年齢におわれている気がする こんばんは。24歳の女です。 ,,,

カス子さん
回答数
4
カス子
さん

年齢におわれている気がする

こんばんは。24歳の女です。
自分は30までに何かを成し遂げないとという気持ちに焦らされて日々の生活がままならなくなっています。恋人もおらず、仕事もなく、趣味もない無味な人生を送っていると、自分はこのまま死んでいくのかと恐ろしくなり周りの視線に耐えられず、先日は薬が増える始末です。
もちろん世間の目がだなんて言っても気にしなければいいしそんな30で人生終わるわけでもないのはわかっています。でも、何故か30までにどうしても何か1つでも成し得たくてどうにかなりそうです。
なにかアドバイス等いただけませんでしょうか。

つぶやき 年齢 認知の歪み

回答一覧

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

こんばんわ。

認知の歪みとタグつけされていますね…
鶏が先か卵が先か…
したいこと、できること、、、そういうものが生じてきて初めて「物事の始まり」が起こるのであって。
そして「物事の始まり」が起こってから「物事の進展」が始まっていき、、、そうして時間を経ていくことによってやっと「何かが成し遂げられる」ことが起こるのではないでしょうか?

つまり、いきなり「成し遂げるぞ!」って意気込んでも、何をするとも決まっていない、なにが始まるのかもわかってないのですから、どうしようもないのではないでしょうか?

いきなり終点を目指すよりも、何かが始まる「予感」や「過程」を『ワクワクして味わう』っていう工程から、楽しむようにされたら、肩の力も抜け、時間の経過すらいとおしくなるのではないかなぁ…なんて思うのですが…

人生においては、ものごと、結果じゃなくて、どのように過ごしていくかの過程が重要なんじゃないかと思うんですね。
よく、振り返って思い出される日々の模様は、結果がどうかよりも、あのときはどんなところでどんな人々とどのように過ごしていたか?な、気がするんですね。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

まとめて書かなくてごめんなさい。

それから、こういった規範的なものに縛られてしまうのも、やっぱり、自分軸がない状態にあるからなのではないかな?って思いました。
周囲の目が気になってしょうがない、のも。

根本的に何とかするには、以前にも書いたと思いますが、自分軸構築を地道に進めていくのが一番近道な気もします。

質問者のコメント

ご丁寧な回答ありがとうございます。自分の軸、色々本を読んだり好きなものを見つけたりしていたら少しずつではありますが自分がどんな人間かわかってきたような気がします。ありがとうございます。この質問をした時からは少しずつ動けているようなので、ゆっくり焦らず周りに押しとどめられることなくやっていこうと思います。

鬱猫
鬱猫
さん
鬱猫
鬱猫さん

まだ若いじゃないですか。
焦ることないです。あと15年は人生の助走期間ですよ。
成し遂げるよりも準備をはじめるくらいの気持ちで何かをしてみてはいかがでしょうか。

質問者のコメント

やはりまだ若造ですか、15年も猶予があると言われるとめまいがしそうですが、のびしろがあると前向きに捉えてがんばりたいです。

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

こんばんは。
カス子さんが小学校に入学した頃に、中学に入学したぐらいの年齢(文章的モザイク)のアラサーからのコメントです。
焦りやすいので、共感しました。
最近うまく頭が働かず、長々とまとまらない上に自分語りも入ってしまうので、申し訳ないです。

私は自分の中で20代のうちに再就職したかったので、少し焦りつつ、約2年前に転がるように就労移行に通い始め、就労しました。
私の場合、ほんの少ーし自分自身に発破かけたほうがうまくいくことが多いので、自分ではいい薬にはなったと思いますが…焦らないよう、何度もスタッフにアドバイスされました(笑)

しかし、体力的にも精神的にも、その土台を作ることとなったデイケアに通い始めたのは、今のカス子さんより年上になってからです。
なので、始めるのはこれから先でも十分間に合いますよ!!大丈夫です。

そして、今私はこの年齢になりましたが、それでもやはり焦ることは次々やってきます。

例えば、今は精神的に余裕ができ、認知の歪みも以前よりはましになり、人生が一度しかないなら子供を産み育ててみたいと思える気持ちがやっと出てきたのですが、出産のリスクと年齢…とか考えて、少し焦っているところです。

でも、焦ってもうまくいくことってないんですよね。
掘り下げて考えてみたら、まだ実家から自立すらできていないので子供を産み育てられる環境なんて整っていないですし、心身ともに仕事で精一杯で日々の生活で必死ですし、もちろん金銭的にも厳しいことに、遅ればせながら今日気が付きました。
完全に諦めたり焦りが無くなった訳ではありませんが、衝動的な考えは本当に浅はかで、新たなACを生み出してしまうところでした。
なにせ、私の土台がまだできていないので。
一歩一歩、少しずつでも確実にステップを踏んでいかなくては…ですね。
まぁ出産のリスクについては、その時になったら医学の進歩がなんとかしてくれるでしょう。

話は戻りますが、今焦っても、明日パッとよくなることってほとんどないと思います。(わかっていても焦ってしまうので、困っているのもわかるのですが…)
経験上、土台を作るには焦りに耐え、焦る自分に勝ち、地道にコツコツやるしかないような気がします。

それでも焦ってしまい気持ちが落ち着かないようでしたら、負担にならない程度に、ほんの少し自分の理想に繋がるようなことをしてみると、気がまぎれると思います。
恋人、仕事、趣味、どれか最優先のものを選び、次のステップに進むには何が必要か考えるだけでもいいと思います。
個人的にアドバイスとしては、認知の歪みについて長い間お悩みのようなので、それについての本を探して読んだり、勉強して実践してみたり、なんかはいかがでしょうか…。

長々と失礼しました。

質問者のコメント

ご丁寧な回答ありがとうございます。あれから色々な本を読んで、自分が一体なにものなのか、何が好きで何が苦手でどうしたくてと色々考えていたら少しマシになりました。趣味も増え、それだけで周りの目がきにならなくなってきました。とにかく焦らずゆっくり、焦ってしまったら一度立ち止まって考えていくことをこれからもしていこうと思います。ありがとうございました。