大学入学してから入ったサークルの指導者と性格が合わなくて,,,

瀬戸さん
回答数
0
瀬戸
さん

大学入学してから入ったサークルの指導者と性格が合わなくて、大学2回生の頃に大学祭で模擬店出店をする際の代表を務めたが、指導者に会う度に文句しか言われなくなった。鬱病診断された後に人から言われて初めて自覚したのだが、どうやら私は完璧主義の気があるようで。指導者に文句を言われるのがたまらなく嫌だった。文句を言えなくなるくらいにしてやりたいと過去の反省点を洗いざらいにして、部員の負担も少なくなるようにして、きちんと模擬店を成功出来るよう努力した。結果、模擬店はトラブルなくきちんと出店出来たし、OGからお褒めの言葉も頂いた。成功と言っても良かったんじゃないかと思う。ただ、指導者は何をしても気に入らない人だった。今思えば「老害」と言ってしまっても差し支えない人だったのでは。周りはあの人の言うことは気にするなと言ってくれたが、私のした事に文句をつけられるのが本当に嫌だった。私のせいじゃないことまで責め立てられるのが我慢ならなかった。大学祭が終わってから、燃え付き症候群のようになってしまい、ベッドから動けなくなった。当然講義にも出られない。単位を落としまくった。流石にヤバいと思って、メンタルクリニックにかかった。割とあっさりと鬱だと診断された。
こんなに簡単に鬱になるんだと笑えてくる程だった。

それから2年経っている。サークルはとうの昔に辞めた。でも一向に改善している気はしない。相変わらずベッドから起き上がることは億劫だし、風呂に入ることなんて富士山登山くらいの気力がいるし、ご飯も空腹を感じないで済むのなら食べたくない。部屋は常にぐちゃぐちゃでうんざりする。現在4回生の後期だが、卒論は全く進まずに教授に迷惑ばかりかけているし、何ならまだ卒業必要単位に達していない。今年度で卒業出来る気が微塵もしないが、親からは今年度で卒業出来なきゃ許さないと圧をかけられている。ありがたいことに一応内定は頂けている。が、正直言ってあまり働きたくない。(卒業出来なきゃ就職も出来ないけどな。)

というかまずこれ以上生きていたくはないのだ。生きていても周りに迷惑ばかりかけているようなものだし、幼い頃から事ある毎に消えたいと泣く子供だった。基本的に生きるのに向いてない性格だと思う。将来に夢も希望もないし、結婚して家庭を築いて子供を産み育てて、みたいなことが自分に到底出来るとは思えない。自分は結婚しないと割りきれてしまえばいいが、人と自分を比べてしまう悪癖のせいで人並みに生きられない劣等感を抱き、ますます死にたくなる。もういっそのこと死んでしまえたらいいのに、臆病なせいで痛いのは怖いし死ぬのに時間がかかるのも怖い。今日も無駄に息をして生き永らえてしまったと日が暮れる度に思う。もう自分でもどうしていいのか、どうしたいのか、全く分からない。楽になりたい。楽になりたい。楽になりたい。

つぶやき 愚痴

回答一覧

回答がありません