精神科で知能検査を受けた。だいたいどの項目も平均よりだい,,,

スナメリさん
回答数
3
スナメリ
さん

精神科で知能検査を受けた。だいたいどの項目も平均よりだいぶ上、最低でも平均とちょうど同じくらいだった。

だったらなんでこんな生きづらいのかと自分を責める気持ちがずっと湧いている。
それこそ、ほんとに私の無気力とか生きづらさは甘えなんじゃないかと突きつけられた感じだ。

普通か普通より上なんだから、ポジティブに頑張らなきゃ行けないんじゃないか。それができない私はゴミなんじゃないかと死にたくなってしまう。

それでも夜はねれず、日中は眠く、体がだるくて何をするにもエネルギーはいる。
それも生活習慣を正せない自分が悪いんだろうか。
こうやって自分を責めて終わりにして、具体的に取り組むことからは逃げる私が全部悪いんじゃなかろうか。そうに違いない。

それを否定して欲しくてこうやって投稿する自分も甘えてるし大嫌いだ。

それでも生きづらさは消えない。いつ死んでもいいと思ってるしむしろそれを望んでしまう。

博士課程への意欲も就業する意欲も全くない。普通の人なのに。
原因はなんなのか。分からなくて苦しい。
原因は自分の甘えということしか思い当たらない。

こうやって毎日どんどん死にたくなっていく。

つぶやき 健常者 生きづらい 死にたい

回答一覧

めんへらーZ
めんへらーZ
さん
めんへらーZ
めんへらーZさん

たとえIQが平均より高くても、結果にばらつきがあったら発達障害と診断されるそうです。
また、1番高いIQと1番低いIQの差が大きければ大きいほど生きにくいと言われています。
このようなことがあるので、この生きづらさの原因はなんなのか、もう一度先生に確認することをおすすめします。

ただ、高IQの人は発達障害だと診断されにくいという現状もあります。
私も質問者さんと全くおなじ状況だったのですが、医者を問いただすとやっぱり発達障害でないと言われました。

どちらにしろもう一度先生と二人三脚で、生きづらさと向き合っていけばいいと思います。
生きづらさの原因って発達障害だけではないですから…

質問者のコメント

ありがとうございます。

確かにある程度ばらつきがあると言われました。
ぜんかいははっきり生きづらさとの関連を話すまでに至らなかったので、次回そこまで先生と話したいと思います。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

IQと「生きやすさ」は、イコールではありません。
例えばですが、発達障害などがあるいわゆる「生きずらさ」を抱えている人でも、IQが高い人はいます。
IQの高さが、逆に「生きにくさ」の原因となることもあります。

IQだけでは、測りきれないことだということだけ、お伝えしてみました。
おじゃま致しました。

質問者のコメント

ありがとうございます。
自分自身、単に数値の高低が生きづらさと関連するものだと誤解してました。

もう少し冷静に結果を解釈し、他の原因も考えたいです。

Rむぎむぎ
Rむぎむぎ
さん
Rむぎむぎ
Rむぎむぎさん

スナメリさんこんにちは。回答失礼します。
知能が高い生きづらさに関しては他の方が仰っているので、別の部分で回答します。

検査の結果が期待していたものと違ってショックを受けてしまったんですね。
知能検査について、お医者さんには受ける理由や結果の説明はどの様にされたのでしょうか。

ショックを受けたという事は、つまり「低い数値が出るはずだと期待していた」という事になります。期待は大きければ大きいほど裏切られた時のショックが大きいものです。
勘違いしないで欲しいのですが、これは期待したスナメリさんが悪いのではありません。

スナメリさんは生きづらさを感じていて、その理由を見つけて安心したいと思っている訳ですから、「自分にある欠落した部分がこれで判明するのでは」と期待するのは自然な考えです。
問題なのは、結果がどう出るのか分からないのに、「きちんとその状況が飲み込めていないスナメリさんに検査を受けさせた病院側」では無いでしょうか?

お医者さんの対応が分からないので何とも言えないのですが、検査の結果でショックを受けたフォローをするのも医者の仕事のうちだと思います。

それから、私はおそらくスナメリさんの定義上「普通の人」になりますが、「普通の人は甘えてはいけないし頑張らなければいけない」と言われたら私は怒ります。
「人は甘えて生きるもの」であり、「努力は自分がしたい時にだけするもの」だと考えているからです。

「何に甘える事もなく人が生きていける」だなどと思っているのであれば、「その方が甘えた考えである」と思います。ロボットなら可能かもしれませんが、生身の人間には不可能です。それは断言します。人間とはそのような高尚な生き物ではありません。

つまり要約すると、「スナメリさんは甘えなければいけない」のです。
それは勿論「適切に甘える」という事ですし、甘え方はまた努力して習得しなければいけないかもしれません。

色々と考えていかなければいけない事はあるかと思いますが、「甘えずに生きられるはず」という考えをまず捨てなければ何も始まらないと思います。少しでも楽になるようにお祈りしています。

質問者のコメント

低いことを期待した、生きづらさの原因がやっと明らかになると期待したので確かにそうです。
自分の場合現状にとどまることが甘え、それを変えるのが多大な努力という捉え方を現状しているので、生きづらさにとどまると自分を責める、それを変えるにはできる以上の努力をせねばならないと感じていて、絶望的です。
カウンセラーの人と話し、適切な甘えを探したいです。新しい視点をありがとうございます。