眩しくて生きるのが辛く思えてくることがあります。当然比喩,,,

眠りぬこさん
回答数
1
眠りぬこ
さん

眩しくて生きるのが辛く思えてくることがあります。当然比喩なのですが、世界が明るくて僕のような陰鬱な人間の居場所とは思えないような気がします。
声優を目指してアルバイトをしながら養成所に通って頑張っている人、ダンスをやっていて日々仕事の後に練習している人、プログラミングの勉強をして手に職をつけようと講習に通っている人…etc。
皆さん目標を持って頑張っています。そんな皆さんがとても眩しく、とても素敵に見えるのです。会社員が悪いということではないですよ。会社員の皆さんも立派なのです。
夢がある人、なりたい自分がある人が僕は好きなんでしょうね。僕には無いものなので。
僕には何もできなくて、せいぜいお節介焼くくらいです。そろそろ年齢も一つ増えるのですが、僕の28年に何の意味があったのか悩んでしまいます。何か一芸で身を立ててみたいと考えてしまいますが、二十代も終わりに差し掛かり取り立てて何か得意なことがあるわけでもない僕にできることなどあると思えないのです。まして鬱や謎の体調不良が重なっていると尚の事。
だから夢を持つ人々が素敵で、眩しくて、ほんの少しだけ羨ましいのです。



つぶやき 人生

回答一覧

鬱猫
鬱猫
さん
鬱猫
鬱猫さん

まだ28年じゃないですか。
50過ぎのおばはんから見たら眩しすぎます。
でも、70歳の人から、50歳はまだまだやりたいことできるじゃないの!と私も言われました。

質問者のコメント

コメントありがとうございます。
何かをする時期と自分の年齢が合わないなと思ってしまって中々手を出せないことが多いですね。年齢の問題でもないんだろうと頭ではわかるのですが