あらゆるものが羨ましく見えます。 楽しそうな人やイベン,,,

ちささん
回答数
1
ちさ
さん

あらゆるものが羨ましく見えます。

楽しそうな人やイベントを見ると羨ましくて羨ましく死にたくなります。
友達に席を取ってもらう人、身内の飲み会、綺麗な服、季節もののイベント、なんでも羨ましく見えます。

見れば見るほど羨ましいのですが個人的に「羨望」「嫉妬」がこの世で最も嫌いな感情なので自己嫌悪がどんどん進んでいきます。

きっと楽しそうな人だって裏では頑張っているんだろうし自分があらゆる面で恵まれているのはよくよくわかっていますがそれでも羨ましくて羨ましくて仕方ないです。でもいざ目の前にあると「似合わない」「私なんか」と気がひどく引けてしまい「いいや」ってなってしまう気がします。

我ながらめちゃくちゃわがままだなとは思うのですが上手にコントロールできません。くやしいです。

相談 つらい

回答一覧

C
C
さん
C
Cさん

僕もよく嫉妬します。目の前に対象がある時より、むしろ妄想的に嫉妬に狂ったりします。

焼け石に水程度の話ですが、嫉妬で苦しい時はいままで自分にあった幸運を思い出したりします。もう少し具体的いうと、自分が嫉妬してる相手、状態のような立場に自分がいたことはなかったか、と思い巡らします。

例えば、席を譲ってもらえる人に嫉妬している時は、自分が10億円の資産を持っていることを思い出しても嫉妬は消えないと思います。自分も過去に席を譲られたことはなかったか考えます。ないのなら、何かを親切に譲ってもらったことはなかったか、と考えると、1つ2つはあると思います。なかったらそれまでですが笑

その時、どう感じたか、どう良かったかのリアルな感覚を思い出します。そしたら、そこに大した感情なんてないことがわかると思います。それを得られた時はそんなことなくても平気に感じているような。

僕は今友達いないんですが、目の前で素敵な人たちを見るとうわーってなります。必要なら逃げます。

でも考えると、自分はいい友達がいたことがあります。その時どう感じたか。この上ない幸せに身震いしたか。そんな時もあったにせよ、いつもリアルな感覚は「そう単純じゃなかった」というのが本当のところじゃないでしょうか。

参考になれば幸いです。

質問者のコメント

自分が「何か」を持っていた頃の記憶を引っ張り出すのはとても素敵な案だと思います。持っていたのは友人数名程度ですが少し気が紛れたような気がしました。

最近では持っていないものに対して羨ましいと思うようになってしまったのでコミュニティやツールから距離を置くようにしています。

この先どうなるかわかりませんがなんとか生きてみようと思います。
ありがとうございました。

HOTワード

現在ホットワードはありません