会社で、メール?チャット?のカウンセリングが始まりました,,,

るいこさん
回答数
2
るいこ
さん

会社で、メール?チャット?のカウンセリングが始まりました。
悩みの内容に応じて保健師や心療内科のスタッフさんが1日1回~2回、投稿した内容に対して返信をくれます。
人には言えないような悩みを話せる場があるというだけでも感謝すべきなんですが、カウンセラーの男性からの返信がほぼほぼコピペを多用したであろう反復法ばかりです。
「〇〇について悩んでいます。苦しいです」に対して、『〇〇について悩んでいるのですね。それは確かに苦しいですよね』といった具合です。
確かにカウンセリングの基本は反復法だとは何となく聞き及んでいましたし、カウンセラーの方は相談者に「こうしたら良いですよ」のように明確な指示は出せないのかもしれませんし、反復することで「この人はちゃんとこちらの話を聞いてくれているんだ」のように相談者を安心させることにもつながるとは思います。
カウンセリングを通して自分のことを人に話す→人に話すという行為は自然と相手にわかるよう順序だてたり言葉を選んだり詳細に話したりするからそこから自分自身の気持ちの整理にもつながる→解決方法がおのずと見えてきて自らの選択して快方へ向かう といった流れなのかもしれません。
わたしがカウンセラーの方に求めているのが明確でありわたし自身も心底納得できるような人生の歩み方なので、カウンセリング自体が向いてないのかなとも思います。
だからこそ、心療内科に通ってはいるものの薬をもらうだけにしています。

他者に人生を決めてもらおうというACの娘のテンプレのような考え方が嫌で仕方がありません。
カウンセラーの方への返信はこちらの都合でよいとのことなので、一旦返信をとめています。

相談 カウンセリング

回答一覧

C
C
さん
C
Cさん

僕ならオウム返しされたら正直な反応は「なめてんのか?」です。

うさぎ
うさぎ
さん
うさぎ
うさぎさん

私も、オウム返しのカウンセリングに大金を払い続けました。
もちろん何一つ良くなりませんでした。強いて言えば薬で気分が悪くなり。
精神科にかかった時は、医者の命令で離婚させられた人もいました。
人の人生をそんなに簡単に左右してよいのか、未だに疑問です。