自分の人生がもうわからない。 結果が芳しくなくても自分な,,,

生き恥さん
回答数
4
生き恥
さん

自分の人生がもうわからない。
結果が芳しくなくても自分なりにできることを続けてるつもりだし、困難なことは周囲に頼って切り抜けたりしてなんとかこなしてる。自分が精神的に非常に弱いことを考え、心療内科で薬の処方も受けているし学内に来てくださる心理士さんのカウンセリングも受けています。息抜きも必要だと部活にも参加しているし楽しいです。周囲との関係も引っ込み思案なりに波風立てずに立ち回っているつもりです。
でも「それでいいじゃん」とは思えない。考え方によっては「優秀な人に囲まれた環境に放り込まれてもできることをできる範囲でこなしている」状態かもしれない。でもなぜか満たされない。人生に満足した気持ちになることがないまま十数年過ごしてきた。そしていろいろ考えても結局「〇〇さんは優秀だな、それに比べて僕はゴミのような存在だ」とか「〇〇さんは綺麗で魅力的だ、きっと素晴らしい恋人がいることだろう」という風に人の人生を羨むことしかできない。こんな人の言葉が話せるだけの失敗作が何故生まれてきてしまったのか、自分は人生において具体的に何が欲しくて何を成したいのか。もう何もかも分からないし、生きているのが無駄だと思わずには居られない。
僕は生まれてくるべきではなかったと思う反面、不幸にも生まれてしまったなら可能な限り成功したいと考えてしまう。我ながら矛盾し切っていて自分で自分が分からない。

相談 人生

回答一覧

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

『「それでいいじゃん」とは思えない。』
とありますが。

『考え方によっては「できることをできる範囲でこなしている」状態かもしれない。』

誰でも「できることをできる範囲でこなして」生きる“しかできない”と思うんですけれども、それでは不満に感じてしまうのですね?

この事を角度を変えて言ってみると、「自分だけは自分にできること以上のことができるはずだ!」って、ことになりませんか?

わかり手さんが言っていた、自己の肥大化、が自分への要求を際限なくしているのではないでしょうか?

肥大化した自己への期待を少しずつ降ろして、文頭に挙げておられた『今できている幾つもの努力の賜物』を『意識を集中して反芻して味わう』ことができるといいですね。
あんなに幾つもの努力をされてるんですもの。

この点を克服すること自体が、人生においての『ひとつの大きな成功』ではないでしょうか?

質問者のコメント

ご回答ありがとうございました。
「できることをできる範囲でする」”しか”できない、という事実が何故か自分の頭から抜け落ちていたのですが、その通りだと思います。
自分で出来る事をいくらやってみても際限なく自己への要求が湧いてくるのでご回答いただいた通りの状態なんだと思います。
どうにかして、克服したいと思います。
重ね重ね、こんなどうしようもない投稿にご回答いただきありがとうございました。

ユーザー2582
ユーザー2582
さん
ユーザー2582
ユーザー2582さん

こんばんは。

相談者様の『可能な限り成功したい』という言葉に力強さを感じ、メッセージを送らせて頂きました。

自己嫌悪や劣等感に悩んでいる方は世の中多くいらっしゃいます。
その方々と同じ視点で親身になって物事を見ることが出来るのは相談者様の優れた一面ではないでしょうか。
どうぞ、その一面を大切にしてくださいね。

加えて、ネガティブなことを永遠と考えていると疲労しやすくなり、抜け出せなくなります。
不安は頭で考えるよりノートに書き出して、破り捨てると落ち着きますよ。お試しください。

長文失礼しました。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。
実際に悩みを書き出して実践してみようと思います。
どうしようもない投稿への回答、重ね重ねありがとうございました。

涙(ナミダ)
涙(ナミダ)
さん
涙(ナミダ)
涙(ナミダ)さん

こんばんは、涙です。

言葉を読みました。今、苦しいですよね…
前の投稿も読んだのですが、周りと自分と比べてしまうのって辛くなってしまいますよね。
(私も似た悩みを持っているんです)

生き恥さんはすごく頑張っていると思います。
頑張りすぎているんじゃないかと思うくらいです。
頑張っても頑張っても理想とするところに届いていない気がして、自分を許せなかったり、自分の存在が嫌になったりもしますよね。
環境に対しても周りの人に対しても、すごく我慢して自分を抑えてしまっていたら、心がとても疲れてしまいます。体の疲労も心からくることがあります。
普段、我慢してしまっているのをどこかで吐き出せるといいのですけれど…
ここに書き込むのもひとつの方法かなと思います。

ここに書いた気持ちを、心療内科の先生やカウンセラーの方に話してみるのはどうでしょうか。
心療内科の診察でじっくり話せないことがありましたら、話したいことを紙にまとめておいて、診察のときに持っていくと伝えられることもあるかもしれないです。

勝手な考えで書いてしまって、もしも不快に感じる部分がありましたら、申し訳ないです…。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。
まさに僕の心情を説明してくださっているような内容で「わかってくれる人がいた」という気持ちでとても救われました。
僕ごときの努力で頑張っているとは言えないかもしれませんが確かに精神的に疲れがかなりあるので先生や心理士さんにこの投稿を見せて見ることも検討しようと思います。
重ね重ねこんなどうしようもない投稿にご回答いただきありがとうございました。

ねこ
ねこ
さん
ねこ
ねこさん

こんばんは。
他人を見て、「羨ましい」などと思うのは、自分にもそうなる、そうなりたいという可能性があるからです。
例えば、あなたは「アメリカ大統領や、アラブの石油王が、羨まし過ぎて、気になり過ぎて、堪らなく、夜も眠れなくなる程、気にかかる」ということは、恐らく無いと思われます。
もしも、そういった感情を常にいつでも感じ続けている、としたら、あなたはとてつもない大物になる可能性を秘めた存在だと言えます。
他人に嫉妬するのは、自分にも、そうなれるという可能性があるというサインです。
嫉妬は、自分の好きな事に気づくコンパスです。
嫉妬の表裏一体である、「尊敬」という気持ちに切り換わると、世界が違って見えると思います。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。
僕の状態をポジティブに捉えてくださり、(我ながら単純で非常にお恥ずかしいのですが)嬉しかったです。嫉妬等のマイナス方向の感情を裏返して受け入れられるように努力したいと思います。
重ね重ねこんなどうしようもない投稿にご回答いただきありがとうございました。