自分の生きづらさは、親や周囲からの過度な期待のせいだと思,,,

葉っぱさん
回答数
0
葉っぱ
さん

自分の生きづらさは、親や周囲からの過度な期待のせいだと思っていた。けど、そうじゃなかった。もちろんそれも一つの原因だったとは思うけど、それを突き止めることで新しいものも見えてきた。

長女だったわたしは、親に甘えるのが昔から下手だった。お姉さんなのに親に甘えるのは恥ずかしいとどこかで思っていたのだろう。
それでもなんとか親とのつながりを保とうとしていたけど、他の家族が自殺未遂を測ったり、アルコール依存症になったりして、家族のことを考えるたびに心がかき乱されるようになった。甘えたいという思いも、それが恥ずかしいことだという抑圧も、全部どうでもよくなってしまうくらいの、家族全体の危機だった。それから私は完全にその気持ちにフタをして、家族のことで起こるモヤモヤした感情は全部「家族の問題と向き合わなければならない煩わしさ」として片付けていた。

もうこの年齢になって甘えたいなんて言えないけど、せめてちゃんと感謝の言葉を伝えたいよ。
お母さんが悲しそうだったり寂しそうにしている顔を見ると、わたしも悲しくなるということに気づいたのも、恥ずかしいことについ最近だよ。
今まではそんな顔されても「面倒だなあ」と敬遠するしかできなくてごめんなさい。
それが面倒だという感情じゃなく「悲しい」「申し訳ない」という類の気持ちだとわかった今は、もうすこし素直になれると信じて、いつか直接伝えられる機会を待っています。

つぶやき

回答一覧

回答がありません