近々カウンセリングを受けることにしたので、自分の心の中の,,,

りょうさん
回答数
3
りょう
さん

近々カウンセリングを受けることにしたので、自分の心の中の整理もかねて投稿します。たぶんどちゃくそ長いです。

ここ数ヶ月、両親との関係が冷えきっています。反抗期らしい反抗期を思春期に迎えなかった私からすると、過去最大の反抗とも言えるかもしれません。
最たる原因はやはり就活だったのでしょう。内定はあったのですが、色々あってすべて辞退。修論を書き上げられる自信がなかったこともあり、来年も学生をすることになりました。

5月の半ば、どこからも色よい返事をもらえない中、就活生の半分は内定をもらっているなどという報道を聞きながら、親とも内定もらえたらいいねと言っていたところからお祈りされました。
お祈りを受けて親には「落ちたしとりあえず酒でも飲むわ」と冗談交じりに文章で伝えたつもりでした。でもそれはうまく伝わらなかったようで。「お酒を飲んで忘れるのは違うと思う」と母からの返事。
母からしたら心配から出た言葉だったのでしょう。ですが私にとっては違いました。わたしはただ笑い飛ばしてほしいだけだったのに。まるで私がアル中かのように(実際そうなのかも分かりませんが)、言われてすごく裏切られたというか、そんな風に見られていたんだな、と自分に失望しました。そして親との連絡をひと月ほど絶ちました。
その後、先にも書いたように内定をいただいたこともあり、このことは水に流し(たことにし)て、再び親とは連絡を取るようになりました(それでも両親の前では飲酒をしていませんが)。
そして先日、留年をすることについて親と相談をしている中で、これ以上就活等にお金を割くのは難しいと言ったところ、父から「金を理由にするのはやめろ」と叱られました。そこまでなら良かった。「お前にはこれまでたくさん投資してきたんだ。将来はお前に養ってもらうつもりだからな」と続けて言われ、思わず思考が止まってしまいました。まさか自分の親からそんな言葉が出てくるとは。正直信じられなかった。
そしてまた別の機会には母から「今年はあんまり就活真剣にやらなかったでしょう?」とも言われました。就活のためだけに学部生時代の貯金をほぼほぼ使いきったのに?研究も何もかも二の次にしてあちこち飛び回ったのに?あれだけ実家にも帰って色々と話をしてたのに?両親はきっと最後まで自分の味方でいてくれるだろうという儚い幻想は脆くも崩れ去りました。
とてもとても悔しかった。そこで言い返せなかった自分が。親にそんなことを言わせた出来損ないの自分が。そしてそれからひと月半ほどこちらからの積極的な連絡は再び絶っています。
最近は親に言われたこともあり、公務員試験に向けて勉強しています。ですが、試験のためだけの勉強は、受験生だったころよりはるかに苦痛でやりがいなんて微塵もありません。そもそも、自分が公務員になりたくて勉強してるのか、親に言われたからそれに従ってやっているだけなのかもよくわからなくなってきました。
最近はよく眠れないし、机に向かっても全然集中が持続しません。毎年のことですが、夏休み中は特に虚無感が強いです。死にたいと思うこともあるけれど、そこまでのバイタリティもありません。せいぜい生きたくないと考えるくらいです。
そんな中でここや他のサイトなんかを見ているうちに自分はACと呼ばれるものなのではないかとも考えるようになりました。心理テストよろしく、特徴を言われるとよく当てはまるような気がするのです。一方で他の方ほど重大なものではないし、私ごときがそんなふうに自認するのは違うのではないかという気もしています。
自分は何者なのかという答えのない問いを馬鹿正直に考えてしまい、自分には何が出来るのか、何がしたいのかなんてことばかり考えてしまいます。でも、昔からメタ的な自分が「こんなこと言うのも、みんなからそんなことないって言われたいからだろ?」と問いかけてきます。実際そうなんだろうと感じて、そうした点も辛いです。
私も他の人みたいにもっと適当に論文書いてそこそこの企業入って、可もなく不可もなくみたいな人生送りたかった。こんな風に迷宮に入り込みたくはなかった。
親と話さなきゃいけないってのも分かっているのですが、親と向き合うと言葉より先に涙が出てきてしまい、何も伝えられないまま拒絶の言葉ばかりが口をついてしまいます。
もっと理解してほしいとも思うし、もっと放っておいてほしいとも思います。

また考えがぼやけてきてしまったし、やはり大分と長くなってしまったので、ここまでにします。
どうしたらいいんでしょうかね。

つぶやき

回答一覧

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

呟きに失礼します。

休学中の親元離れて暮らしてる大学生とパートで働いてる子供がいます。
親元離れて暮らしてるのなら、たまーにしか連絡とらなくてもいいし、もう大学生、成人もすんでるんですから、思っていることや現状をなんでもかんでも親に話して理解してもらう必要もないんですよ。
必要最小限、伝えたいこと、伝えないと便宜上困ることだけで。

それに親も「ただの人」であって、嫌な部分、自分の手の届かない大人になってくる子供を受け入れられない部分、が出てきてしまう人がいます。
それがあなたから見えるということは、それだけあなたが大人の視点を持つように成長してきた証でもあるのかもしれません。

いずれにしても、それらが、親から精神的に自立していくって行程ですから。
必要以上は、どんどん親御さんとは距離を置いていく方が、ご自身が自然に本能的に求めている、より精神的に健全なことなんですよ。
そして、子として、そうすることにちょっぴりの親をぞんざいにするのではないかという罪悪感はつきものですが。
大丈夫です。この時期距離を置くことは、人を見捨てるのとは違います。
この時期を越せれば、親がよほど酷い人でない限り、適度な大人どうしの敬意あるお付き合いが再構築できるようになります。

これが自然な子供の自立の形態なんですよ。

質問者のコメント

ありがとうございます。
自立…そうですね…それでも未だに経済的には親から逃れられていないのがジレンマです。学費や生活費を出してもらっている以上、親の期待を裏切ってはいけないのではないか、親の意見を尊重せねばいけないのではないかと考えてしまいます。
あまり一人暮らし先でコミュニティに馴染めず、親と連絡を取り続けてきたことも原因なのかもしれません。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

カウンセリング、この文面で大丈夫だとおもいます。
よーくつたわりましたよ。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

経済的な自立よりも、精神的な自立の方がさきにできた方が順序としてはいいんですよ。

精神が自立してないのにおやの保護下から完全に切り離されるのは生活面で危険ですし、本来は、親と同居中でも、親と距離を置くことはなされなければならないんです。
親が意識して少しずつ大人扱いして突き放すようにしたりしてくれない場合は、子供の方から、距離をとっていくようにしなければならないシンドイケースもあります。衝突や親の圧しが強く感じたりすると思いますので。