モヤモヤ悩んでるだけのつぶやき 30手前になってようやく自,,,

araさん
回答数
1
ara
さん

モヤモヤ悩んでるだけのつぶやき
30手前になってようやく自分が傷つく事が分かってきた。否定的な態度をとられたり、褒められたり肯定されたい時や成果を上げた時に褒められも肯定されもしなかった時に、自分は生きてる価値がないと思う。
褒められたくて肯定されて「ありがとう」「すごいすごい」なんて言われたくて、というより、それを言われない自分は死ぬべきだと思ってる。どんなに努力しても自分は駄目だと思ってる。常に他者に肯定されないと駄目だから死ぬべきだと思ってる。生きる価値ない。
それでまぁ色々悩んで気がついて(大体虐待家庭育ちのACなのが悪い)、親に褒められたい時は「できた事は褒めてくれ」「肯定的なレスポンスくれ」「否定的な事は一切言うな」と直球で言い始めた。どんな風に接して欲しいか具体的に言うようになった。しかし自分が痛い人になってる気がする。
ある面ではまともになってるのに、ある面ではまた変になってる気がする。でも、それは間違いで、これまでがどうしたって変で、今が徐々にまともになっている気もする。
これまで他人の顔色しか伺ってなくて、空気と顔色を読んで人に肯定される事しかしないから、親以外の他人に怒られる事も一切なかった。生きてる事を否定されたくなくて必死だった。絶対、客観的に見たらそっちの方がまともな人だという気がして、混乱する。
私は「それは嫌だ」や「もっとこうして欲しい」と人に要求できるようになった。それが、私をどことなく自罰的な気持ちにさせる。自分を痛い人みたいに感じる。唯々諾々と空気読んで人の顔色見てる人間はまともで、自我があって「こうしたい」「こうして欲しい」「嫌な事はされたくない」が言えるのが面倒くさい奴で痛い人じゃないかという気がしてる。それが怖い。怖くてたまらなくなる。
学校や社会って、前者の方が「正しい人」じゃないのか、少なくとも私はずっとそう思ってきたしそういう空気をひしひしと感じてきた。最近、日本が嫌いになる

つぶやき

回答一覧

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

はじめまして。
私の経験がご参考になればと思ったので書いてみます。
『「できた事は褒めてくれ」「肯定的なレスポンスくれ」「否定的な事は一切言うな」と直球で言い始めた。
しかし自分が痛い人になってる気がする。』
私も、毒親関係の本を読んで、これを一時するようになったんですけれども、同じような気持ちになりました。
自分の要望や気持ちをきちんと伝えるのはよしとしても。
なにかが変?て気分は拭えなくて。

で、よくよく調べてみてわかったんですけど、親に対して、ああいったことを「口に出して要求」するのも、ずーっとそれだけやってると、病んでくる、先の段階、「自分で自分を褒めて肯定して否定しない」ことに重点をシフトする必要があるな、と。
親自身は早々変わらない、あの親への要求行動は、親を変えるためではなく、自分が親からの呪縛を解くための一時的な儀式であって、そこに拘っていても先はない、っぽい。
私の妹が、親に対して毒親対策として、嫌だったことをつらつら言ってはキレているのを何年もし続けているのも見て、ああ、毒親関連の儀式は、脱出するための助走をつけるという一時的にはいいけど、ずっとどっぽり浸かってるのはヤバそうだなって、思ったのもあります。

親の呪縛がとれてきて、自分のこうしたい!が出て来るようになってきたら、自分自身で自分自身を肯定する(他者に依存しない分自責が軽くていいみたいです)作業、例えば、ヨガのように自分自身の心身の声に耳を傾けて整えていく要素があるような活動に移っていかれるといいのかもしれません。
あのときああだったけれども、自分はこう思ってやったんだからよかったんだ、とか、自分にはこうするのが必要だ、とかを考える時間を意識的にとるということです。
私はストレッチみたいなことをしながらとか、ネット読んだり書いたりしながらとか、に考えるようにしています。

こんな感じです。長くなってすみません。