明日(というか今日か)実家へ戻って今後の話をする。緊張する,,,

preakotさん
回答数
2
preakot
さん

明日(というか今日か)実家へ戻って今後の話をする。緊張する。
半期休学してみて、やっぱり私は大学を辞めたいと思った。学歴はあるにこしたことはないし、ここでやめてしまっては在学期間に本当に何の意味もなくなってしまう。「何年かかっても卒業してほしい」と言われている。それはとんでもない優しさかもしれない。でも何年も大学にいるのも卒業するまでしがみ付くのも全部私なのだ。私にとっては重荷だ。申し訳ないことに。
大学に入るところまで何も自分で選ばなかった私が最初に選ぶのがこれなのかもしれない。振り回して申し訳ないと謝る。さすがに今回ばっかりは怒られるだろうか。もうこれを打っているだけで涙が出ているのに、泣き落としのようにならずにちゃんと喋れるだろうか。不安が尽きない。失望されに帰るのだ。怖い。怒鳴られたらどうしよう。平静を保てるだろうか。

つぶやき

回答一覧

ユーザー6694
ユーザー6694
さん
ユーザー6694
ユーザー6694さん

話してみないと分からない。分からないけれども、やってみるしかないよね。

何度でもやり直したらいいさ。君の人生は君だけのもの。

怒られることが悪いのではなく、あやふやなまま生きていくことが納得できないなら、思った通りにやってみること。

質問者のコメント

お礼が遅くなってしまい、すみません。
話をつけて、この度退学することにしました。これからもっと色々なことを選べるように、目の前のことを進めていきたいと思います。
ありがとうございました。

ユーザー810
ユーザー810
さん
ユーザー810
ユーザー810さん

ところで他の大学に移るというルートもありますよ。
何がやりたいのか、あるいは何ならできるのかを考えてみて行けそうなものが見つかった時に再チャレンジするのもありです。
編入学で前の学校で取った単位を算入できることもあるので気が落ち着いたら(向いたら)調べてみるのもいいかもしれません。

学歴も大事ですが、自分には専門分野があるということを自他に語れる証明としての学位もあるといいものです。

ご家族の期待をうけつつの大学は重荷だったかもしれませんが、多分ご家族があなたの進学などをサポートしてきた目的は、なによりもあなたがなんとかやっていけるためのことで、学歴を得るのは手段に過ぎません。
どんなルートでも、どんな手段でもそのうちなんとかやれるようになれば儲けものです。
ゆっくりと考えてみてください。

質問者のコメント

コメントありがとうございます。
これを一旦区切りとしてもう少し自分そのものについて理解を深めたいと思います。
今はカウンセリングの場で、心理検査なども行いながら少しずつ進めている状況です。
取り急ぎ公的身分証を何か作らねばと申請のことを調べています。
編入なども視野に入れつつ休み休みやっていこうと思います。