以前父親と離婚した母親がアダルトチルドレンだということに,,,

景子さん
回答数
2
景子
さん

以前父親と離婚した母親がアダルトチルドレンだということについて指摘された者です。
私は高校時代、小児専門の精神科で親子三人で治療を受けていたことがあるのですが、母が昔のことを思い出すのがつらいと言って治療を拒否してしまったことがあります。父も治療について懐疑的で病院に通わなくなりました。
私はそれからも一人でカウンセリングを受けていたのですが、大学進学を期にやめてしまいました。今思えばこれがよくなかったのだと思います。
母は今一年前に再婚した男性と二人で暮らしています。ですがあくまで再婚した男性は二の次で、一番大切なのは娘である私だと言ってきます。相手の男性もそれを受け入れた上で私と友好的に接してくれようとしてくれています。
正直気持ち悪いと思いました。元々母は娘の私に依存しがちで、その依存対象が私から再婚した男性に移ったのかと思うと自分の存在価値が分からなくなりました。
悩みを父に打ち明けたときには、悪いがもう母のことはあまり考えたくない、お前が嫌なら素直にそう言えばよかったんじゃないかと叱られました。
再婚相手の男性も悪い方ではないのですがどうしても母の女の部分を想起させる存在に思えてしまって素直に受け入れられない気持ちです。
幸せそうな二人を見て本音を言える訳もなく、二人が幸せそうでよかった、おめでとうと建前を並べていますが自分の中で嘘を重ねるたびに行き場のない想いが燻り矛盾した気持ちと戦っています。
私はこんなに苦しんでいるのに何故母親だけが幸せなのか、こんな風に考えて自己嫌悪したこともあります。
私のこの母親への執着もいわゆるアダルトチルドレンの一種なのでしょうか?
もしそうならこれから私は自分のために何をすべきなのでしょうか?
長文お読み頂きありがとうございます。
どんな些細なことでも構いません、コメントを残してくださるとありがたいです。

相談 アダルトチルドレン 母親

回答一覧

鬱猫
鬱猫
さん
鬱猫
鬱猫さん

お母さんのご実家に問題があったのですね。
お母さんとは今の距離感でいいのではないかと思います。
「親戚のおばさん」的な態度で接してはいかがですか。
今後同居等求められても断りましょう。
お父さんが少し頼りないですね…
もういちどお父さんと二人で治療やカウンセリングを受けることはできますか。

質問者のコメント

鬱猫さん今回もコメントありがとうございます。
母親とは不仲というわけでもないので鬱猫さんの仰る通りこれからも付かず離れずの距離で接していきたいと思います。
父親についてなのですが、父は躁鬱病を患っており一度自殺未遂もしています。今は落ち着いているのですが私と一緒の治療が負担になってしまうと考えると少し怖いのです。

まめ
まめ
さん
まめ
まめさん

この間のカウンセリングをお薦めした者です。
ちょっと言葉足らずでした。ごめんなさい。

私がお伝えしたかったのは「相談者さん“おひとりでの”カウンセリング」でした。
前回の投稿のようなご両親の状況では、「家族」カウンセリングは続けようがありませんし、さらには、同居してさえしていないのなら、尚更あまり必要ないかな?って思います。
私がお薦めした理由というかカウンセリングの狙いは、家族の修復ではなく、相談者さん自身の「自分軸の再構築」でして。所謂、育てなおし、とかアダルトチルドレン界隈では言われていることを狙ってのものです。

相談者さんがアダルトチルドレンではないとしても、次のようなこともあるので助けになると思いますよ。
カウンセリングで、お母様が以前アダルトチルドレンだと言われたことや離婚されていること、『元々母は娘の私に依存しがちで、その依存対象が私から再婚した男性に移ったのかと思うと自分の存在価値が分からなくなりました。』等といったことを聞いてもらうといいと思います。
恐らくですが、ご両親についての思いも汲み取った上でですが、本題は相談者さんご自身がどういう風になっていきたいか?という方向に主軸が移ることになると思います。
家族のなかでどのような立ち位置にいたのか?はカウンセリングを進める上の基本情報です。
気持ちや考え方の整理を助けてくれることでしょう。

そういうことを考えたので、『家族問題に詳しいカウンセラー』をお薦めしたんですね。

質問者のコメント

まめさん今回もコメントありがとうございます。
ご丁寧に説明して頂き恐悦です。私自身も少し取り違いをしていました。
私一人のカウンセリングならば両親に迷惑をかけることもありませんし、何より「自身の再構築」という治療にすがる気持ちがとても大きいです。期待をしすぎると逆に悪いのはわかっているのですが、真剣に考えてみようと思います。