「ここに投稿するようなことを面と向かって話せる人がお医者,,,

恥晒しさん
回答数
4
恥晒し
さん

「ここに投稿するようなことを面と向かって話せる人がお医者さんや心理士さんしかいない」事に投稿している時に気付きました.
親しいと思っている人は片手で数える程度には居ますが直接は滅多に会えるわけでもなく,突然電話するのも申し訳無さがありますし向こうもきっと「そんなこと言われても」と思う事でしょう.
親しい人達に対してですら以上のように考えてしまうのであまり好きではない両親や親族に伝えられよう筈がありません.兄妹達は嫌いではないもののやはり難しい.

日頃付き合いのある研究室内の人達には状況は伝わりやすいとは思いますが基本的に私自身含め,互いにドライな付き合いなので「こんなに苦しんでるんです」とは伝えられません.

ここまで考えた挙句,如何に自分が独りぼっちかがよく分かって尚更つらくなった,という投稿でした,おしまい.

連投失礼しました.

つぶやき 孤独感

回答一覧

ユーザー6694
ユーザー6694
さん
ユーザー6694
ユーザー6694さん

ここもなかったら、誰にも話せないし書き出すキッカケすらないんじゃない。

いいんだよ。話したくなったら、書きたくなったらで。

質問者のコメント

コメントありがとうございました.

もう少し気楽に考えられたら,と思うのでおっしゃるような心がけで過ごせるように努めようと思います.

ダメじゃない
ダメじゃない
さん
ダメじゃない
ダメじゃないさん

こんばんは。
私は逆に家族にはここで言うような自分の考えは喋れません(笑)
普段、リアルで面と向かって話しにくいことを話せる場でもあるのかなと思ってます。

それでも、ここで回答してる私たちと生き恥さんは同じ時空でリアルで生きてますよ。
現実では独りぼっちな気がするかもしれないけど、みんな実は独りぼっちなんかじゃないんですよ。
ネットがない時代の人たちはなかなか仲間を探すこともできずに、本当に大変だったんだろうなと思います。(文通なんてのもありましたが…だからこそ顔を見たことがない誰かと文字だけで繋がる文通が流行ったのかもしれませんね)

つぶやきにコメント失礼しました。

質問者のコメント

コメントありがとうございます.

独りぼっちのようで独りではない,と言うのは仰る通りかも知れません.正直普段の生活で実感するのは難しいですが,こうしてコメントを頂けるのは実際嬉しいですしとても救われます.かまってちゃん精神を露呈するようで恥ずかしいですが.

簡単な文章のやり取りでこんなに救われるのに,なぜ面と向かったやり取りでこれができないのかと思わずにはいられませんでした.

春馬
春馬
さん
春馬
春馬さん

おはようございます。つぶやきにコメント失礼いたします。

私も、自分の本音や悩みはたとえ家族や親しい友達には話すことができません。心配されたり、距離を置かれたり、その後の人間関係に支障が出ることが目に見えています……。ですから、このサイトは私の悩みや苦しみや不安を吐き出せる唯一の場所です。というのもここの利用者さんは皆さんモラルがあって優しい方ばかりですので、救われています。

確かに、何でも包み隠さず話せる人が欲しいですよね。でも、なかなかそれは難しいですし、無理に自分のこと全部知ってもらおうとする必要はありません……だから、何でも話せないから孤独だというのは少し違うような気がします。話せること、話せないことがあるのは当たり前であって、その話によって、相手に何を伝えたいのかが重要なのだと思います。

人には話せない苦しみや不安や悩みは、専門家であるお医者さんや心理士さん、または同じような境遇の方がいらっしゃるかもしれないこのサイトで吐き出してみてください。

長々と失礼いたしました。

質問者のコメント

コメントありがとうございます.

多くの人は「今日こんな事があってさ…」というようにうまく心のガス抜きができていると思うフシがあるので自分だけできていないように思ってしまうのですが,同じ事を思う人が実際に居て,こうしてコメントを頂けると救われます.

「辛いと言う割にはそうでもなさそう」と見られる事が多いので似た状態だと難しいかも知れませんが見つかるといいなと思います,似た人.

鬱猫
鬱猫
さん
鬱猫
鬱猫さん

誰でもそうですよ。
いきなりメンタルの話なんか友人でもしません。
その友人が本当に親身になってくれるとは限りません。
ケンカ別れするかもしれませんし、面白おかしく差別的な目で陰で噂するとも限りません。
そう思っているうちは精神状態が落ち着いているのです。
他人には話さないほうが良いと思います。
話していいのは、医師やカウンセラーなどの治療のプロと病状を把握すべき家族と上司くらいです。

質問者のコメント

コメントありがとうございます.

「隣の芝は青い」という訳ではないですが,どうしても周囲は誰しも愚痴や相談等をうまくやっているように見えるので焦りや怯えを招くところがあったのですがおっしゃるように誰しもそういうものなのかも知れないですね,なんかすみません.