ひとりごとです。 15年程前に鬱、解離性同一障害、境界性,,,

Mさん
回答数
0
M
さん

ひとりごとです。

15年程前に鬱、解離性同一障害、境界性人格障害と診断を受け、当時はそれが嬉しかった頭のおかしい状態でした。
リストカット、レッグカット、爪を立てたり髪を抜いたり、皮膚を掻き毟ったりする自傷は時に自分を落ち着かせ、スッキリした気分になり、時には生きている実感をしたいからと繰り返し。
首吊り1回、ODでの自殺未遂は2回だけ。ちなみに1度目の記憶はほぼありません。悲しい。

それでも生きていて欲しいと今の恋人に訴えられ、仕方なく、毎日を過ごしてやろうとどこまでも上から目線で思った記憶があります。根気よく傾聴してくれたり、自殺を止めに泣き落としてくるので諦めた節もありますが。

少し落ち着いてからは自傷は封印。「普通」ってなんだろうと悩みながら、それでも「社会・世間という世界の中で当たり前に過ごしている人間」になりすまそうと生きています。
与えられた診断名の病状と自分の状態を照らし合わせ、どういうものなのか、どう過ごしたら良いのか、調べても調べても同じ状況の方をお見受けすることはなく、人によって異なるということが分かっていても自分はおかしいのではないかと迷い、悩み、反面喜ばしく思う歪んだままの自分がいます。
数年に一度の大きな鬱と、年に数回と小さな鬱を繰り返しながら生きてきました。

そんな日々に多分、疲れたのでしょう。
ここ最近のような鬱状態とは比較にならない、どちらかというと昔のような精神状態に近いふわふわした世界に入ってしまいました。気付くとケタケタ笑い出したい衝動にかられ、でもそれをしたら気狂いだと自分を律しています。疲れます。
当然仕事も出来ず、生活も出来ず、半ば介助されながら日常生活を送る毎日です。情けなくて、でも頑張れなくて苦しくて、そんな自分がたまらなく嫌でずっと死にたいです。
また、多かれ少なかれ葛藤する毎日を生きら中、自分が生きるべき世界はこの時間この空間この世界ではないと常々思っていて、いずれ元の世界に帰るため死ななければならないと思うことも多いです。


わたしはまた、壊れたのでしょうか。
死ねる量の薬は用意しました。してしまいました。いつなら飲んでいいですか。
流石にまずいと思ったのでちゃんと精神科も受診予約しました。偉い。でも再来週です。行けるかも分かりません。

こんな間違った世界でここまでして生きなきゃいけない理由はなんですか。そんな義理ないですよね。

つぶやき 死にたい 死なせて

回答一覧

回答がありません