私はずっと自分は明るくて前向きなんだと思ってた。小さい頃,,,

匿名希望さん
回答数
2
匿名希望
さん

私はずっと自分は明るくて前向きなんだと思ってた。小さい頃から、悲しいことがあれば一人で思いっきり泣いて解決していた。泣けば気持ちが整理されるし、自分で自分の気持ちをでなんとかできる強い人だと思ってた。
なにより弱い人だと思われたくなかった。勉強できて真面目な人って親にも友達にも思われてたし、そのイメージを壊したくなかった。

大学3年生の時に、特定のシチュエーションで声が出なくなった。朗読で全国大会出たことが自分の自慢であった私にはかなり応えた。放送部の練習で使い物にならなくなるのがとにかく一番辛かった。

その頃初めて「死にたい」と思った。そんなこと考えたこともなかった。
どうにかしなくちゃと思って大学の保健センターでカウンセリングを予約した。そして声の問題は自力で治した。

それから、「死にたい」と思うことへのハードルがぐんと下がって、簡単に死にたいと思う弱い自分が顔を出すようになった。
その頃にここを見つけた。死にたい時はここに相談して気持ちを整理することにした。
就活とかで落ち込んで「死にたい」と強く思う期間と、そうでもないけどふわっと死にたいなぁと思う期間が交互にやってくるようになった。カウンセリングには時々通った。

今は採用試験で実質不合格をくらって、教育実習はしんどくて、強く死にたい期間に入ってしまった。
でも朝は早く起きれるし笑顔で実習できる。人とも会話できる。そういう時は強い自分が、弱い人間と思われたくないから前に出てるんだと思う。
家に帰って弱い自分が出てきて死にたい言いながら泣きながら家事や課題をする。

でも誰にも相談できないししない。普段の実習は問題ないから。ここに相談するのを心の支えにしようと思ったけど、コメントが来ないのが気になるようになってしまった。私はふつうに実習できてるし病気でもないのに、欲張り過ぎる。

だから何か別の縋るものが欲しい。手首を切って見たらやっぱ痛いのだろうか。実習終わったら試してみようと思う。自殺の練習もしてみたい。練習だから大丈夫。

ここまで書いてみて、また頭が整理できた。朝ごはん食べながら、洗濯物干しながら泣いたりするけど、まだ実習あるから頑張りたい。学生のリーダー役だし。
人に自分の死にたい気持ちを相談しながら涙が出る。本当は誰かに頼りたいんだと思う。でもまだ大丈夫。壁に向かって話してるようなものだけど、ここに書いてるのもちょっとした代わりにはなる。

相談

回答一覧

匿名希望
匿名希望
さん
匿名希望
匿名希望さん

ミス→人に自分の死にたい気持ちを相談しながら

人に自分の死にたい気持ちを相談することを想像しながら

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

私も自分のことを同じように受け止めていたけれども。

読んでいて、問題が出てくる範囲が大きくなって、外でも発症して生活が破綻しないうちに、心療内科に相談したほうがいいんじゃないかな?と思いました。

私はそうなってからの受診でしたので拗らせて症状が酷くなってしまっていて、通常だったらこれくらいでよくなりますよ、と医師が言っていたよりも、数倍の治療時間を要してしまっています。

頑張りすぎないって、大事だと思いました。

質問者のコメント

まめさん コメントありがとうございます。確かに、だんだん問題の範囲が大きく、対処できなくなってることに言われて気がつきました。生活に支障が出てからがお医者さんの出番だと思ってたので、そうなる前にというのは新しい視点でした。大学のカウンセリングで病院で診てもらうことを相談してみようと思います。ありがとうございます。