自分は心療内科と精神科に通院している。 心療内科では、精,,,

ぺん助さん
回答数
4
ぺん助
さん

自分は心療内科と精神科に通院している。
心療内科では、精神薬は薬事法の関係で処方できないと言われ、過敏性腸症候群の薬だけいただいている。
内科系の薬しか処方できません!と言われた。
精神科には、もろもろの精神疾患で通院して、精神薬を処方されている。

でも、ここ、メンヘラjpと出会ってから、心療内科でも精神薬を処方されている病院があってビックリした。

精神科と心療内科の違いって、何なんだろう?

心療内科は精密検査しても、カラダそのものに異常がなく、心理テストも受けて、その結果、心理的な影響がカラダの不調に現れる。
という説明を受けたが、いろいろな方の体験談や相談を読む限り、そこまで厳格に一線を引いている医療機関が、逆に珍しいことに気づきました。

単なる気づきと発見のつぶやきです。

つぶやき 過敏性腸症候群

回答一覧

ぺん助
ぺん助
さん
ぺん助
ぺん助さん

みなさん、ご回答ありがとうございます。
自分が通院している心療内科は、大学病院の心療内科なので、個人の開業医よりも、より専門性の高い治療を行なっているのでしょう。
学会での論文発表や研究内容の発表など、厳しいですからね。

心療内科の医者からは、ハッキリと、
「内科系の薬は処方するけれど、精神薬は薬事法の関係で出せないよ。だから、精神科と連携して精神疾患と共に治療していきましょう」
と言われました。
だから、心療内科で受けた心理テストは臨床心理士が分析し、今通院している精神科と情報を共有しているのですよ。

また、通院している精神科に、心療内科で処方されている薬は出せないのか?と質問したところ、
「処方箋は書けるけど、症状の変化への対応や治療はできない」
とも言われました。
ここも、精神科でも医者が10人ぐらいる大きな病院です。

厳格には、心療内科と精神科の線引きはしていないと書いていらっしゃる方もいますが、大きな規模の病院では、役割を医者が把握し、診察、治療を行なっています。
また、自分の場合、心療内科に通院したキッカケは、
「心理的な要因の身体の不調は、消化器科や内科では治療できないから大学病院に心療内科に行ってみたら」
という、個人の開業医の消化器科の看護師の勧めからです。

開業医の内科でも、精神薬や睡眠薬を処方していますが、処方箋依存が助長されるということで、今、大きな問題になっています。

心療内科とは、精密な検査をしても、内科的には機能的な問題はないが、心理的な要因で身体に不調をきたしている患者を診察、治療すること。
という説明を受けました。
なので、内科や消化器科、胃腸科では処方しない薬の処方で過敏性腸症候群の治療を受けています。

医者の意識の問題なんだと、みなさんのご回答を拝読し、思いました。とても、参考になりました。

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

私も読んで、不思議に感じたので書かせてください。
最初精神科に通ってて、そのあと心療内科に通ったとかでしょうか?
二ヶ所同時に通ってたら精神薬は片方でしか処方できないかもしれませんが(ODや変な使い方したいがためだけに薬貰いに病院回るような人たちがいるせいです)、一ヶ所に絞りたいですよね…。
逆に、精神科で過敏性腸症候群の薬は出してもらえないのでしょうか。
最近は、内科でも軽い安定剤や睡眠薬を出してくれるところが増えてるので、出せないってことはないと思います。
なので、何か事情があるんだと思います。
あと、精神科と心療内科の違いについて以前他の方の投稿があったので、貼っておきます。お役に立ちますように。
https://menhera.jp/qa/3316

ぶぶお
ぶぶお
さん
ぶぶお
ぶぶおさん

つぶやきに失礼します。
私は心療内科に通っていますが、先生が「心療内科は実は精神科です。『精神科』と掲げると患者さん来なくなっちゃうからあえて『心療内科』って言っています」とおっしゃっていました。

先生によっても解釈が違うのかもしれませんが、ここまでハッキリ言われるとやっぱり医者も商売なのかなあと思ってしまいました。

ユーザー3611
ユーザー3611
さん
ユーザー3611
ユーザー3611さん

こんにちは。

仰る通り、厳格には引いてないと思います。
精神疾患発症率増加や認知症患者の方の受診など、全体的に受診率が増加し、その対応が分担して出来るほどお医者様が足りてはいないことが1つ考えられます。

他に、経営の面もあるかもしれませんね。

気になったもので、こちらのつぶやきにコメントさせて頂きましたスミマセン。