私は高校二年生17歳です。 両親は私が3歳くらいの時に離婚し,,,

ボラさん
回答数
2
ボラ
さん

私は高校二年生17歳です。
両親は私が3歳くらいの時に離婚しました。
母の方で暮らしていますが、お金にも全く困っていないし、不自由ない生活を送っています。私は一人っ子で母はすごく過保護です。そして偏った考えをもっています。
私は死にたいと言うことが見え隠れしています。忘れている瞬間は何も思わないけど、1日の終わりに冷静になる時間や、辛いことがあったりすると死にたい気持ちがよぎって、実際に3回ほど死のうとしたけど死ねませんでした。わたしには勇気もなければ何もありません。死にたいことを口が裂けても母に会えません。なぜならそれが母を死にたくさせてしまうからです。全てがめんどくさいです。高校生なので1人では母に秘密で病院も行けません。なので死にたいです。解決の道はないのだと思いました。もういいと思っています。趣味はあるけどそれを思うたび自分への劣等感が大きくなって涙が出ます。どうしたらいいでしょうか?助けてください

相談

回答一覧

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

こんにちわ。
お母さんを頼れないんですね。。。
お母さんも何かの生きにくさが出てらっしゃるようですね。
それは大層お辛い状況と思います。
生きやすさってお金の問題ではないんですよね。

そういう状況でしたら。
セルフケアの方法をお調べになって試してみられるといいかもしれませんね。
かくいう私も親が十分に助けてくれない環境で育ったアダルトチルドレンです。

50才になってようやく生きにくさの原因を知ることができて、自分自身をセルフケアするようになることで生きにくさを克服するべくもがいているところです。

親が十分に助けてくれない家庭のことを機能不全家庭というのですが、そういう家庭で育つと親や周囲の気分ばかりを気にかけて成長しなければならず、本来自分の感じているモノのある内面に向けるアンテナが少なくて、外側に向けてのアンテナばかりが多くなってしまって、自分がお留守になってしまうことで歪みが大きくなって思春期辺りくらいから生きにくさが吹き出してくるようになるそうです。
そういうアンバランスなアンテナの情況のことを「自分の軸がない」というそうで。

私の主治医がそういう人のセルフケアの方法を教えてくれたので後からコピペしてみます。
私は拗らせて気分循環性障害という病気になってしまいましたが、お薬の力で気分の振幅を調整しながら、このセルフケアをして大分過ごしやすくなっています。
参考になったら幸いです。

アダルトチルドレン、自分の軸、機能不全家庭、、、などという項目でググってみるともっといろんなヒントが得られると思いますよ。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

それから、大きくなって自分で保険証の管理ができるようになったら、カウンセリングや心療内科にいくこともできます。
その年齢から成人まではあとほんの少しです。どうか持ちこたえてください。遠くからですが応援しています。私の息子も娘もメンタルを患っていますので他人事ではなく感じます。

以外、主治医の言葉です。

「自分の軸がない」ということについて。
本当の本当の自分は心の奥底で、感じている何かがあるんだけれども、それを察知してあげるための内側に向けるべきアンテナが少なくて、外にばっかりアンテナがたっていて、外の状況にばかり振り回されてしまう状態のことです。
そうなると、自分がおろそかになるわけですから、当然無意識に不満が貯まっていってしまい、いろんな形で吹き出してきてしまうんだそうです。

私の主治医は「自分が感じていることを拾う練習」を勧めてくれています。
趣味や散歩を自分一人でやって、その時、自分自身が感じていることを意識を集中して味わうというものです。
「風が気持ちいいな」「汗かいたな」「このおといいいな」とか。
一人で外食して自分が食べたいものを自分だけで決めて一人だけのために食べる、というのも効果的だそうです。

これらのことを、毎日、コツコツ積み上げていくと、じょじょに「自分がなにをどうしたいのか?」心の奥底の気持ちを汲み取ってあげられるようになってくるそうです。

質問者のコメント

ありがとうございます。
たしかに急ぐことはないし自分自身でも変えられる部分は変えていきたいと思います。
言葉にするのが難しかったことを全部代弁してくださってすごく嬉しかったです。ありがとうございます。