病院でもらう薬についてです 自分は半年前ぐらいから通院,,,

あのああさん
回答数
3
あのああ
さん

病院でもらう薬についてです

自分は半年前ぐらいから通院していてうつ病と言われています
とてもやさしい睡眠導入剤と安定剤(?)(薬の種類はよくわからないですがベルソムラとクエチアピン)の一番少ない量のやつを毎晩半分ずつ割って飲んでいます。
寝つけないのですが、薬が効きやすい体質のようで一錠飲むと次の日起き上がれないぐらい眠いので半錠ずつ飲んでいます。それでも朝起きるのがつらいです。

病院へ送迎してくれる母が薬はできるだけ反対で、担当してくれている先生も出来る限り薬は出したくない(薬で気分をあげても考え方が変わらなければ根本的な解決にならないからだそうです)と言っています。自分もそう思います。
自分は市販薬をodなどもしたことがなくて、薬に対して怖いと思っています。薬に対して現状に不満はありません

でも、SNSなどで強い薬を飲んでラリっているうつ病やメンヘラと言われるタイプの人を見ていると、強い薬を処方されないのは自分が苦しんでいるわけではないからなのではと考え始めます。
その人たちがどのぐらい苦しんでどんな薬を飲んでどんな生活をしているのかはわかりませんが、自分よりもつらい思いをしているからそういう薬をもらっているのかと思います。

自分は正直に言って、自分がうつ病ではないのではないかという考えを持つことがあります。みんなつらいことはあるけど頑張ってるんだから落ち込んでもしょうがないでしょ、と母にいつも叱られても、周りの同年代と同じように頑張って努力することができません。(できないというかやりたくないと甘えているだけです)
自分が甘えているだけで、もしくはうつ病とかそういうのだとしてもごく軽度なのに努力せずにいるからなにも出来ていないということを、強い薬を処方されないことで突きつけられている気がします。
他の人が薬を飲んでいるとかツイートしているところを見ると自分の甘えが嫌になるし、挙句その人に対してまで攻撃的な気持ちになります(なんでわざわざツイートするんだとか、つらいなら死ねとか、普段の自分の考えでは頭の中に出てくるわけがないぐらい暴力的な気持ちになります)。そういう自分がまた嫌です。
同じように点滴されてる写真とかを投稿してる人たちにも思います。

病気が軽くて薬に頼らなくていいのは良いことだと知ってはいます。強い薬を飲んだら市販薬をオーバードーズしたいわけでもないです。
ただ強い薬を処方されないのは自分は病気は軽くて健康なのにとても甘えているだけで他の苦しんでいる人たちに比べたら全然マシで、自分が努力不足なだけで病院なんて行かなくても大丈夫なのにわざわざ親にお金を出してもらっているクズなんだと思ってつらいです。
おかしいと思いますが、本当はつらくないのにつらいと思ってもらいたい為に自殺をしたくなって必要なものを楽天のカートに入れたままにしたりします。
それを買ってないのがつらがりたいだけの健常な人間なんだとまた再確認して悲しいです。

まとまりない文章ですみません。どうすれば(どうかんがえれば?)いいのかわからないので、他人の意見がききたいです。厳しいことはできればオブラートに包んでお願いします

相談 病院

回答一覧

羊男
羊男
さん
羊男
羊男さん

文章を読む限り必要以上に自分に厳しいとお見受けします。
状況を変えようと外界や自分に働きかけることはとてもエネルギーが必要です。
一方で自分を罰すること、現状の辛さを自分の責任にすることはあまりエネルギーが必要ではありません。
なぜなら苦しさを「努力不足」や「甘え」としてただ耐えることを強いればいいからです。そしてそれは不毛です。

「努力不足」にせよ「甘え」にせよ辛いなら辛いとそれを自分で認めてあげてください。
私は先日親指を捻ってしまってまだ痛いのですが、これが甘えとか努力不足であったとしても痛いし動かないし不便です。
あなたの辛さも同じだと思います。
甘えだろうと努力不足だろうと辛いものは辛いのです。
そして頑張っても厳しくしても辛さが軽くなることはほぼありえません。むしろ悪くなります。
なぜならあなたは「オブラート」が必要なほど弱っているからです。
ならばいっそ甘えましょう。サボりましょう。それが何よりの薬です。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

『病院に行って、鬱と診断がおりて、投薬治療が施されている』
この事実以上に、今現在病気であるということを実証することができる証拠って、世の中に存在し得るのでしょうか?

って、思うんですけれども。

病状が見かけ上、軽かろうが重かろうが、相談者さんは病気であって投薬が必要なんですから、その事を、他の人の状況と比較しても、何の役に立つのかなぁ?とも。

何のために、ご自分の病気と、他人の病気を比べられているんですか?
甘えってことで解決するんなら、鬱ではないですよ。

考え方を変える必要があるのは、まずは、ご自分が病気であることをいたずらに他人との比較材料とするのではなく、自分個人の現実の問題として受け入れる、という点ではないかなって、思いました、ので回答させていただきました。

切り替えのきっかけとなれれば幸いです。

涙(ナミダ)
涙(ナミダ)
さん
涙(ナミダ)
涙(ナミダ)さん

あのああさん、おはようございます。

病気について、他人と比べることはないと思います。
お薬が沢山出ているから症状が重い、のではないですよ。医師にもよりますが、とにかく沢山出す医師もいます(それは治療としてどうなんだと思いますが)。
自分は少ないなと思うよりも、「今の薬でよく眠れているなぁ」と感じることができたらいいですよね。

勝手な考えですが、大量のお薬をアピールすることに乗らないでほしいです。どんどんお薬を求めるようになり、どのお薬が自分にとって大切かがわからなくなります。
私自身、薬を出すばかりの医師が主治医だったことがあります。その後の主治医は逆の考えです。でも、多く処方されたお薬を減らしていくのは簡単ではありません。一気に減らすと反動がきます。
お薬が多いほど、肝臓などの臓器にも影響が出ると言われてしあます。ODなどでもそうですね…。そのリスクを背負わなければならないです。

薬の多さ=症状の辛さ、ではないと思っています。
その人自身が感じる辛さが大事なのではないでしょうか…
必要最低限の処方をしてくださる先生と出会えたことは、とても良かったのではと感じました。

長々と申し訳ありません。