私は現在高1の、美大芸大を目指しています。 最近鬱だったり,,,

さん
回答数
3

さん

私は現在高1の、美大芸大を目指しています。
最近鬱だったり精神的に不安定でとにかく落ち着かない状態です。

私は中学1年の頃から鬱病で、家族には治ったように見せていますがなんだかんだで引きずっている状態です。ちなみに中学1年から3年までは不登校でした。

一応医師からは鬱病と診断されていますが、実際のところ躁鬱っぽかったりなんだかよくわかっていません。

そこで本題なのですが、私は最初に書いた通り、芸術系をめざしています。
私のなりたい芸術家の理想像では、芸術家とは変人だったり精神的に繊細な人のイメージがついています。
ですので私は芸術家に憧れるあまりに、あまり良くない言葉かもしれませんが、本当の鬱病などに加え、ファッションメンヘラっぽくなってきてしまっています。例えば最近ではビビりな私がろくに深くも切れないリストカットをしたりなどです。(もう本当にビビリでミミズバレから血が少し出た…のか?という程です)ただ、自分でも自分の気持ちがよく分かっておらず、本当に切りたくて切っているのかもしれないと思う(思い込む)こともあります。

そこで皆様にお聞きしたいのですが、これって皆様から見てファッションメンヘラですか?それとも鬱病などの悪化でしょうか。

また私のような思考はどう思いますか?
気持ち悪いだとか、本当に苦しんでいる人だっているのにそういうのに憧れてるのはムカつく、など、何でもいいので、率直な素直な意見や感想をお聞きしたいです。

もうよく分からないお悩みですが、是非コメントをよろしくお願いします。

つぶやき 鬱病

回答一覧

774
774
さん
774
774さん

はじめました。以降の文章は個人的な感想であって、一般論ではないことを、あらかじめご了承ください。(加えて長文です)
また葉さんを傷つけるような文言があれば申し訳ありません。

当方しがない美術大学卒のメンヘラです。(専攻はアートでなくデザインでしたが)
美術系の大学にはいろんな人がいたり、おもしろい講義があるので、視野が広がってよいですよ。個人で触ったり用意するのが難しい機材等もありますしね。
絵の受験勉強中は、特にひどいスランプにハマったり(先週まで高評価だったのに次週にはだめだめになっているなど)、とにかく大変なこともあると思いますが、どうか頑張ってください。
余談ですが、芸大受験を題材にした漫画のブルーピリオドは結構おもしろくてお気に入りです。

ご存知であるかと思いますが、まず病んでいない芸術家・表現者もたくさんおられることを前に置いておきます。ストイックな方はデザイン方面も含めかなり多いと思いますが。
有名な画家を例に、作品を一見するとルドンやベクシンスキー、日本なら石田徹也の作品はいかにもな雰囲気はあります。
ですが画家本人は内向的ではあれども病んでいる、とはすこし違うように察せられます。(ゴッホやムンクはやはり病的な部分がありますが…)

その、理想とされる芸術家は、具体的にだれそれ、というのはおられるのでしょうか。
おられるなら自伝やインタビュー、その作家について書かれた文献などを読まれるといいと思います。
具体的にいないのであれば、内面の表現というと比較的近代の美術史や作家(ポスト印象派というか、写実主義以降)に触れると良いのではないかと思います。(絵画の話ですみません、他はかなり疎いもので…)
目に見えやすい「病んでいる、変人」の表層だけなぞっても、芸術家を目指す人が得られるものは少ないと思います。
なぜ自傷や破滅的な行為に至りなお、芸術や表現活動を続けるのか、そこが本質だと思います。

私の知覚する範囲ですと、病んでいるとされる芸術家は、病みきってしまわないように、絶望にとらわれて身動きができなくなるのに抵抗して、表現活動に打ち込むイメージが強いです。
「泳ぐのを止めたら死んでしまうマグロ」ではないですが、創作し続けることで絶望や虚無をなんとか昇華しているのではないでしょうか。(これは全くの偏見です)
ただ「病んでいなければそれはもう表現者としての自分ではない」というようなことを仰るアーティストはたしかにいらっしゃいますし、精神が安定してからは作品に緊張感がなくなったと評価される方もいらっしゃいます。
ですが、身も蓋もないことを言うと、商業として芸術の世界に足を突っ込むならば、「完全に」病んでいると、基本的に自力で食っていけないと思われます…。

「病み」をセルフプロデュースしている部分がある作家も当然います。
わざと奇抜な格好や行動をして変人を装っていたダリは代表ですね。(それはそれで努力と才能です)


最後に、ファッションメンヘラについてですが、メンヘラにファッションもなにも関係ないと私は思います。
本人が生存にあたって困ってるかどうかです。困ってないのに困ってるふりをするのも、自分でどうにもできないなら、なにかしら問題を抱えてるのだと思います。うつ病とは限りませんが。(うつ状態が出る病気や障害は精神系にかかわらずたくさんあるので…)

このサイトに掲載されたファッションメンヘラについての記事URLも貼っておきますね。ご一読されると良いかもしれません。
・ファッションメンヘラは「メンヘラ」なのか?
https://menhera.jp/5450
・私は「メンヘラ」なんですか?ファッションメンヘラという言葉について
https://menhera.jp/5458

長々と失礼いたしました。葉さんがこの駄文からなにか得るものがあれば幸いに思います。

犬田
犬田
さん
犬田
犬田さん

こんにちは、芸術というワードに惹かれ筆をとります。率直に感じたのは、他人の気持ちを考える優しさです。故に自分がよくわからんと混乱しているのでしょうか。

リスカはいけないこと→芸術家に憧れているせい?→ファッション偽物勘違い→だからリスカなくて平気→の筈がやめられない→芸術家の精神面に近い?→の考えは誰かを傷付ける→そんな自分がもやもやもや

憧れて切ったんじゃない、ファッションではなく辛い、平気でもない、傷付けたくない。鬱が治らない。芸術が好き。これはあくまで私の思い付きで、葉さん自身にもっと心内が押し込まれてるかと思います。長い感想ですがお役に立てれば幸いです。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。

確かに自分自身、自分の考えが上手くまとめられてなくて混乱しているんだと思います。私の拙い文章から私の言いたいことが綺麗にまとめられて驚きました。

自分でもなかなか気づけなかった感情を教えて頂いてありがとうございます。
それから、優しさとか色々と言って頂いて本当なのかどうかは置いておいても嬉しいです。本当にありがとうございました。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

私もメンヘラですがリスカはありませんが、娘がリスカするメンヘラです。

リスカはファッションじゃないと思いますよ。
そうしないと居られないから、そういう衝動わき起こってくるものだそうです。
「しないで」って言われると余計に辛くなるものらしいです。

どうか自分を責めずに、病院やお薬の力を借りてでも、穏やかによい変化できるといいですね。