特に虐待されていたわけでも、育児放棄されていたわけでも何,,,

ふりふさん
回答数
1
ふりふ
さん

特に虐待されていたわけでも、育児放棄されていたわけでも何でもなく、はたから見たらごく普通の家庭に見えているだろうけれど
私は何とも言えない不幸さや苦痛を家庭内で感じていました。
私が自身のことを全く話さない状態が続き、そうした中で父が私を遠巻きに観察しているというか、
何を言ってくるでもないけれどとにかく監視をしているように感じます。その視線も不快ですし、母も母で、自身の尺度でしか物事を測らずその尺度に当てはまっていないであろう私の見解や行動、意志は徹底的に否定するのです。本人にはその気はないでしょうが、その教育はいかがなものかと、むしろ私は絶対にこの人と同様のことは決してやらないぞという気持ちで怒りを通り越して内心呆れています。
両親の間でのけんかもよく目にしましたし、その都度地獄極まりない空気になるなどという体験も幾度もしました。
ふと振り返ると、そういえば幼少期(小学生の頃)に棍棒のようなもので父に足あたりを叩かれたこともあったなぁ(びっくりするほど痛い)とか、私の機嫌が悪くて父に対して適当な態度をとっていたときに一室に閉じ込められたなんてこともあったなぁ(結構な時間出してもらえなかった)とか、顔も殴られたことあったよな(びっくりするほど普通に殴られた)…とか、
今思うと、教育の一環にしてはあまりに度が過ぎていたと私は思いますし、父はあまりに身勝手で理不尽であったと思います。冒頭にも書きました通り、決して虐待等の家庭内問題があったとは認識していませんが、私が今両親に対して思い出すこと、抱いている気持ちを書き記すとこうなった次第です。
とまぁこんな感じで日々、両親に対する不安や疑念や怒りや失望やその他うんぬん、様々な気持ちを抱いて接してきたわけですが
この気持ちを晴らす術は見つかっておらず、晴らす必要もないかという、この気持ちに目をつぶりたい願望があるのも正直な思いです。
親子間の問題というものは家庭それぞれであると思うので、なかなか安易に相談するというわけにもいかない、といいますか
安易に相談しても結局見当違いな返答しか得られないだろうと思っていますのでただのつぶやきとしてお読み頂けたらと思います。
けれど、何か助言頂けましたら大変嬉しいです。

つぶやき 家庭両親 大学生

回答一覧

鬱猫
鬱猫
さん
鬱猫
鬱猫さん

私も同じです。
虐待未満と申しましょうか、完全な虐待ではないんですが、親には結構酷い目にあわされました。
その半端さにもモヤモヤしますよね。なんであんなことしてくれたんだろうって。
結局、親子なんてのは血を分けただけの他人なんですよ。
相性もありますしね。
今、両親は年老いて母は認知症になり、父も足腰が弱ってきています。
ちょっと偉そうにして小さな仕返しをしています。