勤務先でパートナーが仕事にストレスを抱え、一緒に暮らす相,,,

浦中 習さん
回答数
2
浦中 習
さん

勤務先でパートナーが仕事にストレスを抱え、一緒に暮らす相談者のわたしが不安になっていること。

お久しぶりです。再び、わたしのパートナーについて、相談させてください。

同居しているパートナーのは、若手が次々と辞めていく、聞く感じでは、ブラックな勤務先に残って、働いているようです。守秘義務があって、細かい話はありませんが、大まかな話では、勤務先の人員が減っています。新しい企画が始まってから、残業ざんまい。わたしや、遊び仲間でもある本人の元同僚たちが聞くところ、パートナーに責任がないと思われるのに、上司はパートナーに難癖をつけることを言うことがあるようです

それ以外の上司の言葉には、
「仕事が順調にいかないのは、お前が悪い。予定がうまくいかないなら、どうして遅れてる件のほうをを相談しないんだ!」というものも、ありました。この言葉にパートナー自身は、「いつも自分が早めに相談できていないから、自分が悪いと自己嫌悪になる」と言っています。しかし、元同僚たちは「上司は浦中さんのパートナーと働きだして、もう数年も経ってるはずですよ。パートナーの仕事の仕方も分かってないといけないのに、的確に指示を出し、仕事を管理できないのは、おかしいでしょう」とおっしゃってました。わたしも元同僚の人たちのいうことは、もっともだと思ってます。

以前の相談で、パートナーの睡眠に関することを相談しました。実は、勤務先でのストレスもあったようで、うまく眠れなかったようで。本人はメンタルクリニックにもかかって、薬も出ていますが、薬が効いているのか、効いていないのか分からないようです。

こんな様子のパートナーに、わたしも不安になってしまい、イライラしてしまうことも、少なくありません。わたし個人の問題ではないのですが、一緒に暮らしている人のことで、わたしは不安になりますし、そのことで暴言を吐いてしまうこともあり、本人にこれ以上のダメージを与えないよう、家を出ていこうと本気で考えてもおります。

それでも、どうにか力になりたいと考えました。以前の相談時よりも、今は調子がよくなり、家事をスムーズにできるようになり、取り組んでいます。また、自宅警備員のわたしは、自分も仕事をしようと、資格取得の勉強をしたり、書類をつくって送ったり、しています(最初の選考で落ち続けています)。

また、パートナーに対して、上司の言動がひどくなって、パワハラ化したときの対処法、転職サイトのことを調べるとか、転職に繋がりそうなイベントも調べて、教えています。しかし、それもそれで、精神的にいっぱいな状態の本人には、よくないんじゃないかと、困っている状態です。

わたし自身がお世話になっているカウンセラーさんにも相談しますが、
「ストレスや不安は、原因を取り除かないと、継続するでしょう。浦中さんも、周りの方も、ご本人も、よく頑張っておられると思いますよ」
と言われれました。

相談者のわたし自身にできることは少なく、また精神的に不安定なところが、まだまだあります(再開したカウンセリングで、心にこびりついたトラウマや、認知の歪みと向き合っている状態)。

こうした同居人のわたしが、パートナーにできることは、ほかに何があるでしょうか。近い感じの人がいらっしゃったら、教えてもらえると、とても助かります。

相談 仕事 不安 サポート

回答一覧

ユーザー3611
ユーザー3611
さん
ユーザー3611
ユーザー3611さん

こんにちは。

私は現在自宅警備員で、自分の経験談を話すことは出来ないのですが…(出来ないのにコメントしてスミマセン)

コラムのほうで、同じテーマを取り扱っている方を見つけたので、ヒントがあればと思い、ここに置いておきますね。

https://menhera.jp/725

加えてですが、パートナー様の通うメンクリの先生とも今後どうしたほうがいいかお話することも手段の1つとして考えてもいいかもしれません。

相談者様もパートナー様も一生懸命生きていることが伝わってきました。お二人が穏やかに生活が可能になることを願ってます。

質問者のコメント

読みたかった情報のURLを教えてくださいまして、ありがとうございます。愚痴を上手に聞けるようになりたいと願い、ご紹介いただいたページを読んでいます。返信が長くなるため、続きます。

浦中 習
浦中 習
さん
浦中 習
浦中 習さん

ぴよすけ様

(お礼のつづきです)
わたしは、生い立ちがよくない感じで、どうも、イライラしなくても、反射的に喧嘩腰のコミュニケーションになっているようです(周りから指摘されている)。

自分でも苦しんでおり、カウンセリングで認知の歪みと向き合っていますが、パートナーの落ち込んでいる時にも出てしまいます。相談の暴言がそれで、狭い室内でも、距離をとろうかとしていました。

教えてくださった先の、予定が崩れたときのお願いとして、暴言を吐くかわりに、やってみようと思いました。

パートナーの主治医、カウンセラーとは付き合いが長いようです。薬の効き目、カウンセリングで、本人は「効いてない感じだ」と言っていましたので、本人も病院を変更したいようです。

そこれへんの様子をおしはかりながら、サポートできるところはして、もうしばらく、そばに居ようと考えました。

最後に、一生懸命、わたしたちが生きていると言ってくださって、少し、心が楽になりました。感謝しています。ありがとうございました。