地方大学で学生をしています。所属する研究室がアカハラ、セ,,,

ユーザー324さん
回答数
3
ユーザー324
さん

地方大学で学生をしています。所属する研究室がアカハラ、セクハラ、モラハラ、アルハラなどハラスメントならなんでもござれで心が崩壊してしまい、また異性からの告白を断ったところ心ない中傷をされたことで自己肯定感を無くしてしまいました。
3月からは就職活動が始まるため、自己分析などに取り組んでみてはいるものの、一向に自分の長所が見つけられず、また知り合いに私の長所を挙げてもらっても全く納得できず、自己アピールが大前提となる就職活動が不安で仕方ありません。

自己肯定感が低い中で就活を乗り切ったよと言う方いらっしゃいましたら、どうかアドバイスなどあればお聞かせください。

学生 就活 自己肯定感

回答一覧

あかさたな
あかさたな
さん
あかさたな
あかさたなさん

大変な最中非常に糞な内容なのですが就活までは乗り切ったので事例として一応回答させていただきます。あまり真似しないでください、どうしても他が無かったりした時にご参考になれば。ごめんなさい。

どうにかポジティブになる状況を半ば強制的にでも作ってエントリーシートと面接を乗り切ります。気分が落ち込んだ時はそんな時の自分は否定したくなるかもしれませんが、就活で求められているのは明るくイキリ立った人格なので偽装だろうがそちらの人格に従っておきます。ぶっつけ本番にせずエントリーシートを書く際に何度か予行演習をして自分がハイになれる組み合わせを見当つけておくといいです。

ダメな一例として自分がやった具体例を挙げさせていただきますと、ソラナックスをレッドブルで煽ってFPSで雑魚狩りをした勢いでエントリーシートを書いて面接も同じものを一服いってからエントリーシートの写しを読み返してました。
夕方に来る反動がすごいです。薬物に限らず好きな食べ物などでできればそっちの方がいいです。

もう一つ、負のエネルギーが動力になるタイプの人間でしたらICレコーダー等を用意して卒業後に後ろ足で泥をかける事を楽しみに過ごすという手段もございます。
実際使うかどうかは置いておいて黙ってポケットに忍ばせておくだけで多少気分が晴れます。


こんな私の回答が役に立つとは思いませんが無事酷い環境から逃げ切ることは切に願っております。
先ずはご自分を大切になさってください。エネルギーが尽きてしまっては元も子もなくなります。

質問者のコメント

丁寧なお返事ありがとうございます。なかなかお礼ができなくてごめんなさい。
すごくしっかり就活なされていたんですね。なんだかすごく心強く感じました。本当にお疲れさまでした。
一時的にでも自分をアッパーな気持ちにして乗り切るという手法は、なかなか目から鱗でした。
参考にさせてください!ありがとうございました(^O^)

仲見満月(なかみ・みづき)
仲見満月(なかみ・みづき)
さん
仲見満月(なかみ・みづき)
仲見満月(なかみ・みづき)さん

まずは、大変な研究室で様々なハラスメント、そして中傷に遭いながら、心を傷めながら、ここに相談されるくらいにまで、よくぞ踏ん張られました。そして、大変なところ、お疲れさまでした(と言っていい状況かは分かりませんが…)。

以前、私はこちら、メンヘラ.jpにハラスメントを受けたときの対処法の記事を掲載して頂きました:
「アカハラ」からどう身を守る?学生・院生のためのメンタルヘルス対策 - メンヘラ.jp http://menhera.jp/1591

上の拙記事と、就活を控えた質問主さんの心身の状態は、まだまだ、ハラスメントや中傷から立ち直れていない状態かとお察し致します。それは、自己肯定感が低下しにしきっていると、質問主さんのご友人の分析に対する反応に表れているかと。

時間と心に余裕があれば、まずは、専門的な医療機関にカウンセリングや、適切な治療を受けられることをおすすめ致します。

(続きます)

仲見満月(なかみ・みづき)
仲見満月(なかみ・みづき)
さん
仲見満月(なかみ・みづき)
仲見満月(なかみ・みづき)さん

(承前)
回答者の仲見です。今度は、心身を快復させたあと、あるいは、快復させながら、就活をしていく際に、気を付けることについて、書かせて頂きます。

質問主さんの研究室は、あらゆるハラスメントがあったところとのこと。不安にさせるかもしれないのを覚悟で申し上げますと、これから就活、研究室のメンバーが邪魔をしてくる可能性がゼロではないかもしれません。

万が一、就活までハラスメントをされて、妨害されそうになった時のことを想定して、ボイスレコーダーや就活手帳、LINEに質問主さん個人専用の日記グループを造るなどして、ハラスメント行為の証拠を集めるような、備えができればいいかもしれません。

具体的な証拠の集め方、および、集めた証拠をまとめ、相談すべき学内外の機関や窓口については、弊ブログの次の記事に、ある方の体験談をまとめさせて頂きました。ご参考になれば、幸いです:
ある理系院生のアカハラとの「たたかい」を振り返る~第一部まとめ~ - 仲見満月の研究室 http://naka3-3dsuki.hatenablog.com/entry/2017/08/08/191900

補足として、最近の大学には、人権侵害の対策を目的とした、学内規則や、ハラスメントを行った大学教職員や学生に対する申し出を受け付け、調査委員会を立ち上げるなどの手順を示したガイドラインを、大学のサイトで公開しているところがあります。公開されていなくても、履修要項の学内規定に似たような内容が書かれていることが、あるようです。
新たなハラスメントを受けたら、そういった規則やガイドラインなどを読んでおいて、より具体的な対処法を考えておくのも、安心して就活するための備えになるかと。

今、質問主さんは心身が限界の状態だと思います。まずは、就活前に傷ついた心身の快復を無理のない範囲でめざすことを優先されては、いかがでしょうか。

力になってくれる人たちが周りにいれば、質問主さんが元気になってからでよいので、万が一、就活の妨害があったときのため、助力をお願いしておくと、心強いでしょう。

長くなりましたが、少しでも、質問主さんのお役に立てれば、幸いです。

このほか、私が運営しているブログには、ハラスメントへの対処法、およびアフターケア的な記事を掲載しております。お気持ちに余裕が出てきた時、よろしければ、お越しください。

失礼致しました。

質問者のコメント

丁寧なお返事、本当にありがたく拝読しました。実際に研究室の院生や教授からは「就職は研究から逃げている」とか「女子は学術には留まらずOLやって30までには結婚出産するのが筋だ」など、結構なお言葉をいただきましたが、気にせずやっていこうと思います。
理系研究室の例のURLなどもブク マしていつでも読めるお守りにします。
ありがとうございました(ت)