みんなが「一緒に濡れてほしい」を批判・非難すると、「助け,,,

nonameさん
回答数
0
noname
さん

みんなが「一緒に濡れてほしい」を批判・非難すると、「助けてほしい」と言えなくなるのではないか。

先日、「一緒に濡れてほしい」という漫画のツイートが流れました。
案の定、「怖い」「わがままだ」「共依存」「道連れ」「負の連鎖」「自分のことしか考えていない」「あなたと私は別でしょう」というコメントをたくさん見ました。
僕は総合失調症の当事者ではありませんが、「一緒に濡れてほしい」の気持ちは強いですし、今の僕はまだ「助けてほしい」とSOSを発する状態であり、SOSの中身には「一緒に濡れてほしい」も強く含まれています。
だから、わかってはいたけれど、強い批判・非難の多さに、「助けて」と言えなくなるような不安を抱きました。

前提として、Twitterでは自由な意見は守られなければなりません。明らかな誹謗中傷やマウントでなければ、どんな感想どんな意見もあっていいというのがルールです。自分がされて嫌な意見でも、ましてや相手がしてほしくない意見であったとしも、守られなければなりません。
漫画の元の本についても、市場に出ている以上はどんな意見を言われても当然です。
だから「濡れてほしい」というお願いへの批判・非難も当然です。特にこれは、解釈が人によって大きく分かれたなと思いました。ある人は極めて重い共依存を想定したし、ある人は辛かったって話を聞いてほしいというレベルを想定しました。そして拒絶反応を引き起こすくらい不誠実・不快に感じた人もいました。
さらに、こういった願いに応え続けて、しんどい思いをした人の声や潰れてしまった人の声もありました。
一緒に濡れることでもらってしまうものは、もはや軽視できません。

一方、「助けて」と言えなくなることについて、僕の実感する限りで話します。
助けてほしい人も上記のTwitterの原則を受け止め、ある程度の非難・批判を覚悟して、「助けて」と言わなければならない場です。しかし、助けてほしい人の中には、自力では覚悟に必要な受援力の元本を得られないから「助けて」と言わなければならず、でも元本がなさすぎて拒絶の声に耐えられないから、「助けて」と言えなくなる。

そして「助けてほしい」の中身が「一緒に濡れてほしい」であったとき、大概自分でもおかしさがわかります。批判・非難の恐れと自分で思ってることのおかしさから、言えません。もし、元本がなかろうが矛盾だろうが捨て身で言ったとしても、支援につながる前に自分の願いが、あるいは自分自身が立ち上がれなくなると予測できます。しかしいくら強く返されても、自分でも無理難題で道理に反しているのがわかっても、同時に自分にとって折られたくない願いだから、袋小路にはまり、ますます言えなくなります。

こういう話を広い場所でする必要は感じます。
けれど特に今回のような救援支援を噛んでいる題材は、その是非を越えて相手の言い分を受け入れる余地もないと、結果として救援支援の声を塞いだり拒んでしまうことにならないでしょうか。
それは、どう考えても自由な意見の場のルールと相容れないし、「ふざけるな」って話かもしれないけれど、Twitterのように誰もが題材を放り投げられて、誰もが見れて、誰もが参加できる場所で起きているからこそ、こういうことが気がかりでした。

つぶやき 一緒に濡れてほしい 助けて Twitter

回答一覧

回答がありません