全くまとまっていないつぶやきです。 最近気付いたのです,,,

あやこさん
回答数
1
あやこ
さん

全くまとまっていないつぶやきです。

最近気付いたのですが、自分には「大切にされる」という感覚が薄いみたいです。
学校に行かなくなり、就活もしなくなり、離れて暮らす親から連絡が来るのも鬱陶しくて連絡しないでいたら、親が警察に捜索願いを出そうとしているところでした。警察から電話がかかってきて、慌てて親に連絡しました。
予想はしてたのですが、電話口で泣かれました。「心配した、みんな心配している」と言われました。

よく思い出せば、というより親に言われて思い出したのですが、わたしは前にも一度連絡せずに、親を泣かせたことがあります。その時もありったけ「心配した」と言われました。

「心配」はわたしにとって重いものです。「迷惑だ」と言われている気にもなります。「心配したよ」と声を掛けられれば涙が出ます。はっきりとは分かりませんが嬉しいみたいです。罪悪感のような、謝っても謝りきれないような、重苦しい気持ちにもなります。これははっきり分かります。

二度も、全く同じことで親を泣かせたことで、その以前の親の「心配」はわたしに全く届いてなかったのだなぁと思いました。一応泣いたのになぁ。心は動いたはずなんだけど。

大切にされる、という前提があれば、あれもこれも「嬉しいもの」になるのかな、なんて思います。

来週から本格的にカウンセリングを受けます。色々なものをスッキリさせられたらいいなと思います。

読んでくださった方、ありがとうございました。

つぶやき

回答一覧

ささみ
ささみ
さん
ささみ
ささみさん

つぶやきへのつぶやきです。

心配された時、私の場合は正直なところ嬉しいとはあまり思えません。自分にとって大切な人から心配されたら嬉しく感じることはあります。
けどそれ以上に重苦しく感じる。迷惑をかけてしまった、相手に気をかけられているということが重荷になります。

そしてその次に、「言葉だけの心配は心配する側の勝手な気持ちであって、心配される側からしたら重荷にしかならない。助けようと思うなら行動してほしい。」という憤りを覚えることもあります。困っているであろう当人にさらに重荷を与えて、いったいどういうつもりなのかという怒りです。

親の心配する気持ちから行動を起こされるのは有難いことです。けれどそれが心配される側にとって、本当の助けになっていないなら、そこですれ違いが起こってしまう。
本当はどうして欲しかったのか、今の自分に何が必要なのかを提示して、そう行動してもらえると楽になれそうですね。現実にそうするのには難しいことも多いでしょうけれど。。

毒にも薬にもならない、心配に関するただのつぶやきでした。