自傷行為について、もっと正しい理解が広まればいいのに。 ,,,

ダメじゃないさん
回答数
2
ダメじゃない
さん

自傷行為について、もっと正しい理解が広まればいいのに。
人に迷惑かけないように自分の体に向けてストレス発散しまうとか、ストレスや心の傷の可視化とか、色々理由はあるけれども。
結果的に、なんとか自分の心を保つとか、守るための行為であることが大半だと思う。




伝えたいのは上記だけで、ここからは長い自分語りなので、興味ない方は読まなくてもいいです。
本当に不快にするかもしれません。
ただ読み進むなら、否定しないで最後まで読んで理由を知ってほしい。
ひっそりとリスカの写真を撮ってた時期のこと思い出したので書きます。(むやみやたらに毎回撮って、多数に向けて拡散とかはしたことないです)



私、一時期リスカを写真や動画に撮っていたことがあった。
「リスカしたら深く切れて血が止まんな〜い❤」とか「リスカきもち〜♩」とか「もぅまぢ無理…リスカしょ…しちゃった…」みたいな投稿する気持ちは、全然ないです。(その気持ちって、文面から察するに楽しい気持ちですよね?私リスカして楽しい気持ちになったことはないんだ)
私のは間違いなくストレス発散や、感情を抑えるためや、正気に戻るためとかのほうの類でした。

別に誰かに見せたいわけでなく、リスカしたい時に自分で見て落ち着くため。
ああ、本当はこんなに私傷付いているんだって、傷が治ると忘れて繰り返してしまうから。
擬似リスカ。
それ見ることで少し落ち着いたり、リスカしなくて済んだこともあったと思う。(人によっては思い出して更にリスカしたくなることもあるらしいので、お気をつけて)
私だって、傷付けなくていいなら傷付けたくはなかった。
世間的によくないことだとは言われずともわかってたし、辞められるもんなら辞めたかった。(辞めろって言う人、辞めれるもんなら言われずともとっくに辞めてるよ!?とも思ってました)
その努力の中の、ほんの一部。

ただ、「この人には私がこれだけ傷付いてるってわかってもらいたいし、わかってくれそうかも」って少数の人には、本当に迷惑な話だろうけど、こっそり写真とか見せてしまってたと思う。
相手の気持ちを考えていなかった。本当にごめんなさい。
当時の私は本当に言葉が下手で、何がストレスなのか他人に上手く説明できないし、しばらくは自分でも具体的に理解できていなかった。
ただ、
「私は今まで平気なふりして明るくわがまま言わないいい子で我慢してきたけど、本当はこれだけ傷付いきたんですよ!!そしてまだこんなに傷付いてるんです!!!!」
って心の傷を理解してもらいたい気持ちがあったと思う。
そこから先どうされたいとかは考えてない。同情や心配されたいわけではない。
ただ知ってほしかった。
心の傷は目に見えないし、心の叫びは耳では聞こえないから。

当時訳あって母親(八方塞がりの一方を塞いでた原因)は家にいなかったので、リスカし始めの小〜中学生の頃、父親に手当てをしてもらっていたこともあった。
「お父さん、切っちゃった(私こんなに苦しいんだ)」って。
父は悲しんだけど、否定はしなかった。
親からしてみれば、自分の身を切られるよりずっときつかったと思う。
私は人の親ではないけれど、大人になってから、やっと少しずつ大人の気持ちもわかってきた。

「でもお父さん、助けてほしい時に助けてってずっと言ってたのに助けてくれなかったから、今こうなってしまったんだよ」って責めたい気持ちも確かにあった。
父は父で見て見ぬ振りや放置系の毒要素はあるのだけど、母ほどバカではなく、世間的には高学歴だし賢い人だから、身をもってわかってくれたと思う。
理解できる範囲だけでも。

そのうちだんだん手当ても自分で勉強して、完全セルフで上手くできるようになりましたけどね。
早く綺麗に治れば、また切れるし。(傷のないところを切りたい派だったので)


だから、私はリスカの写真撮る人全般を否定はできない。
苦しさを自分のブログや鍵垢にアップすることでおさまる気持ちも確かにわかる。
(不特定多数に見られて心配されたり同情されたい目的やファッションリスカの人たちは、リスカは跡残るし効率的ではないので、もう少し他のやり方を見つけてほしいですけど…)
あとたぶん、誰かに止めてほしい気持ちもほんの少しあったかもしれない。
自分ではもう、悪いことだとわかってるのに、止めたくても止められないところまできていたから。

思い出して文字にして、たくさん泣いたらすっきりしました。
読む側にとっては苦痛だったかもしれない。
苦しんでた昔の私、長いこと蓋をしててごめんな。

つぶやき 自傷 リスカ 肯定派

回答一覧

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

あと、許されたかった。

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

あと、自分を罰するための行為に変化していったりもした。
リスカしたい理由ってたくさんあり過ぎて、変化もしていくし、今でも全て言語化することはできない。