捕された。罪名は強制わいせつ。高校生の女の子が相手だった。取り調べが進む中で余罪がゴロゴロ。弁護士さんにも「性犯罪は繰り返すから結婚はやめた方がいい」と言われた。それでも結婚したかった。だから頑張った。今思えば、頑張り方を間違えていたと思う。毎日面会に行って、身元引受人になって、裁判にも出廷して…結果は“懲役2年6月、執行猶予4年”。
執行猶予になってしまったことで奴も奴の父親も「赦された」と勘違いした。だから注意する私が邪魔になったんだよね。注意するたびに暴力を振るわれた。警察が止めに入ったこともあった。私が鬱っぽくなったらこれ幸いと「病人の面倒は看れない」と離婚の申し出。「身元引受人なんて、執行猶予を取れたら不要なんだよ、クソ女」これが奴の父親の主張だった。
離婚した。振るわれた暴力について被害届を出した。けがの写真も診断書も提出した。横浜地検に送検された結果は“不起訴”。検察官曰く「反省しているから」。私は謝罪も受けていなければ、示談に応じた覚えもない。警察も検察も「所詮夫婦喧嘩」としか見ていなかったんだ。
私は未だに怖い思いをして生きているのに、奴が平和に暮らしているのが許せない。
でも、復讐の手立てなんてない。独りで苦しむしかないんだ。

つぶやき 性犯罪者 不起訴 今も苦しい

回答一覧

ユーザー1603
ユーザー1603
さん
ユーザー1603
ユーザー1603さん

さくらさんこんにちは。
大変な思いをされたご様子ですね。お察しします。
ただ刑法とか全く知らないのですが昔何かで(私の過去のコメント見るとすぐにお分かりかも)

刑事事件と民事事件は違う とあったような。
そういう対応はされましたか。
(個人的にはそういう方々とはこれ以上 とも思いますがそれでは という気持ちも何となく分かるというか)

質問者のコメント

ありがとうございます。

刑事と民事は別なのですが、顔合わせるのは…と。
実際、被害者としては「怖い」という気持ちの方が大きいのです。

何の因果か、同じ業界で働いていて転職先に加害者がいたのですが、会社に事情を話したところ、会社は加害者に退職か地方への転勤かという選択を迫りました。
世間の反応がそういう形だということだけでも救われたのかな?という気はします。。。

ユーザー1603
ユーザー1603
さん
ユーザー1603
ユーザー1603さん

こちらこそお返事ありがとうございます。
被害者としては「怖い」という気持ち
というのは分ります。
というかお恥ずかしながら自身の傾向が強く また気付かなかった学生時代以降数年まで
加害者として 周囲に少なからず感じさせてきたものなので。
幸い家業につき人間関係は少なく 二次障害の治療等で、となんですが

ところで私の(母の)親しい親族に離婚騒動で 裁判(?)にいった人がいます。
私にも良くしてくれた人で(家族同様気付いていないんですが)その方(私もよく知っている)のお子さんなんですが。
もしよろしければその経緯みたいなことをお書きしてもいいと思いますがいかがでしょう。
(時間かかるかもしれませんがご容赦を)