物心ついたころから今日まで、外出しようとすると両親にど,,,

でくのぼうさん
回答数
3
でくのぼう
さん


物心ついたころから今日まで、外出しようとすると両親にどこへ行き何をしてくるのか聞かれるのが苦痛です。両親の気分次第では帰宅後にどこに行っていたのか聞かれることも有ります。過去に一度「何処だっていいでしょ」と言い返してみたことが有ったのですが、ひどく怒られたり、その後しばらく不機嫌さが増して何時何で怒られるか分からない事があり(内容は覚えていませんし、私の体感ですが・・・)、いまだに不安感が根強く自分の首を絞めてきます。なお、本人たちは特に気にも留めていないようです。
私自身、いい歳してこの様な事で悩んでいるのが情けないのですが、一人暮らしのために、自立のためにハロワやサポステなどに相談したくてもできない原因の一つともなっているので、とても苦しいです。
(両親に知られることへの恐怖心→逃避行動を繰り返す)
また、これは仕方がないことなのですが家の壁が薄く音が漏れやすいので、そうした電話の内容を聞かれるのが嫌で家内で電話することも出来ていません。情けなくてすみません。

自分の事なのだから自分が動かないといけないのは分かっているのですが、同時に動くことへの恐怖心や軽い現実感の乖離で自分の首を絞めつづけています。

何処へも吐き出す場所が無く、ここを何度も使っていしまいすみません。

タグはどちらか迷ったのですが、今回はつぶやきとさせていただきました。
すみません。

つぶやき

回答一覧

Rむぎむぎ
Rむぎむぎ
さん
Rむぎむぎ
Rむぎむぎさん

でくのぼうさんこんにちは、回答失礼します。
とても長文になってしまったので、お時間のある時に読むか、少しずつ読む事をオススメします。

「外出の行き先と目的を聞かれるのが苦痛」「家の中で通話をすると筒抜けになりそうで嫌」という事ですね。行動をしたいのに恐怖に邪魔をされるのはつらいですね。

過去の投稿も一通りみさせて頂いたのですが、現在はご両親とでくのぼうさんとで1つ屋根の下で生活をしている、という感じでしょうか。ご両親のでくのぼうさんに対する理解度がどの程度なのか分からないですが、投稿の内容から察するにあまり寄り添ってくれるタイプでは無いのかなと思います。

これは1つ提案なのですが、でくのぼうさんは「嘘をつく」のは得意でしょうか。得意でなくともバレずに言えそうか、挙動不審になって確実にバレるかと言ったらどちらでしょうか。

でくのぼうさんの普段の外出頻度などにもよりますが、監視や束縛とも取れる行き先や目的の聞き出しには、必ずしも正しく答えなければいけない訳ではありません。もしかしたら過去に嘘をついた事で激しく叱咤されるなどのトラウマがあったりするかもしれませんが、もしバレない様に言えそうなのでしたら、嘘も方便として使ってみるのもアリだと思います。

嘘をつく際には、全く言った事の無い所や目的を言うとボロが出る可能性があるので、よく行く場所や目的があればそれをいつも通りに言って外出するのが良いと思います。勿論、滞在時間などで帰宅の時間がいつもとあまり違うと突っ込まれる危険性はありますので、都合の良い口実が見つかってから実行するのが良いと思いますし、バレると監視がもっと激しくなる可能性も否定できないので、無理にやった方が良いとは言えません。

ご両親に対する恐怖があるようなので、実際問題 嘘をつくことを実行するのは現実的では無いと思うのですが、嘘をつくという事がでくのぼうさんの発想には無かったようなので、発想を広げられればという点で提案してみました。やらなければいけない訳では無いので、そこは安心してください。

それから、家での通話の件ですが、「極力外で通話する」というのは難しいでしょうか。

これも嘘が必要になってしまうかもしれませんが、「怖いけど家の中で通話する」よりは「怖いけど外出先で通話する」方が、楽だったりはしないでしょうか。(外自体がでくのぼうさんにとって怖い場所なのであれば逆効果になってしまうかもしれないので、それはまた何か考える必要があると思います) もしくは、ご両親が不在になるタイミングが何処かに確実に存在するのであれば、そこを狙うのも良いかもしれません。

後は、最近は電話がで話すのはハードルが高いという事で、チャットやSNS、webなどで相談を受ける支援団体も出てきているようです。ただ、時期が決まっていたり、実際に役立つかどうかは何とも言えないので、一つのきっかけという形にはなるかと思います。(対応できるケースや、相手との相性などもあるので)

また、行動に移せないという事でしたが、行動に移すかどうかは別として、「もしハロワやサポステに行くのならどういう移動経路で行くのか」とか、「移動時間はどれくらいかかるのか」という事をまだ調べたりしていないのであれば、頭の中で想像してみるのは自由なので、とりあえず調べてみるという事だけやってみても良いかもしれません。(もし既にやっているのでしたらすみません)

恐らく、これらの私のするアドバイスは、でくのぼうさんの生活を劇的に変えたり、悩みをスパッと解決したりするものでは無いと思います。その事で、でくのぼうさんがガッカリしたり、「こんなに言ってもらったのに何も出来ない自分が悪い」と思ってしまったりするかもしれませんが、これは私が勝手に回答しているだけで、私もこの様な回答で解決できるなどと驕った考えは持っていないので、その事ででくのぼうさんが自分を責めないでいてくれたら嬉しいです。

それと、何度も投稿をしてしまう事を引け目に感じている様ですが、目的に沿わない荒らしの投稿ならともかく、でくのぼうさんは「辛さを吐き出す場所に辛さを吐き出しているだけ」なので、何も申し訳なく思う必要は無いと思います。恐らくその辺りには自己肯定感が関わっているせいかと思うので、すぐに考えを変える事は難しいと思いますが、そういった引け目や負い目を解消していく事が生きやすさに繋がると私は思いますので、少しずつ意識してみると良いと思います。(改善できなくても、自分を責めなくて大丈夫です)

