希死念慮をお持ちの方に質問させてください。 たとえば、,,,

春馬さん
回答数
3
春馬
さん

希死念慮をお持ちの方に質問させてください。

たとえば、貴方が誰かに「死にたい」気持ちを打ち明けたとします。その時、彼らに何と返答されたら落ち込んでしまいますか?(打ち明けたくないと言う方もいらっしゃるでしょうが、あくまでも例え話としてなので、気を悪くなさらないでください。)
私は、幼稚園児の頃からうっすらと死にたいという気持ちがあり、小3の頃にはその気持ちが固まってきて、高校の時には未遂には終わりましたが、自殺を試みようとしました。
大学1年生の時、一時的に希死念慮から回復し、若干ハイになってた頃(希死念慮から解放されたのはこれが初めてでした)、仲の良いネッ友から死にたいと告白され、私は先程も申したとおり、辛い気持ちから一時的に回復しすぎてハイになっていたために「死ぬな。いつか私と会おう!」と酷なメッセージを送ってしまったのです。(自殺を試みた自分がなぜこのような酷なことが言えたのか…自分でもよくわかりませんが、長い呪縛から解放されたその反動による若干の躁状態だったからか、或いはもう自分には希死念慮など持たないという謎の自信がそのような状態の中で生まれたのか……或いは大好きな彼女に死んでほしくなかったからなのか…)勿論、後々私は自分の行動を酷く酷く恥じ、彼女に謝り、心優しい彼女は私の過ちを許してくれました。
1年経った今では残念ながら希死念慮が自分の影のように伸び縮みしながらも付き纏い、(寧ろ、以前より希死念慮の強さが増しました…)自分の存在と死の隔たりが薄くなってきているのを感じています。
私の場合ですが、仮に誰かに死にたいと打ち明けた時、私が過去に言ったような「死ぬな、生きろ」という言葉はとても苦しく感じます。(かと言って、「じゃあ死ねば?」って冷たく言われたいのかって問われれば……うーん、難しいところ……とても面倒くさい感情です…)逆に何と言われたいのかって問われればその日の気分にもよるので何とも言い難いですが、やはり「死にたいって気持ちを話も聞かずに否定したり、怒鳴ったり、説教される」ことをしないでほしいかなと思っております。あと、「そうなんだね」等と相槌や共感をしてくださればよりホッとしますが、流石にここまで完璧に求めるかと言われたら相手の負担になってしまいますし…。とりあえず、怒ったり否定されたりされるのがすごく苦しいです。(ハイになってたあの件に関しては今でも本当に申し訳ないと思っています)
他の皆さんはどう思われますか?希死念慮のあり方って様々なのだと思います。私がこうしてほしいって感じ方一つだけが正しいとは思えません。また、こういう言葉をかけてほしいというものもあればぜひ知りたいです。回答、よろしくお願いします。

相談 希死念慮

回答一覧

endo_echo
endo_echo
さん
endo_echo
endo_echoさん

こんにちは

傷つく、とは少し違いますが、私はありきたりな返しをされるのが一番嫌です。ただ深く失望するだけです。

「死んでは駄目だ」「そんな辛さで死ぬなんて」「きっとあなたは大丈夫だから」「生きることは素晴らしい」……etc

ウンザリです。ただひたすらに、打ち明けたことで無駄にした時間と、滑らかさを失い始めた場の空気に打ちのめされるだけです。
誰にも期待などすべきでなかったという確信だけが残ります。
そうなったが最後、相手よりもスマホの画面と向き合いたくなるのです。

私が、何度、自分の中で同じ言葉同じ内容を内省したと思ってるんでしょう?なぜすぐに思いつくような答えを、私が思いつかずにいたと思うのでしょう?

また、ナントカ相談掲示板だのによくいる「俺は~~な目にあってどん底だったけど今は~~だからお前も頑張れ」という輩は顔面が風船になるくらいにぶん殴ってやりたいものです。
私の希死観念を、「そんなこと」、と軽んじ自慢を始めるような下賤な輩はすべからく地獄に落ちればよいのです。

では、「死ね」だの「やってみろ」だのと言えば満足か?というとこれも違います。そんな反骨心をくすぐるような言葉で人生に立ち向かうことができるのは漫画家の中で美化された登場人物だけです。大抵は手が付けられないほどにひねくれるだけです。

浅ましい私が求めているのは、私の憂鬱の霧を晴らしてくれるだけの、素晴らしい答えを無条件でくださる、それこそ神様のようなものだけなのです。そんなものにすら成れぬのなら、そもそも他人の悩みなどに踏み込むべきではないのです。

だというのに、どいつもこいつも同じことを垂れ流します。
どこぞのクソババアが自殺はよくないだのあなたは大丈夫だのどこのどいつでも知っているような、毒にも薬にもならぬ駄菓子のようなセリフで他人を縛るのです。
そんな偉そうな阿保共が堂々と闊歩しているからこの世は嫌いなのです。

何も言えないのなら、力になれないと分かっているなら放っておけばよいのです。
希死観念を抱え込んだそいつが解決せねばならぬこと、で済ませてしまえばよいのです。
その場で思いついた、失礼にならない程度の言葉を投げてその場をしのげばよいのです。
誰かの力になれるなんて思い上がりも良い所です。

匿名希望
匿名希望
さん
匿名希望
匿名希望さん

私は「死なないでね」と優しく悲しそうに言われたとしても重荷に思います。ああ死んだらこの人が悲しんでしまう。だから生きるのが嫌でもしんどくても生きなきゃダメなんだ。と枷がはめられたような気持ちになります。死ぬか死なないかよりも、どの辺が辛いのかという話を聞いてくれた方が多分落ち着くと思います。

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

こんにちは。
私の場合は相手のキャラや自分の死にたいの強さにもよるので、
「しなないでー!」
って年下の友人にかわいく言われたら笑えて、少しだけ楽になったこともありました。(その時はしんどい・つらい・疲れた等の意味での死にたいだったからですが…)

私も嫌だと感じる対応は春馬さんと同じく、死にたいと思った理由や経緯も聞かず頭ごなしに
「バカなことするんじゃない!!」
「親からもらった命を大事にしろ!」
等の否定する言葉がきついです。
特に後者はやばいです。
「親のためにここまですり減らしてきたんだ、最期ぐらい、自分の命を自分のために使わせてくれ!!」
と思い、死にたさや苦しさが加速します。
「そんなこと言わないで」
も、相手が聞きたくない言葉を言ってしまった罪悪感から、更に苦しくなります…。
「生きてればいいことある」
これは最近私も使ってしまいがちですが(実際今は自分がそう感じること多いので)、そもそも未来が見えない、未来を生きるのが嫌で死にたい状態の人にはただの拷問ですよね。

ちなみに、過去に言われて特に気持ちが楽になったのは
「それは死にたくなって当然だよ、よく生きてきたね」
と自分の辛さを肯定されたり、
「生半可な気持ちでできる自殺方法ではない。本気で死のうと思わないとここまでできないです」
と救急の医師に言われたことです…(今までのがんばりを認められた気がしました)