20代後半女性、抑うつ状態のため昨春より無職で実家暮らしで,,,

きなこくるみさん
回答数
3
きなこくるみ
さん

20代後半女性、抑うつ状態のため昨春より無職で実家暮らしです。
約8年の付き合いになる同い年の彼氏がいます。サラリーマンで一人暮らしをしています。
彼の受け身な姿勢と、雑な扱いをされることが許せずつらいです。
長文になりますが目を通してもらえると嬉しいです。

まず受け身な姿勢について。
会う話は私から言い出さないと決まりません。私が言わなければ会わない状態が続きます。
同棲の計画を立てているのですが、「物件を表にしてオンラインで共有しよう」と決めたのに何もアクションを起こしません。

次に雑な扱いについて。
同棲の計画を話したとき、「4〜6月の引越し」と決めたので私は話しながらそのようにメモを取りました。その話から数週間〜1ヶ月後、4月の引越しが可能なのか確認したく質問したら「5月以降のつもりでいた」と、あっけらかんと言われました。
また先月にはスキーに行きたいねという話になりました。スキーは行けて3月まででなるべく早いほうが良いのですが、その頃ちょうど彼が初めての海外出張を控えていたため、出張が終わったら今年行けそうかどうか教えてと言って送り出しました。しかし帰ってきて数日しても返答がありませんでした。

こういったことに対して、最近非常に腹立たしく思えて仕方がありません。自分をなおざりにされているとしか感じられず、怒りをぶつけてしまいます。
私はもともと感情の起伏が激しく、認知の歪みも強く完璧主義な部分もあり、受け身な人間に対する嫌悪感も昔から持っています。小さなことで腹を立てる私の問題だと頭では理解できるのですが、そういった特性のためにどうにも思考を変えることができません。
8年も付き合ってきたのだから同様のことはきっと何度もあったと思うのですが、どう乗り越えてきたのかわからなくなりました。ただ我慢してきたものが爆発しているのではないかとも思っています。
そんなに嫌なら最終的には別れるしかないと思うのですが、短所は誰にでもあるものですし、よく気が合う、長い付き合いの彼との別れによるショックを想像するととても踏み出せません。
良い考え方、もしあれば彼の行動をうまく変える方法など、ご意見いただければ幸いです。

相談 抑うつ状態 AC 認知の歪み

回答一覧

nmc
nmc
さん
nmc
nmcさん

質問者さんで具体的に話を進めてしまえばよいのでは?
物件なら不動産屋に内覧の予定をどんどん入れて彼氏を連れ出す。
旅行なら○日までに連絡なかったら友達と行くね~と期限を切ってしまうとか。
20代も後半になって性格はなかなか変わらないと思うので、それはイヤ!リードしてくれる相手じゃなきゃ!というなら諦めてお見合いでもした方が建設的だと思います。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。

期限を設けるというのは良さそうだなと思いました。

性格が変わるのは難しいこと、頭で理解はしていても感情が追いついていませんでした。
ここに書き出したこと、一晩経ったこと、ばっさりと言っていただいたことにより、「そうかお見合いもありかも…」という思考になることができました。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

よい考え方として、『他人を変えることはできないが自分を変えることはできる』というのがあります。

それで対処法ですが。
ご自分でもタグつけしておられるように、AC からくる認知の歪みを矯正することが、自分を変えることに当たるのではないでしょうか?
私も軽いですがAC です。
徐々にですが、お薬の力で気分のアップダウンの振幅を抑えてもらいつつ、自分の感じていることを拾い上げる練習をして、自他の境界線を再構築する訓練をしています。
他人の反応やしてくれることでなく、自分自身がやっていること感じていることに満足できるようになってきます。

質問者のコメント

回答ありがとうございます。
他人は変えられない、変えられるのは自分のみと理屈でわかっていてもどうしてもつらく、投稿に至りました。
心療内科でカウンセリングを受けていて認知療法をやったこともあったのですが「認知療法では変えられない深い問題がありそう」と言われ、自分と向き合うことをやってみている最中です。
医師は軽い薬しか出してくれず、気分の上下を抑えられているかはわかりません。

鬱猫
鬱猫
さん
鬱猫
鬱猫さん

感情の起伏が激しいということは、ひょっとしてお付き合いの主導権はあなたなので彼氏は優柔不断なのではありませんか?
抑うつになってからそれが気になりはじめたとかありませんか。

質問者のコメント

彼はもともと人付き合いにおいて積極性のない人ですが、おっしゃる通りかもしれません。
補い合ってやってきた部分なのに、私が抑うつ状態に入ると相手を補うことが嫌になってしまうのではと思いました。