「いい歳して情けない」「恥ずかしい」なども、恐らく周りから言われて刷り込まれた部分があるかと思います。でくのぼうさんは今まで沢山謝って生きてこられたのかなと思いますし、それはとても辛かっただろうなとも思います。赤の他人が言っても信憑性が無いですが、周囲に理解してくれる人が居ない中、でくのぼうさんは頑張って生きて来たのだと思います。

でくのぼうさんは「実行できていない」「相談できない」と仰っていますが、ここへこうして投稿しているのですから、それだけでもう実行や相談の一歩は踏み出せていると私は思います。でくのぼうさん自身はそう思えないかもしれませんが、私はそう思うのです。

でくのぼうさんが、こうしてこちらに相談できているという事は、ネットはご両親の監視下におかれていないという解釈で良いのかと思うのですが、もしネットでここ以外にも悩みを発散したり、楽しみを見つけたりできる場所があれば、それも一緒に使っていくのも良いかと思います。

でくのぼうさんは自由に生きれる環境では無いかと思いますが、まずは自由に振る舞える部分で、少しでも楽な事が出来ればいいなと思います。

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

こんばんは。
我が家も似たような感じで、店名や場所まで詳しく聞かれることが多いですし、しかもだいたい否定されるのでうんざりです。
私もRむぎむぎさんと同じく、嘘をつくのをおすすめします。
もし嘘をつくことが苦手でも、ぜひ挑戦してみてほしいです。(ちなみに私は苦手です)
「自分を守るために嘘をつく」と言う能力が必要になってくることもあると思います。
「あまり家に引きこもっているのもよくないと思い、散歩がてら○○(喫茶店や図書館等)まで行ってみた」みたいな…。
それであまりにも罪悪感がひどいなら、実際にハロワやサポステの帰りに寄ってしまえばいいです。そうすれば、嘘ではなくなりますから。
そして聞かれる前に先手を打って軽い感想を付け加えると深追いされなくていいと思います。
「暑かったが天気がよく気持ちよかった」
「頼んだ○○が安くて美味しかった」
「帰りの電車で隣に座った子供がかわいかった」
みたいな…。
念のため、感想につっこまれた時の回答もイメトレしておきます。
自分で台本を用意する感じです。もちろん、臨機応変にが一番ですが…。

陰ながら応援してます。

でくのぼう
でくのぼう
さん
でくのぼう
でくのぼうさん



文字数制限で御礼としてお返事出来ないためこちらに
書かせていただきました。
もう少し纏めたかったのですが、長くなってしまい申し訳ありません。

回答、拝読いたしました。貴重なご意見をありがとうございました。
 
まず謝らないといけないのかもしれません。

「両親」についてですが、正確には母と祖母と私の3人暮らしです。
父は離婚こそしていませんが、自身の両親の世話をするということで、
一昨年から遠方の実家で暮らしています。父はときどき電話をしてきて、
気が向いたら「どうだ、仕事は?」とか「何かやりたいことないの?
(私の内心:それは仕事として?字面通り?聞いて何になるの?)」
と漠然と聞かれるといった状況です。私にとってはこれさえも辛いことの
ひとつです。
また、恐怖の一因として両親ともに「何時どこで何が原因で怒りや
いらいらのスイッチが入るか分からない」のは昔から感じています。
私が鈍感なだけかもしれませんが。なので、「これをすると怒られる」
というのが上手く理解でき無いことが自動的に不安を助長するのかも
しれません。
例えるなら「地雷原を目隠しをして歩く」といいますか…。

次に「外出」に関してですが、全く引きこもっている訳ではなく、
日常的な外出はできているのかなと自覚しております。
実を言うと、過去に一度サポステと就労移行支援施設には相談に行った
のですが、恥ずかしながら結局通所にまで至りませんでした。
それから先延ばして今に至ります。
なので、「外出は出来るが仕事や勉学といった社会活動はおろか
足がかりとしてハロワやサポステに繋がるといった自分の人生に必要な
社会的な行動さえ踏み出せない状況である」が正しいのかもしれません。
これは自分の怠惰な性格や思考も有るので、両親からの苦痛を
感じながらも、同時に自己責任もあるので両親を批判できないでいます。
投稿してから読み返してみて、表現が少し大げさだったり、詳細でない
事で何か誤解を生じさせたかもしれないと反省しております。
不正確で申し訳御座いませんでした。

ご指摘のとおり、色々な人に謝罪することが多かったと思います。
なぜそうなったのかが自分でも分からずただただ謝っている自分しか
あまり記憶にありません。
 
「嘘をつくこと」についてですが、あまり得意ではないです。 
記憶が正しければ、過去に「お前は嘘をついてもすぐわかる」と
怒られたことが有ります。顔や態度には出易いのだと思います。
要領の悪さもからかわれました。

最初に母と暮らしていると書きましたが、母の仕事が介護職という
ことも有りシフト制で習慣が不規則なので、サポステやハロワに
行こうと思っても最寄りのサポステが遠距離というのも相俟って
初回面談の予約が取り辛いというのも有ります。
現在通っている精神科クリニックも、ホントはしたくないのですが母の
シフト表を盗み見て、隙を見て通っています。
(とはいえ母の扶養に入っているので知らない訳がないと思うのですが)

支離滅裂で長々と言い訳ばかりで本当に申し訳ございません。

ですが、貴重なご意見を頂けて嬉しかったです。

少しづつ他の方の回答にもお返事できるようにしたいです。

ありがとうございました。